Windows Phone「中華フォント」問題に改善傾向 「MADOSMA」問題を解説

スポンサーリンク

6月18日に発売され、すでに多くの購入者の手元に届いていると思われるマウスコンピューターのWindows Phone「MADOSMA Q501」。

ネット上でのユーザーの反応を見てみると、Windows Phoneの軽快な動きは評価しつつも、

アプリの不足について不満の声が目立っている。

今回はアプリを中心に、MADOSMAが直面している問題を解説。

20150604215050

「中華フォント」問題

Windows Phoneで日本語環境を使う場合の問題の1つに、日本語が中国語用のフォントで表示されてしまう「中華フォント」問題がある。

多くは字形が似ているため意味を理解できないほどではないものの、違和感は大きい。

 

Androidなど他のプラットフォームでも同様の問題はあるものの、国内向け端末の、少なくともプリインストールのアプリでは、

フォントの問題はほとんど見かけることはなくなった。

 

この中華フォント問題について、マウスコンピューターは日本マイクロソフトと協力し、改善を進めてきた。

マイクロソフト製のアプリである「MSNニュース」や「MSN天気」といったアプリを見ると、主要な部分の表示は改善されている。

 

この問題はWindows Phone 8が最初にリリースされた2012年からずっと放置されてきた。

その対策はそれほど難しいものではなく、アプリ開発者がソースコードに日本語環境用の1行を加えるだけで良いという、簡単なもの。

 

ここで疑問に感じるのは、マイクロソフトにとっての日本市場は米国以外で最大といわれる規模であるにも関わらず、

なぜこれほど単純な問題が放置されてきたのかという点。

 

1つの理由として、ビジネス上の重要性と、ソフトウェア開発部門が考える優先度は必ずしも連動していないことが挙げられる。

Windows Phoneがしばらく日本で発売されなかったことも、改善を強くプッシュできなかった理由。

 

日本でMADOSMAが発売されたことで、ようやく問題の重要性が理解され、改善の兆しが見えてきた。

とはいえ、Windows Phone 8のリリースから約3年という時間はあまりに長い。

その間にリリースされたすべてのサードパーティアプリの開発者に、中華フォント問題への対応を呼びかけていくことは、

現実的には不可能。

 

今後、中華フォント問題はOSがWindows 10 Mobileに移行することで解決する可能性がある。

Windows Phone 8.1環境における中華フォント問題は、完全には解決しないまま、次世代OSの登場を迎えることになる。

WebサイトはWindows Phoneに対応?

Windows PhoneはWebブラウザとしてモバイル版のInternet Explorerを搭載する。

これまではスマートフォン用ではなくPC用のページが表示されてしまうことも多かったが、

MADOSMAが発売された時点では、主要なWebサイトで対応が進んでいる。

 

通常、Webサイトはクライアント(Webブラウザ)からの接続のリクエストを受け取ると、

そのUserAgent(UA)の値を見てレイアウトを切り替えている。

しかしWindows Phoneの存在はあまり知られていなかったこともあり、対応は遅れていた。

 

こうした切り替え機能は、サーバのフレームワークやライブラリを利用して実現しているサイトも多い。

そのため、自分のサイトがWindows PhoneではPC用ページとして見えてしまうことに、気付いていない管理者も多かった。

 

今後、Windows 10が採用する新ブラウザ「Microsoft Edge」では、

ChromeやSafariが採用する「WebKit」エンジンとの互換性を重視し、UserAgentにもそれが反映される見込み。

また、モバイル版のUserAgentにはAndroidバージョンを含むことにより、

Androidスマートフォンと同等の表示をWebサイトに対して要求することになる。

 

Internet Explorer以外では、MADOSMAの発売にあわせて、「Opera Mini」の新バージョンがリリースされた。

標準とは異なるWebブラウザーアプリとして、試してみる価値はある。

Officeの進化 ユニバーサルアプリに期待

Windows Phoneが搭載する、モバイル版のMicrosoft Officeはどうだろう。

その機能は、Windows Phone 7の頃から大きくは変わっていない。

編集機能が限定的であること、PowerPointファイルの新規作成ができないこと、といった制限もそのまま。

 

奇妙な制限として、「.xlsファイル」のようなOffice 2003以前の形式のドキュメントの編集には対応しておらず、

閲覧のみに限定されている。

Windows Phone 7.5から続く制限で、その原因は改善が困難なバグによるものと説明されてきたが、

マイクロソフト純正のOfficeとしては残念な点。

 

iOS版やAndroid版のOfficeが次々と進化する中、なぜWindows Phone版は改善されないのか、との批判はある。

ただ、Officeの開発チームとしても、現実にユーザーが多いiOS、Android向けを優先したいという気持ちはある。

 

今後はWindows 10向けに、ユニバーサルアプリ版のOfficeが登場する予定。

これにより、iOSやAndroid版に相当する主要機能が、Windows 10 Mobileでも利用できるようになる可能性が高い。

地図は別アプリ IMEは独自機能に

地図と日本語入力のIMEについて。

MADOSMAの大きな問題の1つが、標準の地図アプリの存在。

Windows Phone 8では、それまでのBingマップに代わってNokiaの「HEREマップ」が採用された。

しかし日本国内の地図データが用意されておらず、追加ダウンロードでも提供されていなかったため、白地図のような表示になっている。

 

Windows Phoneでは、「gMaps Pro」のようにGoogleマップを利用できるサードパーティアプリは存在する。

また、Windows 10 MobileではBingマップを表示するよう改善される見込み。

 

日本語入力用のIMEは、サードパーティのアプリを追加することはできない。

しかしWindows Phone標準のIMEでは、独自の「カーブフリック」入力に対応する。

通常のフリック入力に加えて、斜め方向に曲げることで濁音や半濁音を入力できる点が優れている。

 

ただ、基本的なキーボード配列が他プラットフォームのフリック入力用キーボードと異なっており、

iPhoneやAndroidから移行したユーザーが戸惑いを覚えるのは残念な点。

 

また、日本語入力では、テンキー(カーブフリック)かQWERTYキーの片方だけを使いたいという人も多い。

その場合は、キーボードの日本語設定からQWERTYを削除する。

逆にQWERTYのみ使いたい場合はテンキーを削除するといい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪