ドコモ「mopera U」サービスを使って通信する方法

スポンサーリンク

格安SIMとともに盛り上がってきたSIMフリースマホ業界。

台湾・ASUSのスマホZenFoneや、中国・HuaweiのAscendなどのグローバルなスマホから、

富士通・ARROWS M01などの国産モデルまでかなり広がりをみせている。

ms_mopera

SIMフリースマホのメリットは、周波数が合えば“基本的”にどのSIMカードを挿しても使えるところ。

 

携帯会社を乗り換えてもスマホはそのまま使える、海外旅行時に現地の携帯電話事業者のSIMカードを挿せるなどは、

大きなメリットではないか。

 

しかし、そんなSIMフリースマホ、1点だけユーザー側での設定が必要。

それはアクセスポイント名、略してAPNを使えるようにすること。

 

契約に応じて決められているAPNを、正しくスマホ側で入力することで通信ができるようになる。

 

一般的な格安SIM、SIMフリースマホの組み合わせでの利用は、格安SIMのAPNを入れてすぐに使えるが、

ドコモSIMとSIMフリースマホの組み合わせの場合、少し厄介。

 

今回はドコモSIMとSIMフリースマホを組み合わせて使う場合のAPNの設定方法をご紹介。

mopera Uの申し込み

ドコモSIMをSIMフリースマホで使う場合は「mopera U」というプロバイダを申し込み、

スマホ側で「mopera U」のAPNの設定が必要になる。

 

mopera Uの申し込みはドコモショップや、WEBで手続きできるMy docomoから可能。

My docomoでは、【ドコモオンライン手続き一覧→データ通信・ブラックベリー項目内のmopera U】から申し込める。

 

SIMフリースマホで使う場合、mopera Uは2プランから選べるようになっている。

 
種類 月額料金 メールアドレス付与
シンプルプラン 216円(税込) 無し
U スタンダードプラン 540円(税込) 有り
※表中の価格は全て税込み

シンプルプランはメールアドレスの付与がなく、基本プラン(デバイスごとの回線利用料)内でのみ契約可能。

縛りはあるが月額料金が216円と安価。

 

一方、Uスタンダードプランは、メールアドレス(@mopera.net)が付与され、料金プランも縛りがないので柔軟に使うことができる。

 

SIMフリースマホで通話も使う場合は必然的にカケホーダイプランになるので、Uスタンダードプランを選ぶことになる。

これらの申し込みは設定の前に行うので慎重に選択する。

APNの設定はスマホで

mopera Uを申し込めば、次はスマホ側での設定。

 

Androidスマホは【設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント名】から設定画面に入ることができる。

まずは右上のプラスボタンを押す。

名前は任意でOK。分かりやすく「mopera」と付けてもいいかも。

続いてAPN名。ここが一番のカギですが「mopera.net」と入力。

右上のメニューボタンから保存を選ぶ。

あとは新しく保存された「mopera」を選択して終了。

 

これでSIMフリースマホを使ってドコモが提供するSIMを使えるようになった。

格安SIMでのAPN設定とほぼ同じか少ないくらいの手順なので、初めて利用するという人でも問題なく設定できるのではないか。

SIMフリースマホの大変なこと

このように、自分で申し込んで設定する必要があることもSIMフリースマホの現実。

自由を取るのか、一手間かけるのか。

今回のmoperaUに限らず、「格安SIMを買ったけど、うまく使えない!通信できていない!」という方は、

APNの設定を見なおすと有効かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪