最低利用期間なし 月額1,000円以下の格安データ通信専用SIM プラン・サービス内容まとめ

mvno
スポンサーリンク

携帯電話とスマホを2台持ちまたは2台目のスマホやタブレット利用で、通信容量はさほど必要ない場合、

使ってみたいのがMVNOのデータ専用の格安プラン。

データ通信専用プランなら音声付きのように最低利用期間や解約金が発生しないので、気軽に利用できるというメリットもある。

MVNO各社の月額1,000円以下で利用できるデータ通信専用のプランやサービス内容をまとめた。

mvno

IIJmio: データ通信専用SIM(3GB)

安定した通信で人気が高く、ビックカメラと提携したBIC SIMも出しているIIJmio。

その最も格安なのが「データ通信専用SIM」の3GBプランで、月額900円(税別)。

なお、SMS対応は別のプランがあり、このプランでSMS機能は含まれていない。

通信規制は3日あたり366MBで、IIJmio同様に3GB台のプランを展開するNifmoの3日あたり650MB、

楽天モバイルの3日あたり540MBと比べ少し厳しめの数字。

 

ただし、IIJmioではLTEでの高速通信容量(クーポンと呼ばれる)が余った場合に翌月に持ち越しできる。

加えて、iOS/Androidアプリ「IIJmioクーポンスイッチ」を使うことで、

クーポンを利用しての下り最大225Mbpsまたはクーポンを利用しない下り最大200kbpsのどちらかの通信を選択し、

クーポンを節約することが可能。

NifMo:データ通信プラン(3GB)

ニフティが提供しているNifMoのデータ通信プランの3GBタイプは月額900円(税別)で、このプランの場合においてSMS機能は利用できない。

また、通信規制は3日で650MBと比較的多め。

 

@niftyのポイントサービス「NifMo バリュープログラム」を通して買い物やアプリのダウンロードをしてポイントを貯めることで月額料金の割引を行なうことができ、

継続して使う人にとっておトクなシステムを導入している。

また、専用アプリ「NifMo コネクト」を利用すればBBモバイルポイントへのWi-Fi接続が可能になり、通信容量を軽減させられる。

U-mobile: U-mobile データ専用(1GB)

比較的割安な料金設定のU-mobile。その中でもっとも安いのが月1GBで月額790円(税別)の「U-mobile データ専用」の1GBプラン。

MVNO各社の格安プランではSMSが利用できないものがほとんどだが、

U-mobileの場合は月150円(税別)のオプションをつけるという形でSMSも利用可能。

SMSの料金設定は、受信は無料、国内送信が1通3円なのに対し、海外送信が1通100円(非課税)となっている。

 

通信規制はあるもののその基準が公表されていないため、

どこまでダウンロードや動画の視聴と容量がかかるネットサービスを利用していいのかわかりづらい点も。

楽天モバイル: データSIM 3.1GBパック(SMSなし)

楽天のMVNOサービスである楽天モバイルの安価かつスマホ利用で実用的なプランは、

月額900円(税別)で3.1GB利用できる「データSIM 3.1GBパック(SMSなし)」。

一応、最安値プランとして月額525円の「ベーシック」があるが、こちらは速度が200kbpsのみのためメールやメッセージなど限られた用途でしか利用できない。

容量が3.1GBとIIJmioやNifmoのように3GBプランを掲げる他社サービスより0.1GBと少しおトクなのに加え、

通信規制が3日あたり540MBとまとめて利用できる容量が多いのもポイント。

さらに余った通信容量は翌月に繰り越し可能。

OCNモバイルONE: データ通信専用SIM(1日あたり110MB)

OCNモバイルONEのデータ通信専用SIMの最安値プランは、1日の容量が110MBで900円(税別)と、1カ月ではなく1日の容量で区切られたタイプのプラン。

1日110MBだと少ない場合もあるが、500円(税別)で容量追加オプションを申し込めば、申し込み日当日は容量無制限になる。

また、契約したプランの容量に不満がある場合、OCNのユーザー専用ページからすぐにプラン変更が行なえ、翌月1日から適用される。

自分の使用状況にあわせて調整できるのが魅力。

また、高速通信を専用アプリやユーザーページからオン・オフできる「ターボ機能」があり、通信容量を無駄なく有効に利用できる。

ぷらら: ぷららモバイルLTE 定額ライト(1日あたり110MB)

NTTぷららで提供している格安プランが「定額ライトプラン」。

月額900円(税別)で1日に110MBが利用可能、とOCNモバイルONEと同様に1日の使用量で区切られている。

また、ウィルスチェックやひかりTVの視聴など、オプションが数多く用意されているのが特徴。

SMSもオプションとして月額150円(税別)で利用でき、料金は国内送信が1通3円、海外送信が1通60円。

ただ、本来のデータ通信の方については1日110MBの上にOCNモバイルONEの「ターボ機能」のように容量を有効活用できるシステムもないため、

データ通信だけで利用するには多少物足りない内容かもしれない。

UQmobile: データ高速(3GB)

au系のMVNOであるUQmobileで提供しているプランでもっとも格安なデータ通信専用プランが「データ高速」。

月の容量が3GBで月額料金が980円(税別)、と料金はかろうじて1,000円を切る程度だがサービス内容が充実している。

通信規制が3日あたり1GBで、よほど毎日動画を何時間も閲覧する、重いデータをダウンロードするというヘビーな使い方でもしない限り不自由は感じなさそう。

SMSは標準搭載されており、他社ではSMS機能を利用した場合は月額料金が1,000円を上回ることを考えると、

これで月額980円はむしろ安いかもしれない。

mineo: シングルタイプ(500MB)

UQmobile同様、au系のMVNOのmineo。データ通信プランは500MB、1GB、3GB、5GBの4種類あるが、

そのうち500MB、1GB、3GBは月額料金が1,000円を切っており、低価格プランのラインナップが豊富だ。その中でも最安値の500MBプランは月額700円(税別)。

公表されている最大通信速度が下り最大75Mbpsで上り最大25Mbpsと他社に比べて低め。

また、「3日で○○MB」といった通信規制は設定されていない。

通信速度設定アプリ「mineoスイッチ」が用意されていて、高速通信と200kbpsの通信を切り替えられるようになっており、

少ない通信容量でもデータ量のやりくりがしやすくなっている。

月額1000円以下の格安データ通信専用SIMのトレンド

MVNOにおける格安プランの選択ポイント

MVNO各社の格安プランを紹介してきたが、容量と料金の設定は下のように3パターンに分かれる。

【1】3GB前後で月額900~980円(IIJmio、NifMo、楽天モバイル、UQmobile)
【2】1日あたり110MBで月額900円(OCNモバイルONE、NTTぷらら)
【3】容量少な目で月額700~800円(U-mobile、mineo)

通信速度などを確認したいお試しの場合ならともかく、セカンドデバイスや家族のスマホにという場合、

容量重視かそれとも料金の安さを重視するかで選択肢が変わってくる。

 

チェックしておきたいのがSMSの存在。

SMSはLINEのフル機能の利用やFacebookなどのSNS、Gmailなどクラウドサービスの2段階認証などに使われるので、

デバイスでこれらのアプリ・サービスを利用したい場合はやはり必要。

標準で利用できるのがUQmobileのみで、他社の場合は契約時にオプションとして申し込むか、

最初からSMSつきデータ専用SIMを選択することになる。

安く利用できるのがMVNOの強みだが、容量や自分の利用エリアにおける速度など実際に使ってみないと分からないことも。

最初から通話機能付きで最低利用期間に縛られるのはリスキーと考えるなら、こういった格安プランを最初にお試しとして利用するのもアリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪