Apple iOSのアクセシビリティ機能とは? 解説

images
スポンサーリンク

iPhoneのアクセシビリティ機能とはどんなものなのか?

まずはジェスチャー操作と音声フィードバックを提供するUIの「VoiceOver」をテーマに、解説します。

images

アクセシビリティ機能

特にAppleは、アクセシビリティに注力していることで知られている。

つい先日もVoiceOver(後述する画面読み上げ技術)が評価され、アメリカ盲人擁護協会(AFB)の2015年ヘレン・ケラー賞を受賞。

 

また、2014年の株主総会で株主から「もっと利益に注力すべきだ」と言われた際、Apple CEOのティム・クック氏が珍しく声を荒らげ、

「視覚障がい者向けの機能を開発する際、私はROI(投資利益率)なんてくだらないことは考えない。

もし利益にのみ注力しろと言うのならうちの株は買うな」と答えたことは有名。

実際iPhone/iPadのアクセシビリティは他社製品に比べ抜きん出ており、多くの障がい者がApple製品を愛用している。

 

「アクセシビリティを知って何か役に立つの?」 役に立つポイントは3つある。

  1. 単純に技術的、ユーザーインタフェースとして興味深い
  2. 健常者にも役に立つ機能がある
  3. 1人でも多くの人が知ることで世界を変えられる

 

今回はiPhoneのアクセシビリティ機能について、「健常者を含む多くの人にアクセシビリティを理解してもらう」ことを主旨にご紹介したい。

より具体的な使い方は以下のサイトを参考にしてほしい。

また、ソフトバンクから「視覚障がい者向け使い方教室」という無料アプリがリリースされている。

アクセシビリティ機能を使う

Appleのサイトにはアクセシビリティ機能を紹介する専用のページが設けられている。

 

多くの機能が紹介されているが、特筆すべきはヘレン・ケラー賞を受賞したVoiceOver。

視覚障がい者向けの機能で、ジェスチャーによる操作と音声によるフィードバックを提供する。試しに使ってみよう。

設定は「ショートカット」から行うのが良い

「設定」アプリを開き、「一般」→「アクセシビリティ」と進むと、各種サポート機能のオン/オフが行える。

が、ここで有効にするより、「ショートカット」として設定しておくほうが戻すときに楽。

「アクセシビリティ」画面の一番下に「ショートカット」があるので、こちらを開いてください。

 

このショートカットとは、ホームボタンを3回押ししたときの挙動になる。今回はVoiceOverを試したいので、こちらにチェックを入れよう。

その他の項目は任意だが、簡単に試せるので全部チェックしてもらっても構わない。

 

設定後、ホームボタンを素早く3回押すと、上記で有効にした項目が表示される。

なお1つしかチェックしていない場合は、メニューが出ることなく即座に切り替わる。

 

ここでは「VoiceOver」をタップしてみる。「VoiceOverオン」とiPhoneがしゃべるはず。聞こえない場合は音量を調整しよう。

VoiceOverが有効になると、操作方法がガラッと変わる。あまりに変わるので、戻し方を知っておくことが重要。

戻すには、再度ホームボタンを3回押す。

 

有効な設定にチェックが入っているので、オフにしたい項目(ここではVoiceOver)をタップして選択した後、ダブルタップする。

タップで選択してから、ダブルタップ。大事なことなので2回。

VoiceOverのチェックを外すと「VoiceOverオフ」としゃべり、通常の操作方法に戻る。

 

戻し方を覚えたのでもう怖いものはない。ではもう一度VoiceOverを有効にしてください。

なお、ホームボタンのショートカット以外にも、Siriを使って切り替える方法もある。

ホームボタン長押しでSiriを呼び出し、「ボイスオーバーオン」「ボイスオーバーオフ」で設定変更できる。

Siri経由のほうが簡単だが、ホームボタン経由のほうがより確実なので両方覚えておくと良い。

特殊な操作方法

VoiceOverが有効になると操作方法が大きく変わる。

通常時は1タップで「選択&起動」が行われるが、視覚が使えない状態では何がどこにあるか分からないため、

目的のアイコンを一発でタップすることができない。このため選択と起動のプロセスが分離される。

VoiceOverがオンの状態でホーム画面を見ると、アイコンに枠が付いているのが確認できる。

 

VoiceOver有効時には、「選択、そして実行」という2ステップになると考える。

選択するには普通にタップ(または画面上をなぞる)でも構わないが、見えない状態ではそもそも何があるかすら分からない。

画面を左右にスワイプすることで、前後のアイテムに移動できるようになっている。右にスワイプで次のアイテム、

左にスワイプで前のアイテム。

こうすることで、画面上のすべての項目にアクセスできるようにしている。

目的のアイテムを選択したら、ダブルタップで実行。この左右スワイプやダブルタップは画面上のどこでも構わない。

画面全体が一つのトラックパッドと考えると良い。

 

画面上の選択肢の数だけスワイプするのは大変なので、全ての項目を読み上げるジェスチャーもある。

2本指で下から上にスワイプ。2本指で上から下にスワイプすると、現在の項目から先だけを読み上げる。

読み上げを停止したいときは2本指でタップ。ページを移動するには、3本指のスワイプ。

ホーム画面上で3本指左スワイプをすると次のページに移動する。

Safariやメールなどで3本指上スワイプを行うと、下にスクロールする。

 

なおVoiceOverで使用する場合、画面が点いていてもバッテリーの無駄になる。

ので、「スクリーンカーテン」という機能がある。3本指の3回タップで切り替え(VoiceOverと同時にズーム機能も有効にしている場合は4回タップ)。

スクリーンカーテンを有効にすると画面が真っ暗になるが、タッチパネルは生きていて、VoiceOverを使って操作が可能。

見えない人はこの状態で使っているんだというシミュレーションにもなるので特に開発者の方には有効。

 

VoiceOver特有のジェスチャーは非常に多いが、中でもユニークなのは「ローター」。

2本指で、バーチャルつまみを4分の一回転するように、画面上に円を描く。

親指と人差し指でやるとやりやすい。認識されると以下のようなUIが表示される(矢印は合成)。

 

ローターは、VoiceOverの細かな設定変更に使う。

同じ回転ジェスチャーを繰り返して設定項目を選択し(逆回転も可能)、値の変更は1本指上または下スワイプ。

ローターの内容は状況によって変化する。

例えばSafariの起動中に呼び出すと、「リンク」や「フォームコントロール」といった項目が増える。

更に設定を追加したければ、「設定」アプリから、「一般」→「アクセシビリティ」→「VoiceOver」→「ローター」から追加可能。

 

長くなってしまったが、これでもVoiceOverジェスチャーのごく一部に過ぎない。

より詳しく知りたい人は、前出のAppleによるマニュアルを読むか、設定アプリの「アクセシビリティ」→「VoiceOver」の中に、

「VoiceOverの操作練習」という項目があるので試してみてください。

ここでは任意のジェスチャーを行うと、その操作がどんなコマンドか教えてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪