格安SIMプラン 日本通信「b-mobile おかわりSIM」詳しいサービス内容を解説

main_okawaritop
スポンサーリンク

MVNO大手の日本通信は、いまの格安SIM市場の土台を作ったイノベータとして、

また、自社の格安SIMブランド「b-mobile」の中でLTE無制限定額使い放題など、

ユニークなプランやサービスを提供しているMVNOとして認識している人は多い。

常に新しい道を切り拓いている日本通信が、これまでと一線を画すプランをスタート。

main_okawaritop

「b-mobile おかわりSIM」

6月10日(水)よりサービススタートしたのは、「b-mobileおかわりSIM 5段階定額」。

名前だけ聞くと、「SIMをおかわり(交換)するのかな?」とも受け取れそうですが、そうではない。

詳しいサービス内容を解説します。

月額料金は540円でデータ通信1GBまでの高速データ通信が利用可能

まず、「おかわりSIM」の契約内容について確認しよう。

 

基本となる月額料金は540円(税込み)。

この540円で、1GBまでの高速データ通信が利用できる。通常の格安SIMであれば、その1GBを使い切ったら、

月末(更新時)までは低速通信に切り替わるが、「おかわりSIM」は少し違う。低速にはならず、高速データ通信のまま利用できる。

 

1GBまで540円(税込み)、2GBまで810円(税込み)、3GBまで1,080円(税込み)、4GB まで1,350円(税込み)、

5GBまで1,620円(税込み)と追加料金は1GBあたり270円(税込み)で、

追加購入手続きをすることなく、翌月に使った分だけを支払う方式となっている。

自分でストップをかけるまで、データ通信容量が足されていく。

 

このプランはデータ通信量の限界に挑戦するものではなく、最大で5GBまでと決まっているので、

青天井で料金が伸び続けるということはない。

単純に考えても、支払金額は最大で1,620円(税込み)というのは、とってもお得なプランではないか。

 

また、通信速度の制限についてですが、5GBまでは高速通信が可能。

しかし、それを超過すると以後月末(更新時)までは200Kbpsという速度制限がかかる仕組みとなっている。

この辺りは一般的な月額の格安SIMプランと同じ。

格安SIMの自由な発想で生まれるプラン

MVNOによる格安SIMサービスが始まった当初は、月間1GBや2GBだけ高速データ通信が使えるというものが殆どだが、

参入するMVNOが増えるたびに様々なプランが飛び出してきた。

 

1日で更新を迎えるプランもあれば、通信速度に制限はあるものの、月間15GBも利用できて2,000円未満の契約、

また、そもそも制限を設けていない通信し放題のプランも存在する。

 

格安SIMの良いところは、大手キャリアにはあまり見られない自由な発想で、バリエーション豊富なプランを提供してくれるのも魅力に1つ。

今回の「おかわりSIM」もそうだが、今後も私たちの思いもよらないユニークなプランが提供されるかもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪