Apple iOSのアクセシビリティ機能の用途を解説

images16-150x150
スポンサーリンク

アクセシビリティは視覚などに障がいがあるユーザー向けの機能、

その一部は健常者がiPhoneやiPadを使う上でも役立つ場合がある。今回はその具体的な用途を解説します。

images16-150x150

通知の読み上げ

VoiceOverはiPhone/iPadが受信した通知を音声で読み上げさせることができる。

例えば車を運転中や、イヤフォンで音楽を聞きながらジョギングしている場合など、画面をすぐに確認できない状況で非常に役立つ。

ただ、デフォルトの設定ではロック中(スリープ中)通知の中身を読み上げないので、VoiceOverの設定にある、

「常に通知を読み上げる」をオンにする必要がある。

 

ただ、この設定を有効にすると周囲の人にも通知の内容が聞こえ、プライバシー性が犠牲になる。

不要なときはVoiceOverをオフにすることを忘れずに。

本を読んでもらう

VoiceOverを使って、本を読ませることができる。

任意のブックアプリ(iBooksやKindleなど)を開き、2本指下スワイプで読ませるだけ。

ただ、VoiceOverに非対応のアプリもあるので、注意が必要。筆者が試した限りではiBooksよりもKindleの方がちゃんと対応している。

プレゼンに最適! ズーム機能

VoiceOverとは異なる機能だが、アクセシビリティの一環で「ズーム機能」がある。

ホームボタン3回クリックのショートカットに入れておくとよい。

ズームを有効にすると、3本指ダブルタップでズームのオン/オフができる。

倍率の変更は3本指ダブルタップ後指を離さず上下にドラッグ。表示位置の変更は3本指ドラックで行う。

基本的にいつでも呼び出せるので、特にiPhone/iPadを外部モニタに接続してプレゼンを行う際に重宝する。

 

また、ズームモードにはフルスクリーンとウインドウモードの2つがある。好きな方を選択しておく。

設定アプリを開き、「一般」→「アクセシビリティ」→「ズーム機能」の中にある。

子供に触らせたいときに!アクセスガイドを使う

アクセスガイドを有効にすると、起動中のアプリから抜けることができなくなる。

例えば子供にゲームで遊ばせたい、だけど他のアプリは触ってほしくない、といった場合に便利。

 

設定は設定アプリを開き「一般」→「アクセシビリティ」→「アクセスガイド」で行う。

 

任意のアプリを起動後、ホームボタンを3回クリックしアクセスガイドを有効にすると、

設定したパスコード(アクセスガイド専用のパスコード)の入力、またはTouch IDで指紋認証をしない限り、ホームや別アプリに抜けられなる。

 

オプションで、時間制限や触れてほしくない範囲(広告の部分とか)を設定することも可能。

元々は子供向けの機能ですが、お店でキオスク端末的に展示する場合にも便利な機能。

こうした機能があるということ

Appleがアクセシビリティにこれだけ注力していることは賞賛に値する。

iOSに標準で搭載されている純正のアプリはひと通りVoiceOverに対応しており、視覚に頼らず操作することが可能。

これらの機能を生かし、多くのデベロッパーが、障がい者向けのアプリを作成している。

 

とはいえ、まだまだ道半ばなのも事実。

1点目はApple側の対応の遅さ。VoiceOver時に起きる不具合、特に「日本語でのみ起きる不具合」がまだあり、

有志のメンバーが都度バグレポートを英語で書いて報告している。

特に読み上げに関連する不具合は影響が大きいため迅速な対応を願いたいところなのだが、

メジャーアップデートまで放置される傾向が見られる。

 

2点目はサードパーティ製アプリの対応。VoiceOverを有効にして、いろんなアプリを使ってみよう。

例えばボタンに対して「ボタン」あるいは画像のファイル名しか読み上げず、何のボタンか分からないアプリが多々あると思う。

もちろんジャンルによっては無理に対応する必要のないもの(アクションゲームとか)もあるが、

一般的なアプリであればさほど難しい作業ではないので対応すべきと考える。

Apple WatchやCarPlayの登場でインタラクションの方法が変わることを考えると、

アクセシビリティラベルを正しく貼っておくことは後々メリットになる可能性もある。

 

3点目は、そもそもアクセシビリティ機能が知られていないということ。

前回と今回ではVoiceOverを中心に紹介したが、例えば舌しか動かせない、

といった重度の障がいであっても操作が可能になる「スイッチコントロール」という機能も用意されている。

でも存在を知らなければ使えない。これら機能の存在をより多くの人が知ることで、アクセシビリティの恩恵から漏れる人を減らせるのではと考える。

 

アクセシビリティを一人でも多くの人に関心を持ってもらえたら幸い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪