GoPro 「HERO4」より50%小さく40%軽い防水カメラ「HERO4 Session」発売

スポンサーリンク

ウェアラブルカメラと付属アクセサリのメーカー、米GoProは7月6日(現地時間)、

「HERO4」よりも50%小さく、40%軽いと謳う新型カメラ「HERO4 Session」を発表。

米国では12日に発売。

希望小売価格はHERO4(Silver)と同じ5万2000円。

Hero4Session_Cluster_12.jpg_10667149_featureimage-780x420

「HERO4 Session」

カメラ本体のサイズはWebサイトに表示されていないので分からないが、女性の頭上にセットしても負担にならないサイズ。

重さは74グラム。HERO4(Silver)のハウジングなしの重さは84グラム。

 

既存のマウントやアクセサリーに取り付けられる。

また、本体が水深10メートルまで利用可能な防水仕様になっており、HERO4のようなハウジングなしで水中撮影できる。

 

液晶ディスプレイなどはなく、操作は上部のシャッターボタンで行う。1回プッシュで動画撮影、1回長押しでタイムラプス撮影が始まり、

2回めのプッシュで撮影が終了する。

別売のリモコン「Smart Remote」あるいはGoProアプリ(Wi-FiあるいはBluetoothで接続)を使えば、

他のHERO4カメラとほとんど同じモードを使える。

 

最高で1080p60の動画、800万画素の写真を撮影できる。4K、2.7Kには対応しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪