au VoLTE「シンクコール」を動画で解説

スポンサーリンク

KDDIのスマートフォンで利用できる新規格の音声通話サービス「au VoLTE」。

VoLTEは音質の良さが最大の特徴だが、auはさらに「シンクコール」と呼ばれる付加機能も提供している。

maxresdefault

「シンクコール」

シンクコールはスマホの画面を共有する「画面シンク」、カメラで映している映像を共有する「カメラシンク」、

お互いの現在地を共有する「位置シンク」、画面上で手書きができる「手書きシンク」の4つからなる機能で、いずれも通話しながら相手と同じ画面を見られるのが特徴。

VoLTE自体はNTTドコモとソフトバンクも提供しているが、現時点でこのシンク機能が使えるのはauのAndroidスマホだけ。

そのシンクコールとはどんなものなのか。

対応機種であるサムスン電子製の「Galaxy S6 edge SCV31」とシャープ製の「AQUOS SERIE mini SHV31」を使い、位置シンク、手書きシンク、画面シンク、カメラシンクをひと通り試している動画で解説。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪