型落ちAndroid端末を買うメリットとデメリット 中古Android端末の注意点

hd_android_logo
スポンサーリンク

一時期より控えめになったとはいえ、携帯電話のモデルチェンジ速度は著しい。

半年もすれば型落ちになったAndroid端末が格安で入手できるようになる。

一方で、SIMフリーの格安端末も数多く登場しており、市場はかなり混沌としている。

iPhoneに続いて、Android端末についても、新品・中古市場の双方を視野に入れつつ、古いAndroid端末を購入することのメリット・デメリットを考えてみる。

hd_android_logo

型落ち端末のメリットとデメリット

まずは三大キャリアとの契約が前提となる、型落ち端末について考えてみる。

Android端末は製品サイクルが短く、ほぼ半年おきに新製品が登場する。

このため、半年前の端末の在庫を処分する意味で、販売店が独自に端末料金を0円にすることがある。

 

型落ち端末の魅力は、性能面では現行機種とあまり見劣りしないのにもかかわらず、格安で入手できること。

XperiaやGalaxyといったグローバル端末でも0円になるケースが多く、初期コストの低さは何よりも魅力的。

詳細は後述する中古端末の項で述べるが、後述するSIMフリー端末と比べると、やはりキャリアの端末は多機能で安心感がある。

端末アップデートの確実さや、なんだかんだで手厚いキャリアのサポートも安心要素のひとつ。

 

デメリットとしては、キャリアとの契約で2年縛りが発生すること。

キャリアの通信プランはMVNOと比べるとかなり割高なので、ショップによっては0円で購入する条件が2年縛りのプランでの契約だったり、

特定のアプリをインストールして有料サービスに加入することだったりと、さらに余分なコストがかかる。

ランニングコストの高さを考慮すると、必ずしもお得とは言えないことに気をつけたい。

白ロムのメリットは?

中古端末(白ロム)のメリットとデメリット

次に中古端末(白ロム)。ネットオークションから入手するにせよ、中古端末を扱うショップで購入するにせよ、

基本的にはキャリアのSIMロックがかかっている状態で、使いたいキャリアごとに端末も選ばねばならない。

現行機種から選ぶことも可能だが、値段はそれなりに高くなる。

ただしAndroid端末は中古相場がかなり安いので、型落ちになってからは急速に値段が下がっていくため、

初期投資コストは比較的少なめで済む。

 

中古端末の魅力は、キャリア端末が持つさまざまな機能をそのまま利用できるという点だ。意外と見落とされがちだが、キャリアの端末は防水やワンセグ、おサイフ機能、緊急地震速報への対応など、世界的に見ても、非常に多機能だ。こうした機能を全て備えているSIMフリー端末はないし、どれをサポートしているかを確認するのも一苦労という状況を考えれば、無駄な労力が必要ないキャリア端末のありがたみがわかるだろう。

デメリットは、特にドコモの中古端末の場合、ドコモのSIMと回線を使わないとソフトウェアアップデートができないという点。

ドコモ回線であってもMVNOのSIMではアップデートできないし、Wi-Fi経由でもいけない。

また、spモードを使わないとテザリングができない。

さらに、これは全キャリアの端末に適用されるが、万が一故障や水没といった場合には、

保証サービスを受けられない(実費での修理などになる)。

中古端末はMVNOとの組み合わせで使う人が多いはずだが、こうした点には気を付けたい。

SIMフリー端末のメリットは?

SIMフリー端末のメリットとデメリット

最後に「古い端末」とはちょっと趣旨が異なるが、低価格ということで選択肢に入るSIMフリー端末。

SIMフリー端末は、下は1万円前後から上は10万円オーバーまでと幅広いラインナップが揃っており、

最近はASUS ZenFone 2のように、キャリアのハイエンド端末並みの性能をリーズナブルな価格で実現した端末も出ている。

手ごろな価格のミドルレンジ端末は、キャリアの端末と比較すると、概ね1~2世代ほど前の性能だと考えればいい。

 

メリットはSIMロックがかかっていないため、周波数帯さえ対応していれば、キャリアを問わず利用できるところ。

実際には後述する理由で、ドコモ系(MVNO含む)とソフトバンクの2択で、実質ドコモ専用と言ってもいい状況なのだが、

SIMの選択肢が広がるというのは悪いことではない。

また、GoogleのNEXUSシリーズのように最新OSのアップデートが常に最速でやってくる端末もある。

 

デメリットは、機能面ではキャリア端末よりもだいぶ見劣りする点。

防水、ワンセグ、おサイフといった機能はほとんどサポートされておらず、アプリ類もほとんど自分で揃えなければならない。

VoLTEにも未対応の機種が多い。端末の価格が安いので、子供や老人などに与えておくのにピッタリという印象があるが、

実際にはDIYの世界だ。きちんと管理できる人が周りにいなければ、きちんと運用するのは難しい。

そして最大のデメリットが、au系回線では実質、ほとんど使えないという点だ。SIMフリー端末は基本的に3G回線がドコモ/ソフトバンク系のW-CDMAに対応したものがほとんどで、3GにCDMA2000規格を使うau回線では音声通話が利用できない。

キャリアで異なる対応バンド

気をつけたい対応バンド

ならばLTEで通信だけでも……と思うだろうが、LTEの場合でも対応する周波数バンドの問題が出てくる。

スマートフォンのスペック表を見ていると「LTE適応バンド」(メーカーによって表現は異なる)として、対応するバンドが列挙されている。

キャリアがサポートしているバンドもまちまちで、ドコモなら「1、3、19、21」、auなら「1、11、18、26」、ソフトバンクなら「1、3、8」といった具合。

キャリアがサポートするバンドの一覧
バンド 周波数帯
(上り/MHz)
周波数帯
(下り/MHz)
ドコモ au ソフトバンク
1 1920-
1980
2110-
2170
3 1710-
1785
1805-
1880

(東名阪)
-
(旧ワイモバイル)
8 880-
915
925-
960
- -
11 1427.9-
1447.9
1475.9-
1495.9
-
(3Gのみ)
18 815-
830
860-
875
- -
19 830-
845
875-
890
- -
21 1447.9-
1462.9
1495.9-
1510.9
- -
26 814-
849
859-
894

(取得のみ)
-
28 703-
748
758-
803
予定 予定 予定

FDD-LTEのバンドのみを列挙した。700MHz帯のバンド28は今年中に解放される予定。

「なんだ、バンド1が共通で使えるじゃないか」と思うだろうが、問題を複雑にしているのがバンド内の周波数割り当ての幅と、

技適(技術基準適合証明)の存在。

日本国内で無線端末を使う場合、必ずこの技適を取得している必要がある。

SIMフリー端末といえども当然、この技適を取得したものしか販売されていない。

技適もハードルに

バンド1でもキャリアごとに違いが

バンド1を細かく拡大してみてみると、実は1つのバンドが20MHzずつの3つに分かれており、それぞれのブロックがキャリアに割り当てられている。

auは最も周波数帯が低いブロックの割り当てなのだが、実はこのブロック、1.9GHz帯を使うPHSとの干渉の可能性があり、

日本国内で利用するには、PHS回線の保護を前提とした技適を取らねばならない。

バンド1の割り当て
割り当て PHS au ドコモ ソフトバンク
周波数帯
(上り/MHz)
1884.65-1919.75 1920-1940 1940-1960 1960-1980
周波数帯
(下り/MHz)
- 2110-2130 2130-2150 2150-2170

PHSの通信チャネルが1919.75MHzまでと、auが保有する帯域に極めて近いため、回線保護が正しく行われているかも技適で確認されねばならない。

 

ならばPHSの保護を前提に技適をとれば、と思うのだが、SIMフリー端末は基本的にグローバル対応の端末であり、

ほとんど日本ローカルなPHSのためにわざわざ対策している端末はほとんどない(iPhoneは対応している)。

 

にも関わらず、「バンド1を使うがPHSの保護はしない」という端末でも、「バンド1でもau回線は使わない」という条件で、技適は取れてしまう。

結果的に「技適マークは取っているが、バンド1をauで使ってはいけない端末」が日本に流通することになってしまった。

SIMフリー端末のほとんどが対応MVNO回線に「mineo」などのau回線系サービスを載せていない理由は、まさにこれ。

 

mineoは自社サービスで動作確認が取れた端末の一覧を公開している。

今の所iPhone以外のSIMフリー端末は表に並んでいないのだが(そして皮肉なことにiPhoneは最新のiOSでmineoに非対応なのだが)、

au系のサービスを使いたい人は、こうしたページを確認しておくといい。

結局、買い?

結局、古い端末を買う意味はあるのか?

夏モデルがAndroid 5.0にようやく移行し、秋~冬にはAndroid M Releaseの登場までが視野に入っている現在、

OSがAndroid 4.X以前の古い端末を購入するべきかどうかは、正直悩ましいところ。

 

当面、4.Xのままでも困ることはないとは思うが、長く使い続けるつもりであれば、せめてアップデートの提供が公開されている端末を選んだほうがいい。

OSのアップデートはセキュリティ面の観点からも重要なので、あまりおろそかにしないほうがいい。

ドコモ端末の場合、MVNOのSIMではアップデートできないため、誰かにドコモSIMを借りてアップデートだけ実施するなどの措置が必要になるかもしれない。

 

SIMやOSアップデートの問題は考えないとして、単純に処理能力等で考えるなら、2013年以降に発売された端末を選ぶといい。

この時期に発売された端末が、ギリギリでAndroid 5.0へのアップデートが可能なラインなので、性能的にはここを基準に考えておけばいい。

これ以上古くなると、さすがに遅さを感じてくる。

 

VoLTEやLTE-Advancedといった機能も気になるところだが、こうした機能を拾っていけば世代も新しくなり、ひいては端末価格も高くなる。

古い端末を選ぶメリットはコストだけなので、あまり新しい世代の端末を狙うと、メリットが薄くなってしまう。

明確な目的があるなら仕方ないが、そうでなければほどほどにしておこう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪