SIMフリースマホ スペック表の見方を覚える

926
スポンサーリンク

スペック表から使えるネットワークを読み解く方法を解説。

926

スペック表の見方を覚える

SIMフリースマートフォンのスペック表を見てみると、対応ネットワークの部分の表記はメーカーによって様々で、統一性がない。

ある意味、ここはスマートフォンとして最も重要な部分でもあるのだが、読み方がわからなくて困っているユーザーも多いはず。

 

いずれもSIMフリー端末のスペック表だが、見事に表記がバラバラで統一性がない。

そこで、最初にこのスペック表の用語から覚えていこう。

まず「LTE」「W-CDMA」「UMTS」「GSM」「EDGE」というのは、すべて対応する通信規格のことを指す。

 

LTEは現在主流の第4世代通信規格で、「FDD-LTE」「TDD-LTE」というのはLTEの通信方法の違いを指している。

FDD-LTEは全世界的に使われている方式で、TDD-LTEは主に中国で使われている規格(ちなみに日本ではどちらの方式も利用している)。

 

W-CDMAとUMTSは、実はどちらも同じものを指す単語で、「UMTS」はヨーロッパでの規格名。

規格的にはドコモやソフトバンクが利用している第3世代通信規格のことを指している。

auが使用している「CDMA2000」(CDMA EV-DO)規格に対応したSIMフリーのスマートフォンは、iPhoneを除けばほとんど存在しない。

 

「GSM」と「EDGE」は第2世代通信規格で、海外での通話などに使われているもの(日本での2G通信はすでに終了している)。

EDGEのほうはパケット通信規格だが、あまり気にしなくてもいい。

 

以上の情報をもとに冒頭の表を見ると、それぞれ第2~第4世代の通信規格のうち、どれが使えるかを表していることがわかる。

「バンド」とは

携帯電話ネットワークを読み解く鍵は「バンド」

続いて、規格の次にある数字の謎。まず3桁~4桁の数字については、すべて周波数帯を表す。

単位はMHzで、場合によっては1000で割ってGHz表示になっていることもある。

携帯電話は世代に関わらず、実は同じような周波数帯を利用している。

これは電波の帯域が限られていることもあり、ほかの機器が使う帯域との干渉を避ける為、1度携帯電話用に確保した帯域を簡単に拡張できないという事情がある。

 

さて、ここからが本稿のキモになるのだが、周波数帯に加えて(あるいは、代わりに)「B+数字」という表記もある。

これは第3世代、第4世代の携帯電話で使用する特定の周波数帯である「バンド」を表す数字。

たとえば「B1」(バンド1)であれば、2100MHz帯の周波数帯を利用している。

バンドは国際的に定められたものであり、国が違っても、同じバンド数を使っている通信キャリアであれば、そのバンドに対応した端末が使えるというわけ。

FDD-LTE(バンド1から8)
バンド 1 2 3 4 5 6 7 8
方式 FDD FDD FDD FDD FDD FDD FDD FDD
周波数帯
(上り/MHz)
1920-
1980
1850-
1910
1710-
1785
1710-
1755
824-
849
830-
840
2500-
2700
880-
915
周波数帯
(下り/MHz)
2110-
2170
1930-
1990
1805-
1880
2110-
2155
869-
894
875-
885
2620-
2690
925-
960
ドコモ - ○(東名阪) - - - - -
au - - - - - - -
ソフトバンク - - - - -
FDD-LTE(バンド9から16)
バンド 9 10 11 12 13 14 15 16
方式 FDD FDD FDD FDD FDD FDD FDD FDD
周波数帯
(上り/MHz)
1749.9-
1784.9
1710-
1770
1427.9-
1447.9
699-
716
777-
787
788-
798
reserved reserved
周波数帯
(下り/MHz)
1844.9-
1879.9
2110-
2170
1475.9-
1495.9
729-
746
746-
756
758-
768
reserved reserved
ドコモ - - - - - - - -
au - - - - - - -
ソフトバンク - - - - - - - -
FDD-LTE(バンド17から24)
バンド 17 18 19 20 21 22 23 24
方式 FDD FDD FDD FDD FDD FDD FDD FDD
周波数帯
(上り/MHz)
704-
716
815-
830
830-
845
832-
862
1447.9-
1462.9
3410-
3490
2000-
2020
1626.5-
1660.5
周波数帯
(下り/MHz)
734-
746
860-
875
875-
890
791-
821
1495.9-
1510.9
3510-
3590
2180-
2200
1525-
1559
ドコモ - - - - - -
au - - - - - - -
ソフトバンク - - - - - - - -
FDD-LTE(バンド25から32)
バンド 25 26 27 28 29 30 31 32
方式 FDD FDD FDD FDD FDD FDD FDD FDD
周波数帯
(上り/MHz)
1850-
1915
814-
849
807-
824
703-
748
N/A 2305-
2315
452.5-
457.5
N/A
周波数帯
(下り/MHz)
1930-
1995
859-
894
852-
869
758-
803
717-
728
2350-
2360
462.5-
467.5
1452-
1496
ドコモ -
(取得のみ)
- 予定 - - - -
au - - 予定 - - - -
ソフトバンク - - - 予定 - - - -
TDD-LTE(バンド33から38)
バンド 33 34 35 36 37 38
方式 TDD TDD TDD TDD TDD TDD
周波数帯(MHz) 1900-
1920
2010-
2025
1850-
1910
1930-
1990
1910-
1930
2570-
2620
ドコモ - - - - - -
au - - - - - -
ソフトバンク - - - - - -
TDD-LTE(バンド39から44)
バンド 39 40 41 42 43 44
方式 TDD TDD TDD TDD TDD TDD
周波数帯(MHz) 1880-
1920
2300-
2400
2496-
2690
3400-
3600
3600-
3800
703-
803
ドコモ - - - - - -
au - - ○(UQ) - - -
ソフトバンク - - ○(WCP) - - -

 

LTEのバンド一覧。

TDD-LTEは1つの周波数帯を時間で分けて上りと下りに割り当てるため、周波数帯は1つしか表記しない。

W-CDMAのバンドはLTEと同じだが、数字ではなくローマ数字で記述することがある。

日本ではUQコミュニケーションズのWiMAX 2+と、Wireless City PlanningのAXGPサービスがそれぞれTDD-LTEとして機能しており、ともにバンド41を使用している。

 

日本ではこれらのバンドのうち、各キャリアに割り当てられた周波数帯に基づいて、各社複数のバンドを使用している。

勘のいい方はもうお気づきだろうが、スマートフォンのスペック表と各社の割り当てを比較して、合致するものがあれば、そのキャリアで利用できる。

キャリアの対応バンドまとめ

対応バンドまとめ

  • NTTドコモ
    W-CDMA:バンド1(2100MHz)、バンド6(800MHz)、バンド9(東名阪、1700MHz)、バンド19(800MHz)
    LTE:バンド1(2100MHz)、バンド3(東名阪、1700MHz)、バンド19(800MHz)、バンド21(1500MHz)
  • au
    LTE:バンド1(2100MHz)、バンド11(1500MHz)、バンド18(800MHz)、バンド26(800MHz)、バンド41(UQコミュニケーションズ、2500MHz)
  • ソフトバンク
    W-CDMA:バンド1(2100MHz)、バンド8(900MHz)、バンド9(1700MHz)、バンド11(1500MHz)
    LTE:バンド1(2100MHz)、バンド3(1700MHz)、バンド8(900MHz)、バンド41(WCP、2500MHz)

にそれぞれ対応していることになる。

電波は周波数が高いと遠くまで飛ばず、障害物などで減退しやすいという特徴があるため、広いエリアでサービスを使うには、

いわゆるプラチナバンドと言われる700~900MHz帯が使えることがポイント。

従って広いエリアで快適に使うには、バンド8、18、19、26あたりに対応しているかどうかも重要なポイントになる。

 

特にNTTドコモの場合、バンド11が日本でしか使われていないバンドのため、グローバル端末の対応は絶望的(iPhoneですら対応していない)。

このため、バンド19に対応していないと東名阪地域以外では2100MHz帯しか使えなくなり、エリアがぐっと狭まってしまう。

MVNO業者はほとんどがドコモ回線を使っているので、SIMフリー端末ではドコモ回線の対応状況が重要なポイントになる。

機種選びの際はこのあたりにも気をつけたい。

もう一度スペック表を読んでみる

スペックを再度読み直す

auもバンド1をサポートしているので最低でもLTEで使えそうに見えるが、実はauのバンド1はPHSの回線と帯域が隣接しており、

PHS回線を保護する条件で技適(技術基準的合証明)を受けた端末でないと利用できない。

 

現在SIMフリーでau回線向けにPHS回線を保護する条件で技適を受けているのはiPhoneだけなので、

それ以外のSIMフリー端末でバンド1を頼りにau回線(およびそれを使ったMVNO)で使うのは電波法違法になる。

そう考えるとSIMフリー端末は実質ドコモ回線専用だということに注意。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪