「Apple Watch」vs「Android Wear」 比較レビュー 

スポンサーリンク

Apple Watchがやってきてから早2カ月。

「Android Wear」という言葉はほぼ知らないが、「Apple Watch」は知っている。

しかし、何がApple Watchかはよく認識していない。Android Wearを指して「それ、Apple Watch?」といわれることは結構多い。

特にZenWatchは見た目が時計らしく、しかもサイズ的にApple Watchよりは存在感があるせいか、そう言われることが多い。

 

「もしもしってできるんでしょう?」といいながら、楽しそうに手首を口元に持って行くのは、中高年層によく見られるアクション。

子どもの頃に見たアニメーションの影響か。スマートフォンが登場したときは、みなフリックがしたかったようだが、

今はロボットを操作したくなるらしい。

images

Android Wear

Android WearユーザーがApple Watchを使い始めてすぐ感じたのは、Apple Watchすごいではなく、「Android Wearってなかなか良いな!」であった。

それなりに利便性は感じていたが、なにせそれまでは比較対象がなかったので、善しあしを判断しにくかった。

 

使っている端末は、iPhoneとAndroidのどちらも基本的にほぼ同じようなアプリ構成になっている。

どちらも通知があると手首上でデバイスが振動して教えてくれるが、圧倒的にAndroid Wearに視線がいく回数が多かった。

同じアプリがインストールされているはずなのに、Apple Watch側は無反応ということもけっこうあった。

 

Android Wearのキモはスマートフォン側のGoogle Nowと呼ばれる機能。

以前はさほど通知項目がなかったのだが、バージョンアップされて項目が増えていた。

現在Google Nowだけでカバーできる情報は、通話着信中、交通状況、天気、スポーツ、公共の交通機関、リマインダー(時間別)、

リマインダー(場所別)、株価情報、荷物追跡、フライト情報、搭乗券、レストランの予約、ホテルの予約、誕生日(友達)、自宅の時刻、災害情報である。

 

不要なものはもちろんオフにできる。もしGoogleカレンダーやGmail、Googleタスクを使っているなら、これらに予定やタスク、

メールが加わるため、大事なことはほぼ知らせてくれることになる。

あと足りないものがあるとすればせいぜいニュースくらいだろうが、これもほとんどの方がなんらかのニュースアプリをいれており、

通知を有効にしているはず。となれば導入と同時にすぐ使える状態になっている。

操作の違い

Android Wearは基本的にフリック操作だけで済むが、Apple Watchはフリックするだけでなく、画面を押す、

デジタルクラウン(竜頭)を押す・回す、と覚えなくてはならない操作が多い。

このため、Android Wearから移行するとかなり戸惑う。

初めてのスマートウォッチがApple Watchだとしても、操作の基本は学習する必要がある。

特に画面を「押す」操作はイメージしにくい。iPhoneアプリで操作に戸惑うことが多い方は、一層悩むかもしれない。

 

なお、スクリーンショットが撮りやすいのはApple Watchである。

Android Wearはスマートフォン側の操作も必要になるため手間がかかり、タイミングも逃しやすい。

通知動作

Apple Watchの通知はスマートフォンの通知パネルに似ている。

通知が有効なものは振動とともに表示され、1度見た通知は一覧で見ることができる。

 

Android Wearの場合も振動とともに通知内容が表示される。

確認するまでは通知の一部が時計上に常にチラ見せされるので、通知があったことに気付きやすい。

 

ただし、通知ログのようなものをまとめて見ることはできないので、うっかり右フリックして非表示にしてしまうと大変。

1度見た通知を再び見たくても再度知らされるのを待つしか無い。

通知内容

基本的にどちらも通知を有効にしたアプリがベースになるが、Apple Watchはユーザーが望んだものが通知される。

 

一方、Android Wearにはお節介がプラスされている。

たとえばGoogleカレンダーにスケジュールと訪問先の住所を設定しておくだけで、予定通りに到着するためには、

自宅を何時何分までに出発するように、と通知されたりする。

出先でも「自宅まで何分」と教えてくれたり、最寄りのバス停を突如紹介してくれたりする。

そういう設定があるわけではないというところがポイント。

ウォッチフェイスの数

ウォッチフェイスの種類の多さや自由度は、今のところAndroid Wearのほうがはるかに上をいく。

選択を間違えるとバッテリーを浪費することにもなるのだが、選べる楽しさがある。

 

しかも、時計を見る動作をしないときでも、Android Wearはウォッチフェイスと通知の一部を電子ペーパー風に表示するが、

Apple Watchは真っ黒なまま。

以前のAndroid Wearも真っ黒だったが、最近は見ないときは時計らしい振る舞いをするようになっている。

キーボード操作のために外してテーブルの上においたとき、置き時計代わりになってくれるのはAndroid Wear。

これが時計として意外と便利。

メール、メッセージの見えかた

Android Wearはデバイスだけでメールやメッセージが全文読めるが、Apple Watchは一部の表示に止まっている。

もっとしっかり読みたいときはスマートフォンに引き継ぐことになるが、Android Wearはフリック操作だけでダイレクトにアプリが起動し、

見たいコンテンツが表示される。

 

一方、Apple Watchは「了解」をタップしたあと、どうしていいのか分からなかった。

実際にはロック画面の左下に表示されるアイコンから対象アプリを起動できるのだが(Handoff機能)、1アクション余分に必要となるし、

その設定や動作は別途学ばなくてはならない。

スケジュール

スケジュールに関しては、固定的に表示できるApple Watchが便利。デバイス上で予定表も見られる。

ただし、時間指定をしないタスクや終日の予定はウォッチフェイスに現れず、「もう予定がありません」などと表示されてしまう。

 

Android Wearはタスクも通知対象となっている。しかし、ウォッチフェイス上に常に表示させておくことはできない。

Android Wearは細かく予定を通知してくるが、意外にも標準機能でスケジュールの確認がしにくい。

デバイスのセキュリティ

セキュリティ面に関してはApple Watchのほうが慎重。

どちらもデバイスのロック機能を備えるが、外したとたんロックがかかるのはApple Watch(設定している場合)。

Android Wearも時計を外したときに自動的にロックするという機能はあるものの、実際外してもなぜかすぐにはロックがかからない。

盗難された場合、すぐ初期化されて使われてしまう可能性が高いので、注意が必要。

 

スマートフォンとの連携では、Android端末はAndroid Wearをキーにしてスマートフォン側のロックを解除できる。

Apple Watchは、iPhone側のロックを解除すると、腕に装着したApple Watchのロックも解除できるという仕組みとなっている。

音声による操作

Android Wearは「OK, Google ~」、Apple Watchは「Hey, Siri ~」と呼びかけることで音声操作を開始できる。

最初の呼びかけに続いて「今の天気は?」「7時半にアラーム」「3分タイマー」「1ドルいくら?」「交通費2000円をメモ」などと話しかけると、

意外とスムーズに望んだアクションを起こしてくれる。

照れもありどちらも人前ではなかなか言いにくいが、手が離せない場面ではかなり便利に活用できる。

通知メインのAndroid Wear 能動的な使いこなしが求められるApple Watch

通知デバイスとしては先行して登場していたAndroid Wearのほうが優秀に思えてくる。

 

Apple Watchがダメというわけではない。

Android Wearは気の利いた秘書であろうとしているのに対して、Apple Watchはプレイングマネージャーといったところ。

今のApple Watchは、ユーザー側で欲しい情報や、やりたいことが明確なほうがより便利に使えそう。

 

デジタルクラウンを押すと表示されるApple Watchのアプリなどは、やりたいことができる機能の代表。

また、画面を上にフリックすると現れる「グランス」も、カスタマイズすることで欲しい情報を素早く見たり、操作できたりする。

結局iPhoneに引き継ぐなら最初からiPhoneを使った方がいいのではないか、と思える部分もあるが、

ユーザーの好みで細かく設定できるところはApple Watchの強味。

「Apple Watch」vs「Android Wear」

優劣を付けたところで、そもそもAndroidしか持っていなければAndroid Wearを使うしかないし、

逆にiPhoneユーザーなら選択肢はApple Watchのみ。

 

強いていえば、最初からなんでもおまかせがいいならAndroid Wear、

自分でカスタマイズしたり、手首の上でいろんな操作をしたいならApple Watch。

 

とはいえ、自分がよく使うアプリをベースに考えると、今はAndroid Wearの通知機能のほうが上に感じており、

それが一般に広まっていない。

 

先日行われたAppleの開発者イベント「WWDC 2015」では、iOS 9から「Google Now」のような「Proactive Assistant」の登場も予告されているし、

Apple Watchの新OSではiPhoneが不要なネイティブアプリの開発が容易になり、

柔軟に変更できるウォッチフェイスの登場も示唆された。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪