世界のスマホ販売利益の92%はApple・iPhone 

スポンサーリンク

米Appleが第1四半期(1~3月期)のiPhone販売で得た営業利益は、世界の全スマートフォン販売の営業利益の92%を占めた。

そのような調査結果をカナダの投資銀行Canaccord Genuityが発表したと米Wall Street Journalなど複数の海外メディアが7月12日(現地時間)に報じた。

iphone6-plus-box-space-gray-2014

この調査は、スマートフォンメーカーの上位8社の営業利益に基づくもの。Appleの営業利益のシェアは前年同期は65%だった。

 

Appleの1~3月期の業績発表によると、iPhoneの同四半期の販売台数は40%増の6117万台で過去最高を更新し、

売上高は55%増の402億8200万ドル。

 

米調査会社Strategy Analyticsによると、同四半期の世界スマートフォン市場におけるAppleの出荷台数シェアは13.7%の2位。

首位は韓国Samsung Electronicsで22.2%。Samsungの営業利益シェアは前年から26ポイントも減少し、15%。

 

Appleが利益率の高いハイエンド端末を主力としている一方、Samsungなど他のスマートフォンメーカーの多くは新興国向けの廉価端末に注力し、価格競争を展開している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪