ASUS「ZenFone 2」ユニークな撮影機能を解説 

スポンサーリンク

SIMロックフリーなスマートフォンを求める人たちに注目されているASUSの「ZenFone 2」。

images

カメラがかなり凝っていて、1300万画素のセンサーを搭載したのみならず、面白い撮影モードがたくさんある。

 

特に、美肌系モードがやたら充実してるのはアジア系ブランドらしいところ。

特に「美人エフェクトモード」とかは、名前が直球すぎておおっとなってしまう。

そのほかのモードを含めて、すごく細かく設定できるのも特徴。

「美人エフェクトモード」

ZenFone 2のメインカメラは1300万画素のセンサーとF2.0のレンズの組み合わせ。少し広角に振った、昨今のトレンドを踏襲している。

 

美人エフェクトには、紅潮、肌の滑らかさ、美白、目の大きさ、小顔といった5つのパラメーターがあって、それぞれ0~10の11段階。

デフォルトは、肌の滑らかさと美白が5になっている。

 

ちなみに、美人エフェクトモードがオンになると、シャッターボタンがピンクになる。これをタップすると、そのまま撮影。

これを上にぐっと引っ張ると、セルフタイマーになり、シャッターボタンが下にずずっと降りていって、ボタンと重なるとシャッターが切れる。

 

美白エフェクトは、元の写真を撮影したときの照明や光の加減によってはかかりすぎるので、臨機応変にオン・オフしたい。

普通に写真を撮ってから、アプリでエフェクトをかけて、自分用のセッティングを作るのがよさそう。

自分撮りは「美人エフェクトモード」オンが標準

インカメラに切り替えると、自動的に美人エフェクトモードになる。

インカメラ時は、先ほども触れたセルフタイマーがすこぶる便利。

背面のメインカメラ下にあるボリュームキーは、カメラのシャッターとして使えるので、自撮り時はこれでシャッターを切ってもいい。

 

インカメラは500万画素で、画素数的には多いが、固定フォーカスで、クオリティ的にはリアカメラに負ける。

 

「じゃあメインカメラで自撮りをしよう」と思い立つ人もいるはず。そんな人のために、ZenFone 2には「自分撮りモード」という、

メインカメラで自分撮りをするための機能が用意されている。

 

どうやるのか。まず、何人で撮るのか指定する。

ここで人数を「3人」にすると、3人の顔を検出したら自動的に撮影するようになっている。人数は1~4人の間で選べる。

 

人数をセットしたらリアカメラを自分(たち)の方に向ける。

実際、画面は見えない状況なので、どういうアングルでどう写るかは勘になってしまう。

人数分の顔を検出すると、セルフタイマーでカウントダウンが始まるので、あらぬ方を向いていて顔が写ってないということはない。

何人かで撮るときは、ひとりがスマホをどこかに固定してアングルを決め、

その人がカメラの範囲内に入ったら撮影が始まるというセッティングもできるというわけで、なかなか遊べそう。

「オールスマイルモード」

「オールスマイルモード」は、5枚連写して一番いい笑顔の写真を自動的に選んでくれるというモード。

 

連写して気に入ったものだけを保存する機能ってありがちなんだけど(iPhoneの連写もそれができるし、

「honor6 Plus」のベストショットもそうだし)、笑顔に特化した機能になっているところがユニーク。

 

撮影モードのうしろから2番目にある「オールスマイル」。

撮影後の顔だけ抽出されたサムネイル表示では、自動選択されたものが水色の枠に表示される。

気に入った笑顔を手動で選んで保存することも可能。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪