LINEもできる新世代の携帯電話「AQUOS ケータイ SH-06G」を解析

スポンサーリンク

ちまたに流れる携帯電話の話題はスマートフォンに関するものばかり。

といっても国内において、スマートフォン契約数が携帯電話契約数の50%を突破したのは2014年秋と、意外に最近のこと。

スマートフォンユーザーが多いとはいえ、従来型ケータイ、フィーチャーフォンの人気は根強く、ユーザーもまだまだ多い。

フィーチャーフォンのダイヤルキー操作に安心感を覚え、通話のしやすさやバッテリー持ちのよさを必要としている人が確実に存在している。

yo_sh06g02

一方で、フィーチャーフォンがモバイル向けサービスの時流に追いつけなくなっている部分があるのは確か。

たとえば、コミュニケーションツールとして欠かせないものになったLINEは、フィーチャーフォンではスマートフォンほど便利に使えない。

モバイル向けのWebサービスやゲームもスマホ用が主流となり、フィーチャーフォンではSNSやゲームを利用しにくくなってきた。

また端末のハードウェア自体にも目立った進化が感じられなくなっている。

 

そんな中、フィーチャーフォンのスタイルや使いやすさは維持しながら、

スマートフォンと同じOSを採用してインターネット上のサービスが利用できる、新しいタイプのフィーチャーフォンが登場した。

今回紹介するシャープ製の「AQUOS ケータイ SH-06G」も、そうした端末の1つ。

フィーチャーフォンらしい折りたたみスタイルを踏襲し、LINEやWebブラウザがスマートフォン同様に使える。

スマートフォンは不要だが、LINEなどのSNSは使いたいと考えている人に格好の端末といえる。

 

一見、普通のケータイだが、スマホのようにも使える新世代端末「AQUOS ケータイ SH-06G」。

「AQUOS ケータイ SH-06G」

デザインや基本操作はケータイ

OSにスマホと同じAndroid 4.4を採用した「AQUOS ケータイ SH-06G」だが、見た目は従来のフィーチャーフォンそのもの。

通話しやすい折りたたみボディに、色鮮やかな約3.4インチQHD(540×960ピクセル)液晶、押しやすいダイヤルキー、

背面には電話やメールの着信、時刻などを知らせるサブディスプレイを搭載した。

基本的に片手で操作できるのがフィーチャーフォンの魅力の1つだが、

「AQUOS ケータイ SH-06G」も女性の手でもしっかりホールドできて、ポケットにも楽に入る取り扱いやすいサイズ。

 

特に、ヒンジ部にワンプッシュでボディをオープンできるボタンを備えているのがポイント。

電車のつり革を握っていても、荷物を持っていても、端末を手に取りディスプレイを開く操作が片手でスムースに行える。

 

「AQUOS ケータイ SH-06G」は音声コマンドで電話を発信できるのも便利。

ワンプッシュで端末を開き、「田中さんに電話」などと話しかけると、発信画面が表示され、そのまま電話をかけられる。

 

本体は外側も、ダイヤルキーのある内側も1色でシックにまとめられている。

ディスプレイ側ボディ背面の周囲にアルミフレームがぐるっとめぐらされていて、時折きらりと光るが、あくまでさりげない。

誰が持っても違和感のない、上品でシンプルなデザイン。

 

コンパクトで洗練されたボディだが、IPX5/7の防水機能に対応している。

また、裏面には赤外線ポートを備えているので、旧端末からアドレス帳データを移行する際もこれで簡単に行える。

ワンセグやBluetoothも搭載しており、携帯電話の基本機能としては十分。

LINEがスマホと同じように使える

見た目も使い勝手もまさにフィーチャーフォンな「AQUOS ケータイ SH-06G」。

しかしこれまでの携帯電話から最も大きく進化した点が、LINEをスマホ並みに使えるようになったこと。

LINEは従来のフィーチャーフォンでも一応利用できるが、スタンプの送受信や音声通話には非対応。

かろうじてメッセージがやり取りできるという仕様で、楽しさが半減していた。

 

「AQUOS ケータイ SH-06G」はAndroid OSを採用したことで、スマホ同様にLINEのテキストメッセージやスタンプの送受信、

LINEユーザー同士の無料音声通話や、そしてLINEユーザー以外ともお得に通話できるLINE電話が使えるようになった。

 

LINEはキャリアメールの役割を担うほど重要なコミュニケーションサービスとなっており、それが快適に使えるということだけでも、

フィーチャーフォンからの乗り換えを検討する価値はある。

LINE GameやLINE MUSICなど、一部利用できないサービスはあるものの、コミュニケーションの質は大幅に向上するはず。

 

LINEと並んで人気のSNS、FacebookとTwitterはブラウザから利用できる。

画面サイズは小さいものの、後述の「タッチクルーザーEX」機能をうまく活用すると、閲覧はなかなか快適。

各種メニュー類の表示は小さいが、使い慣れたテンキー入力でつぶやきなどを投稿できるので、それほど面倒には感じない。

ヘビーユーザーならスマホが確かに便利だが、たまに投稿をチェックしたり、ちょっとつぶやくくらいならこれで十分。

カメラ機能

携帯電話にとって、電話やメール、LINEに劣らず大切なのがカメラ機能。

スマホでSNSを利用するのが当たり前になってからは、見栄えのいい写真を撮るための機能や写真アプリがもっぱらスマホ向けに提供されている。

フィーチャーフォンのカメラは画素数こそアップしているものの、使い勝手など全体的な面で進化が停滞している印象。

 

「AQUOS ケータイ SH-06G」は有効画素数約500万画素のオートフォーカスカメラを搭載。

画素数は多くないが、SNSへアップする用途であれば十分。

また、スマートフォンAQUOSで好評の「フレーミングアドバイザー」や多彩な撮影モードを利用できる。

 

フレーミングアドバイザーは、撮りたい被写体やシーンに合わせて、ガイドラインやメッセージで最適な構図をアドバイスする機能。

アドバイスに従うだけで、人物や風景をバランスよく、料理の場合はしっかり寄っておいしそうな写真が撮れる。

SNSで「いいね!」がもらえるような、ワンランク上の写真にチャレンジできるので、ぜひ試してほしい。

 

撮影モードは、スマホ向けのカメラアプリで人気となった「魚眼カメラ」や風景をミニチュア模型風に見せる「ミニチュアライズカメラ」などに加え、

一定間隔ごとに撮影した静止画を動画として楽しめる「タイムラプス撮影」、

カメラをかざすだけで英語を日本語にリアルタイム翻訳する「翻訳ファインダー」を搭載している。

簡単な英語の説明書きやレストランのメニューの内容を知りたいときなどに役立つ。ぜひ海外旅行で使いたい機能。

「タッチクルーザーEX」

ハードウェア上でフィーチャーフォンから大きく進化しているのが、「タッチクルーザーEX」を搭載したこと。

十字キー上部からテンキーの「0」の列までのエリアに静電式センサーが配置されており、そのエリア内をタッチした指の位置を検出。

ノートPCのタッチパッドのように直感的に操作でき、Webサイトを閲覧する際や写真の拡大縮小、LINEを利用するときなどに利用できる。

従来のフィーチャーフォンでは十字キーを連打しなくてはならないWebサイトのスクロールも、指をタッチエリアで上下になぞるだけ。

ポインターの斜め移動も楽にでき、慣れると素早く操作できるようになる。

 

「AQUOS ケータイ SH-06G」では、スマホで重宝されているスクリーンショットを撮ることができる。

終話キーと一番左下の履歴キーを1秒以上押すと、表示している画面をそのまま画像として保存できる。

撮影した画像は本体メモリに保存され、データBOXの「ピクチャー」で確認が可能。

地図やWebサイトの画面を保存しておけば、電波の届かない場所でも確認でき、ゲームで高得点を取ったときに画面を保存し、

メールやSNSなどで自慢することができる。ぜひ覚えておきたい機能。

「PASSNOW」

フィーチャーフォンと一緒にタブレットを持ち歩いている2台持ち派も多いかと思うが、

その場合には「PASSNOW(パスナウ)」という機能がお勧め。

 

PASSNOWは、「AQUOS ケータイ SH-06G」とAndroidタブレットを連携させる機能。

PASSNOWアプリをインストールしたAndroidタブレットと「AQUOS ケータイ SH-06G」をBluetoothでペアリングすると、

画像や通知を共有できるようになる。Androidタブレット用PASSNOWアプリはGoogle Playから無料でインストールが可能。

 

例えば、「AQUOS ケータイ SH-06G」で見ているサイトや写真をタブレットの大画面で見ることができる。

あるいは、「AQUOS ケータイ SH-06G」に電話がかかってくると、タブレットに通知を表示することも可能。

「AQUOS ケータイ SH-06G」がバッグの中に入っていても着信に気がつかないという心配がなくなり、

電話に出られないときはタブレットからSMSの定型文で返信することもできる。

メールやアプリの通知を互いの画面に表示するという使い方も便利。

そして家の中などで片方の端末が見つからない場合、PASSNOWでペアリングしている相手に呼び出し音を鳴らして探すこともできる。

 

「AQUOS ケータイ SH-06G」はスマホのように使えるとはいえ、やはり画面の大きなタブレットの方が見やすく使いやすい場合もある。

PASSNOWで連携させて、それぞれ得意な部分を受け持たせるようにすれば、2台持ちがもっと快適になる。

 

スマホライクな新機能やユニークな連携機能に隠れている感があるが、

「AQUOS ケータイ SH-06G」の日本語入力機能はiWnnをベースにシャープ独自の新機能を追加。

変換に使われる辞書の容量アップ、メール入力に便利な「メールいきなり予測変換」などを搭載し、変換機能を強化した。

電話とメール、メッセージが主要機能となるフィーチャーフォンだからこそ、こうした地道な進化も見逃せない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪