リクルート 人工知能の実現技術「Deep Learning(深層学習)」を活用した画像検索システム構築について発表

スポンサーリンク

リクルートテクノロジーズは、

7月16日に人工知能の実現技術「Deep Learning(深層学習)」を活用した画像検索システム構築について発表した。

neuron

同社は画像やテキストなど、構造定義されない「非構造化データ」解析の一環として独自の画像解析システムを開発。

人間の脳の構造を模倣した学習モデル「Deep Learning」と、

精度向上に必要な情報を自動推薦する「Active Learning」といった機械学習ロジックを組み合わせ、色やデザインなどに応じた直感的な検索を可能とした。

 

ヘアサロン検索サイト「ホットペッパービューティー」のアプリには、

本システムを使用した「ネイルデザインのカラー検索(39色から選択)」と「ネイルの類似デザイン検索」を実装。

AIがネイルの位置を自動判別し、カラーヒストグラムやデザインを識別して検索結果へと反映するため、

従来の画像検索よりも直感通りの表示ができるようになった。

カラー検索では検索結果のクリック率が上昇、類似デザイン検索でも平均閲覧画像数が増えるなど、ユーザーアクションの増加につながっている。

 

キュレーションマガジン「ギャザリー」では、リクルートライフスタイルと連携し、「不適切画像を検出し、排除するシステム」を試験的に導入。

解析を複数段階に分けて重み付けを行い、約95%という精度を実現した。

 

同社は今後も「画像を登録するだけでテキスト情報が入力される」「テキストを入力することによって、

関連する画像が精度高く表示される」という機能の実現をはじめ、画像認識やテキスト分析など非構造化データの解析を進めていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪