「Galaxy S6 Edge」中身を解析!意外な部品を発見!?

スポンサーリンク

2015年2月、韓Samsung Electronicsがフラッグシップモデル「Galaxy S6」「Galaxy S6 Edge」を発表した。

4月10日から世界20カ国で発売され、日本でもNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社が夏モデルとして販売している。

galaxy-s6-edge-exquisitely-crafted-desktop

ある調査によるとSamsungが2014年に出荷したスマートフォンはおよそ3億2千万台で、まさに世界最大級スマートフォンメーカーである。

台数もさることながら、スマートフォンに搭載されるメモリや有機ELパネルでも同社のシェアは世界一。

特にメモリは他社の製品でも広く使用されており、同社を支える屋台骨の1つとなっている。

 

そのGalaxy S6 edge(グローバルモデルのSM-G9250)を分解・調査し、新しくなったところ、変わったところ、世界が注目する新技術、

そして今後のトレンドと日本企業との関係を考察した。

「デュアルエッジスクリーン」

Galaxy S6 Edge最大の特徴といえば、「デュアルエッジスクリーン」と呼ばれる左右の側面が湾曲した有機ELディスプレイ。

Samsungは2014年9月発表の「GALAXY Note Edge」に右側面が湾曲したフィルムタイプの有機ELパネルを採用したが、

S6 Edgeはさらにディスプレイの左右両方を湾曲させた。

 

「Galaxy S6 Edge」最大の特徴は高級感が増したこと。

アルミ合金の筐体を採用し、背面のパネルもガラスコーティングされ鏡のようになった。

 

現在のところこの種の有機ELパネルを量産可能なのは、SamsungグループとLGグループだけと言われ、韓国勢の独断場である。

タッチパネルはアルプス電気または住友化学の製品と推定されており、ディスプレイとタッチパネルの合計推定原価は62ドル。

 

フィルムタイプのフレキシブル有機ELパネルで曲面ディスプレイを実現した。

発光パターンはペンタイル方式で従来のGalaxyシリーズと変わらない。

 

ディスプレイの側面が曲がっていることで、表面のカバーガラスも高額になった。メーカーは米国のCorningと推定される。

平たいカバーガラスは大きなガラス板を切り分けて小型のカバーガラスに成型するが、

本機のように曲面部分があるとこの製法は使えない。

このためU字型の出口を持つ炉から両端が湾曲したガラスを引き上げて形状を整えている。

当然、量産は難しくなり、平面タイプであれば1枚あたり3ドル前後のカバーガラス価格は、本機では約25ドルまで上昇した。

 

Galaxy S6 EdgeとGALAXY S6は、筐体にアルミ合金を採用したのも特徴。

従来のシリーズはこの部分が樹脂製で、フラッグシップにふさわしい高級感という意味ではインパクト不足であった。

 

Galaxy S6/S6 Edgeはアルミ製筐体の採用で美しい光沢と頑丈さを手に入れたが、原価は猛烈に跳ね上がった。

先代の「Galaxy S5」まで使用されていた樹脂製の筐体価格は高く見積もっても数ドルであった。

しかし今回のアルミ製筐体は約25ドルまで跳ね上がり、最も高額な部品となってしまった。

バッテリーを配置する穴などはプレス加工可能だが、それ以外は切削加工など手のかかる工程を経ている。

担当メーカーはSamsung自社のほか、韓KH Vatec、中BYDと推定される。

新機能とそれを実現する部品の特定

新機種を調査する目的の1つは、新機能とそれを実現する部品の特定である。

今回Galaxy S6 edgeを注意深く解析してみたが、ハードウェア面で従来の同シリーズにない新機能は「Qi」規格に準拠した無接点充電のみだった。

 

無接点充電を実現するのは、電子決済等に使用されるNFCアンテナと一体の無接点充電用アンテナと制御IC(ともに米Texas Instruments製)である。

原価にすると2ドル以下と思われ、新機能の搭載が製品原価に占める割合は小さい。

 

Qiは他社スマホでもすでに使われており、どちらかというとSamsungは後発組。

同社は新しい電子部品が登場すると比較的早くスマホに搭載してきた。

そのため、市場が熟すのを待って新機能を投入する他社と比較すると先出しによる「ネタ切れ状態」に陥りやすい。

 

無接点充電とはいえ、Qi規格は充電台と端末をかなり程度近づける必要があるため、充電中に自由に動かすことはできない。

その一方で、(無接点充電にしては)伝送ロスが少ないという特徴がある。

別の方式では充電台と端末の距離をもう少し取れるものもあるが、今度は伝送ロスが大きくなるなど一長一短である。

また新仕様のQiは急速充電も可能になった。

世界シェアが大きいSamsungが採用したことで、グローバル規模で利用が進む可能性が高い。

グレードダウン

新機能の追加と既存機能のグレードアップが行われたGalaxy S6/S6 Edgeだが、S5で対応していた防水・防じんに非対応となった。

S6/S6 Edgeは筐体と部品レイアウトの全面的な見直しが行われており、サイズ的にもさらに防水性能を追加するハードルが非常に高かった。

写真や音楽を保存しておく外部メモリ用のMicro SDカードスロットも姿を消した。

ストレージ容量は32Gバイトまたは64Gバイトのままで、足りない場合はインターネット上のクラウドサービスやスマホ対応のUSBメモリ、

あるいはPCにバックアップすることになる。

世界初の部品

Galaxy S6/S6 Edgeに搭載されているプロセッサはSamsung自前の「Exynos 7420」。

2.1GHz駆動の4コアと1.5GH駆動の4コアを組み合わせた8コアプロセッサで、

14ナノメートルプロセスルールと超微細化製造技術の切り札と言われるFinFET技術を採用した。

 

FinFETは、プロセッサを構成するトランジスタの「ゲート」と呼ばれる電極を立体化することで、

微細化と同時に高速駆動に必要な電流の確保とリーク(漏れ)を防ぐ技術。

上に伸びたゲートが“ヒレ”のように見えるため「Fin」という名前が付いた。

FinFET技術を採用したプロセッサはすでに米Intelが量産しているが、それはPC向けであり、

モバイル向けFinFETプロセッサの採用はSamsungが世界初。

 

プロセッサと連動するメモリ(DRAM)も新しくなった。

現在のスマホに使われるDRAMは「Low Power Mobile DDR3 SDRAM(LP DDR3)」と呼ばれる規格。

本機では次世代規格の「Low Power Mobile DDR4 SDRAM(LP DDR4)」が採用され、データ転送速度と省エネ特性が向上した。

ディスプレイやカメラの性能が向上すると取り扱うデータも膨大なものになり、必要なメモリ容量も増えていく。

いずれは多くのモバイル機器に標準搭載となる規格。

 

ただLP DDR4は新規格ということもあり、部品の価格は同容量のLP DDR3に比べると15%程高くなった。

いち早くLP DDR4を採用したSamsungだが、先頭を行くと追われるのも宿命。

現在は同じ韓国のSK HynixなどがLP DDR4を生産しており、中国製ハイエンドスマホなどに搭載が進んでいる。

 

写真などを保管しておくストレージ用のフラッシュメモリも新しくなった。

大半のモバイル機器では小型化に適し消費電力も少ない「eMM」(Cembedded Multi Media Card)と呼ばれる規格が広く使用されている。

NAND型フラッシュメモリに制御機能を混載したもの。

SamsungはS6/S6 Edgeで新規格「Universal Flash Storage(UFS)」対応のフラッシュメモリを搭載した。

eMMCと比較し10倍以上のスピードで読み書き可能で、現在は東芝もこのフラッシュメモリを量産している。

DRAM同様、価格は同じ容量の場合、従来規格と比べ15%程高くなった。

国産技術は健在

スマホが通信機器である以上、通信関連の部品はどんなに目立たなくてもスマホの影の主役と言える。

Galaxy S6/S6 Edgeの通信部を見ると、村田製作所、TDK(子会社の独Epcos)、太陽誘電の部品がズラリと並んでいる。

 

通信周波数を切り替えるアンテナスイッチは村田製作所とTDKと米Skyworks Solutions製。

特定の信号を通過させるSAWフィルタは村田製作所製、アンテナを共有するために使用されるデュプレクサは太陽誘電製で、

通信部を構成する主要部品のほとんどが日本メーカー製である。

 

ただ今回残念であったのは、搭載が予想されていた村田製作所だけが保有するオールインワン通信モジュール(フィルタ・デュプレクサ・パワーアンプ)を確認できなかったこと。

しかしGalaxy S6/S6 Edgeは供給先ごとに10以上のモデルがあるため、

今回の調査対象ではたまたま使われていなかったのかもしれない。

 

カメラ関連では光学手ブレ補正が今回から標準搭載された。

手ブレ補正機能とレンズを含むカメラモジュールはSamsung Electro Mechanics(サムスン電機)が担当したと推定される。

しかしカメラのフィルムにあたるCMOSイメージセンサーは、ソニーとSamsungの2社で供給している。

また光学手ブレ補正を行うドライバーはルネサスエレクトロニクス製が採用されていた。

カメラ大国ニッポンの技術はスマホでも健在。

スマホの進化は限界に

スマホの進化は限界に達しつつあるのかもしれない。

機能面ではほぼ横並びとなり、その機能を支える電子部品もプレイヤーがそろった状態。

そして電子部品は進歩の次の段階として、統合が始まりつつある。

 

従来は複数個で構成されていた通信部品やセンサーが1個に統合されると、

スマホに搭載される電子部品の数は減少に転ずるとみられる。

世界中のユーザーにひと通りスマホが行き渡り、今後はスマホ出荷台数の伸びがゆるやかになるという予想もある。

電子部品メーカーにとって楽観視できない局面。

 

しかし悪い話だけではない。横並びから一歩踏み出そうと、素材への注目が集まっている。

機能や搭載する電子部品で違いを出せないのであれば、例えば外観で特徴を出す手もある。

今回のGalaxy S6 edgeのように、曲面ディスプレイというユニークな形状にしたり、筐体の素材を見直すなど、変化の兆候はすでに現れている。

 

そして筺体に数十ドルという高額な費用を投じることが現実となった今、自動車用の頑丈な部品を製造しているあるメーカーが、

自社技術をスマホに生かす方法を真剣に検討し始めた。

世界の主要スマホメーカーも製品の差別化につながる技術を探しており、

非常に優秀で競争力がある素材メーカーが多い日本がその舞台になっている。これからは素材に光が当たる時代になるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪