iPod Touch+ガラケーの組み合わせでiPhoneより安く使えるのか? コスト比較・検証

ipod-TOUCH
スポンサーリンク

先日、第6世代となるニューモデルのiPod Touchが発売された。

ダウンクロック版であるもののiPhone 6と同じ「Apple A8」を搭載するなど、高いパフォーマンスが期待できる。

また、価格が安いのも魅力的。

今回は、iPod Touchとガラケーの組み合わせを利用した場合と、iPhone 6を1台使った場合、費用面でどう違いがあるのかを検証する。

ipod-TOUCH

テザリング可能なガラケーでより安く運用する

iPod touchでは、モバイル回線が使えないが、その点は別途スマートフォンのテザリング機能やモバイルWi-Fiルーターなどでネット環境を用意すれば問題ない。

と、そこで考えた人がいるかもしれない。

「もしかしたらAQUOS Kと2台持ちすれば、通話もできてiPhone 6持つより割安なのでは?」。

そう、Android搭載のケータイであるauのAQUOS Kはテザリングもできる。

果たして本当に安くなるのか?

iPod TouchとAQUOS Kの人気モデル「SHF31」または最新モデル「SHF32」の組み合わせを利用した場合と、

iPhone 6を使った場合、費用面でどう違いがあるのかを検証していく。

なお、iPod TouchとAQUOS K SHF31/SHF32、iPhone 6の比較において、AQUOS Kはauのみでの取り扱いになるため、

AQUOS KとiPhone 6はauで契約して使うという前提で比較。

また、iPod TouchとiPhone 6はどちらも16GBモデルで計算する。

以下、本文中の価格は2015年7月現在のものとなり、すべて税別価格。

端末費用の差

iPod Touch+AQUOS Kの端末費用の合計

iPod Touch+AQUOS Kの場合の端末価格。

iPod Touchの16GBモデルの端末価格は24,800円。auでは取り扱っておらずApple Storeや家電量販店での支払いになる。

AQUOS Kの「SHF31」の現在の端末価格は49,680円、「SHF32」は43,200円だが、auの「毎月割」を使えば、

SHF31で毎月780円、SHF32で毎月300円が割引。

さらにMNPでは「誰でも割」、SHF31への機種変更では前回購入から16カ月以上の特典を加味すれば端末料金は安くなる。

どちらも分割支払いや毎月割の期間は36カ月。

一括でも分割払いでも、36カ月利用した場合の毎月割込みでの実質負担額は以下の通り。

AQUOS K SHF31
・機種変更:0円(前回購入から16カ月以上の場合)
・MNP:0円(「誰でも割」適用後)
・新規契約:21,600円

AQUOS K SHF32
・機種変更:32,400円
・MNP: 10,800円(「誰でも割」適用後)
・新規契約:21,600円

iPod Touch+AQUOS Kの場合、トータルの端末代金は、SHF31の機種変更とMNPの場合が最安でiPod Touchだけの価格になり、

最高はSHF32で機種変更した場合の57,200円。iPhone 6の端末価格73,440円よりも安い。

iPhone 6の端末料金

auでiPhone 6を購入して利用するという場合。

16GBモデルは一括でも分割でも最終的には73,440円だが、こちらは毎月割の割引額が機種変更の場合で月々2,040円、

MNPと新規の場合は月々2,445円と、AQUOS Kに比べてはるかに大きい。適用後の実質負担額は下記の通り。

auのiPhone 6(16GBモデル)
・機種変更:24,480円
・MNP:14,760円
・新規契約:14,760円

この価格はキャリアの端末割引を使っているため。

とはいえ実は意外にもiPhone 6でも端末費用は安く済ませられる。

ただし、SIMフリーのiPhone 6を使いたい場合、もちろんこの限りではないので注意したい。

通信費の差

気になる月々の通信費 AQUOS Kの2機種から

端末費用に続いて比較するのは月々の通信費。今回は、SHF31、SHF32、iPhone 6それぞれ5GB使うという想定で計算していく。

まずはSHF31。

基本使用料の「電話カケ放題プラン」が「誰でも割」を適用した場合は月額2,700円、

インターネット接続サービスの「LTE NET」が月額300円。

そしてデータ定額サービスは5GBの「データ定額5」で月額5,000円。

これにSHF31の場合は「AQUOS K スタート割」が適用され1,000円割引となり、合計7,000円。

SHF31の通信料(5GBの場合):月額7,000円

AQUOS K SHF32の場合、SHF31と少し違う料金設定。

基本使用料の「電話カケ放題プラン(VK)」が誰でも割を適用した場合は月額2,200円、「LTE NET」が月額300円、

データ定額サービスの「データ定額5(VK)」が月額5,000円で合計7,500円となる。

基本使用料がSHF31より安いものの、「AQUOS K スタート割」が適用されないため500円高くなっている。

SHF32の通信料(2GB利用した場合):月額7,500円

iPhone 6を使った場合の通信料はAQUOS Kよりやや割高

iPhone 6の場合は「電話カケ放題プラン」で誰でも割を適用した場合で月額2,700円、「LTE NET」が月額300円、

データ容量が5GBの「データ定額5」を利用した場合は月額5,000円で、合計の月額が8,000円になる。

通信料を比較すると同じ5GBの容量でもAQUOS KとiPhone 6では月額500~1,000円ほどの違いが出る。

基本的にデータ通信プランの使用料はAQUOS KとiPhone 6も同じだが、

基本使用料や「AQUOS K スタート割」で差がついてしまい、iPhone 6が割高になっている。

iPhone 6の通信料(5GBの場合):月額8,000円

トータルの費用の差

3者を使い続けた場合のトータル費用

端末価格と月々の通信料について計算してきたが、auで端末の分割払いをしてなおかつ毎月5GBを使った場合では、

iPod Touch+AQUOS Kの2機種だとどれだけ費用の違いが出てくるのか。

使い続けた場合の端末料金と通信料について、まずiPhone 6の分割支払いが終わる24カ月時点で見てみよう。

iPod Touch+AQUOS K SHF31
・機種変更:192,800円(前回購入から16カ月以上)
・MNP:192,800円(「誰でも割」適用後)
・新規:207,200円

iPod Touch+AQUOS K SHF32
・機種変更:226,400円
・MNP:212,000円(「誰でも割」適用後)
・新規:219,200円

iPhone 6
・機種変更:216,480円
・MNP:206,760円
・新規:206,760円

同じ容量を使うとなると、iPod Touch+AQUOS K SHF31は端末料金の割引分だけ安くなるが、

iPod Touch+AQUOS K SHF32とiPhone 6において総額はあまり変わらないという結果に。

ただし、24カ月時点であるため、AQUOS Kに関してはまだ端末代の支払いが残っていることになる。

次にAQUOS K 2機種の分割支払いが終わる36カ月間使い続けたという想定で比較すると、

iPod Touch+AQUOS K SHF31
・機種変更:276,800円(前回購入から16カ月以上)
・MNP:276,800円(「誰でも割」適用後)
・新規:298,400円

iPod Touch+AQUOS K SHF32
・機種変更:327,200円
・MNP:305,600円(「誰でも割」適用後)
・新規:316,400円

iPhone 6
・機種変更:312,480円
・MNP:302,760円
・新規:302,760円

iPhone 6とAQUOS K SHF31を比べた場合、最高で35,680円の差が出たのに対し、AQUOS K SHF32との比較では、

端末支払いの分だけむしろSHF32が割高になった。

新機種のAQUOS K SHF32との組み合わせだとiPod Touchのお得感があまり感じられない。

2台持ちはおトクか

iPod TouchとAQUOS Kの2台持ちはおトクか

実際に比較してみた結果、機種をAQUOS K SHF31にした上で「誰でも割」「前回購入から16カ月以上」といった割引を利用できない限り、

iPod Touch+AQUOS Kでの2台持ちの恩恵は受けられないことがわかった。

「AQUOS Kなら安く済むはず」という思い込みは危険。

iPod Touchそのものは安価で手ごろ。セカンドデバイスとして利用するだけでもリーズナブル。

ただし、さらに通信費を抑えたいならば、ネットや通話機能を利用するメインのデバイスの選択も大事。

今回はAQUOS Kを使った場合を想定して計算してみたが、

iPod Touchをお得に利用したいなら今持っているスマートフォンと組み合わせやMVNOの活用など様々なパターンで検討し、

自分が納得できるコストパフォーマンスの組み合わせを探すのがよさそう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪