明治安田生命 米生命保険グループの「StanCorp Financial Group,Inc」スタンコープ社の買収手続開始で合意

スポンサーリンク

明治安田生命保険はこのたび、

米国の上場生命保険グループである「StanCorp Financial Group,Inc」(以下スタンコープ社)を買収する手続きを開始することについて、

24日(米国時間7月23日)、スタンコープ社と合意したと発表した。

今後、スタンコープ社株主総会での承認や日米関係当局による認可などを条件に、

スタンコープ社は明治安田生命保険の完全子会社となる予定。

このたびの買収は、友好的なものであり、スタンコープ社の取締役会は全会一致で賛同している。

url

海外保険事業の積極展開を通じてグループ全体での成長軌道の確保をめざしている

明治安田生命保険は、2014年3月に公表した「明治安田NEXTチャレンジプログラム(2014~2016年度中期経営計画)」において、

将来にわたり顧客に確かな安心と豊かさを届けるため、国内生命保険事業における商品・サービスの拡充を図るとともに、

海外保険事業の積極展開を通じてグループ全体での成長軌道の確保をめざしている。

 

そのため、明治安田生命保険の海外保険事業においては、既存投資先5ヵ国6社の収益拡大に向け、商品・販売チャネル、

IT・事務サービス、リスク管理等を中心に、同社知見の活用を通じた投資先の企業価値向上に資する取組みを推進している。

また、さらなるグローバルな成長機会の追求に向け、各国の生命保険市場の発展段階や地域分散等もふまえ、

新興国・先進国双方における新規投資先の開拓を推進してきたとしている。

 

米国生命保険市場に関しては、明治安田生命保険は1976年に日本の生命保険会社として初めて進出して以来、

40年近い経験を有している。

同市場は収入保険料ベースで約66兆円の規模を擁する世界最大の市場だが、同社としては、

人口増加と堅調な経済成長を背景に中長期にわたり安定成長が期待できると考えているとしている。

なかでも中間所得層市場は保障ギャップ(保障ニーズと加入実態の乖離)が大きく、高い潜在成長が見込まれており、

この層への保障提供手段としては、団体生命保険が個人生命保険を上回る世帯加入率を有し中核的地位にあることから、

同社はこの分野にも着目してきた。

 

スタンコープ社は、創業100年以上の歴史を持ち、団体保険分野で全米トップクラスの生命保険会社。

米国全土で事業展開しており、団体保険分野での強固な事業基盤を背景として安定的な成長性・収益性と高い健全性を有しているとしている。

また、明治安田生命保険と同様に顧客志向を経営理念として掲げるなど、

生命保険事業経営について明治安田生命保険と共通の考え方をもつ会社だとしている。

明治安田生命保険は、このたびの買収により、海外保険事業の規模・収益の飛躍的拡大を図り、

グループ全体での収益拡大と事業ポートフォリオの多様化(事業リスクの分散)を通じて、

契約者利益のさらなる向上をめざしていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪