SIMフリースマホ「g03」レビュー ハイエンド端末の使用感を紹介

スポンサーリンク

5月1日に発売された「gooのスマホ」。

g01、g02、g03の3機種が発表され、価格が税抜きで1万円、2万円、3万円と非常に分かりやすく、

価格比の性能の優秀さからコストパフォーマンスの高さも評価されている。

今回はハイエンド端末「g03」の使用感をご紹介。

imgres

「g03」

g02と外観のベースは一緒ながら、CPU・RAM・内蔵ストレージ・カメラ・Wi-Fiなどが強化されている。

g03の外観について。

 

他のスマホと比較。

iPhone 6よりは一回り大きく、Xperia Z3とは同じくらいのサイズ感。

 

しかし側面に適度な丸みを帯びているため、Xperia Z3よりも持ちやすい印象。

 

背面のデザインはシンプルで無駄がない。

 

「goo」「ZTE」「g03」と控えめにロゴがプリントされている。

端末の左側面にはSIMスロットとSDスロットが。それぞれピンで引き出すタイプで、SIMトレイは2枚入るデュアル仕様。

しかしながら片一方はGSM専用なので、日本国内で使うことはできない。

試しにau回線であるUQ mobileのSIMを入れてみたが、通信できなかった。

続いては実際の操作画面をチェック。

ホーム画面は凄くシンプル。

 

Android特有の「ホーム画面」「ドロワー画面(アプリ一覧)」の区別はなく、ホーム画面にインストールしたアプリが並ぶ仕様。

シンプルな印象はiPhoneに似ている。プリインストールアプリも最低限のツール系がほとんどで、かなりすっきりしている。

 

設定画面(画像左)はカスタマイズが施されておらず、Android 5.0 Lollipopの素に近い状態。

端末情報では、ベースとなっているZTE「Blade S」の表記がモデル番号に表示されている(画像中央)。

2GBのRAM(画像右)は初期状態での空きが1.2GB。

プリインストールアプリの少なさや、独自機能をほとんど盛り込んでいないせいか。

デザイン、スペック、操作感など3万円で実現した端末とは思えない仕上がり。

価格相応はカメラ機能

g03は1300万画素のカメラを搭載しているので、マニュアルや効果は使わずにオートでの撮影を試してみた。

 

レンズやセンサーの性能に加え、メーカーの色チューニングによっても表現が変わるポイント。

 

撮影条件が良ければ、満足のいく写真の撮影も可能。

g03のスペックは全般的に値段以上の価値があると感じられるが、唯一カメラ機能だけは、3万円という価格相応な低印象。

全体的にくすんだように撮れてしまうのが否めない。

これはスマホのカメラの画質の基準がiPhone 6やXperia Z3、Galaxy S6 edgeなどの定価8万円台の機種になってしまっていることが原因の1つといえる。

スマホデビューなら、SIMフリースマホから!

カメラ機能は価格相応だけれど、それ以外は非常に頑張っているg03。

手頃な本体価格に、セットのOCN モバイル ONEを使えばかなり安い月額料金。

余裕のあるスペックでカクカク動作や不安定な挙動を阻止し、シンプルなホーム画面やメニュー項目は、

初めてスマホに触れる人でも操作に迷わない。

つまりg03は、シニア世代や子供などスマホデビューする家族へのプレゼントにもピッタリではないか。

扱いやすいリーズナブルな端末の登場に、改めて格安スマホ市場の可能性を感じた。

ただし、SIMフリースマホにはメリットだけでなく、デメリットもあることを忘れずに。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪