NVIDIA 「NVIDIA SHIELDタブレット」の自主回収を行うと発表 バッテリーに発熱による発火の恐れ

スポンサーリンク

NVIDIAは31日、2014年7月から2015年7月に出荷された「NVIDIA SHIELDタブレット」の自主回収を行うと発表した。

バッテリーに発熱による発火の恐れがあるため。対象となるタブレットは無償交換となる。

001

「NVIDIA SHIELDタブレット」

対象となるタブレットは、ソフトウェアが、2015年7月1日もしくはそれより新しい日付であることを確認したうえで、

Androidのホーム画面から、「設定」「タブレットについて」「ステータス」を選択し、「バッテリー」カテゴリに「Y01」と表示されたものとなる。

「B01」と表示されたものは、自主回収および無償交換の対象外。

 

なお、対象製品以外については問題は確認されていない。

また、日本国内では政府機関等と連携し、回収へ向けた最終調整を行っている。今後の詳細はリコール特設サイトで随時公開する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪