外貨建て保険のリスク 加入の前に確認することとは?

スポンサーリンク

高い利率が魅力の外貨建て保険商品

最近の保険商品加入の中には「万が一の死亡保険」、「病気やガンになった時の医療保険」だけでなく、

「貯金、資産運用、老後の準備」というニーズがある。このニーズに応え、日本円ではなく外貨建ての保険商品が増えてきた

でも実は加入した後のことを忘れられている

例えば、年金保険であれば、決められた年になれば年金を受け取ることができる。外貨建てならば利率の高さが魅力。

しかし受け取る年金は外貨、または外貨から円に戻すリスクがある

2be727ac05c47e898e23cae1fd93606a-600x400

外貨建て保険のリスク

一般に、円から外貨にかえると手数料がかかる。外貨から円に変えても手数料がかかる。

円高になると円に戻した時に価値が下がってしまうので、外貨建て保険は円ではなく外貨で受取る商品が増えてきた。

それでも「外貨で受け取る」ということは、日本に住んでいる場合、生活費として使う目的であれば「いつかは」円に戻す必要は出てくる。

外貨になっているお金を円にする場合、契約時から受け取りまでの間に円高が進んでしまったら、

日本円に戻す機会を先延ばしにすることもある。その場合、外貨のままキープしておくことが可能な「入れもの」が必要。

「入れもの」とは、銀行口座のこと。

外貨送金を受け取れるのはどこか

保険会社からの外貨建て年金、外貨建て満期金などを受け取る場合、銀行に送金するのにも手数料がかかる

日本円にするとマイナスになり、それを避けるために外貨で受け取る選択をしても手数料が高いとなればなんのために高い利率を選んだのかと、思ってしまうで、

どういう銀行ならば可能なのか、自分の使っている銀行では使えるのかなども確認してみよう

(主な金融機関)
・住信SBIネット銀行 「外貨送金受取サービス」
米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・南アフリカランド・香港ドル

・ソニー銀行「外貨建て被仕向け送金」
米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・スイスフラン・香港ドル・南アフリカランド・スウェーデンクローナ

まとめ

「何十年も先のこと」と思っていても、何も知らない状態でいるのは良いこととは言えない。

この保険商品をおすすめされた人にも聞いてみるといい。

今の時点で保険会社からの外貨建て保険金を受け取れる銀行や、送金の手数料が低い金融機関を確認しておくことで、

未来の安心を一層確認でき、契約に進めるのではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪