「楽天モバイル」初となる専門ショップ「楽天モバイル 心斎橋店」オープン

imgres
スポンサーリンク

フュージョン・コミュニケーションズは、MVNOサービス「楽天モバイル」にとって初となる専門ショップ「楽天モバイル 心斎橋店」を7月31日にオープンした。

オープン当日にはセレモニーを実施し、楽天 代表取締役副社長執行役員、

フュージョン・コミュニケーションズ 代表取締役会長の平井康文氏が登壇。

同店舗で楽天モバイルに申し込むと、先着で10月までの月額料が無料になるキャンペーンなどが発表された。

imgres

「楽天モバイル 心斎橋店」

平井氏は楽天モバイル第1号店を心斎橋にオープンした理由として「非常に最先端の情報に敏感でコスト意識の高い土地柄」という点を挙げ、

「楽天モバイル事業をさらに加速度的に拡大させるための重要な店舗」と位置付けた。

店舗デザインはデザイナーの佐藤可士和氏によるもので、

全国の主要都市へ年内10店舗をめどに「最もオシャレで最も楽しめる店舗」を拡大していく。

なお、広報担当者によると神戸三宮と仙台の出店が決まっている。

 

現在の楽天モバイルの魅力については「昨日(7月30日)発表された『ZenFone2 Laser 8GB』の独占販売など端末の品ぞろえが豊富な点」

「サポートサービスや保証サービスが充実している点」「楽天市場やトラベルなどのサービスと組み合わせによる大きな付加価値や、

楽天モバイル契約者は楽天スーパーポイントが倍付になるなど楽天のサービスとつながっている」という3つを挙げ、

今後は「オンラインとリアルの組み合わせによるコストの最適化と、お客様の声を直接うかがって新たなサービスを開発していく。

全力で真っ向勝負してまいります」と述べた。

MNPが即日契約可能

楽天モバイル 心斎橋店は、大阪の商業ビルがひしめく大阪市営地下鉄御堂筋線の心斎橋駅と、

ビジネスマンの利用が多い四つ橋線の四ツ橋駅をつなぐ地下街「クリスタ長堀」内にある。

このため、地下街には心斎橋の買い物客や四ツ橋のビジネスマンが往来しており、

店舗にはオープン直後からさまざまな人が来店していた。

 

店舗内には楽天モバイルが取り扱う「honor6 Plus」などのスマートフォンやタブレットの実機が用意され、

実際に使い勝手を試すことができる。

店頭窓口は5つ用意され、新規契約はもちろん即日でのMNP契約も可能。

8月2日まではオープニングキャンペーンを実施していた。

毎日先着20人まで、店頭では楽天モバイルを申し込んだ人は10月までの月額料が無料になるほか、

抽選で毎日10人に3000円分がチャージされたEdy-Rがプレゼントされる。

楽天モバイル専門ショップの開設で何が変わったか

楽天モバイルの店舗展開はこれが初めてというわけではなく、

以前から渋谷と二子玉川の楽天カフェや仙台の楽天イーグルショップの店内でも店頭手続きを受け付けている。

では、今回の楽天モバイル専門ショップの開設で何が変わったのだろうか。

 

楽天モバイルの店舗プロモーションを担当する、楽天 楽天モバイル事業マーケティング・ユーザーエクスペリエンス部の篠田泰輔氏によると、

「専門店として積極的に情報発信をしやすいこと」と、「テレビCMなどで興味を持った方が気軽に来店してもらえること」が大きい。

実際に店頭には総合パンフレットも用意し、MVNOの格安SIMではなく携帯電話会社のサービスとして認識してもらえるよう心掛けた。

今後は最新スマートフォンのいち早い展示を検討しているほか、当面は店頭受付が最優先だが、

いずれはスマートフォン教室のような取り組みも考えたい。

 

今後の店舗展開については「まずは、全国のお客様が実際に端末をサービスを手に取って試せるよう、

主要都市を中心に店舗を早急に増やしたい。いずれは大阪の2号店もあるかもしれない」。

また、楽天カフェでの受付では「渋谷はさまざまなお客様が来店されるが、

二子玉川ではカフェにこられた主婦の方が興味を持たれて説明を受けたあと、

休日に旦那様と一緒にご来店されるといった店舗ごとの違いがある」とのことで、

地域や来客層の違いも今後の店舗展開に取り入れていきたい。

楽天モバイルは心斎橋店の発表や展示を見る限り、

今後は格安SIMのMVNOではなく、NTTドコモやKDDIなどの通信事業者と同じような携帯電話事業者のサービスとしてブランドを認知

させたいという姿勢がうかがえる。

現在、MVNO事業者の多くがデータ通信の価格競争を中心に展開するなか、楽天モバイルは楽天グループの付加価値を武器に、

実際の店舗でどこまで既存のスマートフォン市場を切り取れるのか、要注目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪