「iPhone 6S」新筐体のケースを入手 iPhone 6Sとの比較動画

スポンサーリンク

米Appleは9月9日のイベントで発表するとみられる次期iPhone(iPhone 6S/6S Plusと呼ばれている)については様々なうわさが浮上し

ているが、新筐体のケースを入手したとして、カナダのオンラインメディア「Unbox Therapy」がiPhone 6Sとの比較動画を公開した。

6eb60_1186_31f84e47_f8d51da8

iPhone 6とiPhone 6S(仮)のケースのサイズを細かく採寸する

今回の動画は、iPhone 6とiPhone 6S(仮)のケースのサイズを細かく採寸するというもの。

高さや幅が微妙に違うが、Unbox Therapyが注目したのはボタン周りのケースの厚み。

iPhone 6 Plusは、ボタン周りから曲がっていたが、iPhone 6S(仮)のボタン周りの厚みはiPhone 6よりも0.76ミリ厚い1.90ミリになっている。

これなら曲がりにくいとUnbox Therapyのルイスは説明する。

 

この動画では他に、ケースの重さが25グラムで、iPhone 6より2グラム軽いことも指摘している。

ただし、iPhone 6S(仮)は感圧タッチをサポートするといううわさもあり、

そうなるとケースが軽くなっても全体ではiPhone 6より重くなる可能性が高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪