Apple Music モバイルデータ通信を使わず音楽を楽しむ方法 楽曲をダウンロードして聴く

スポンサーリンク

7月1日(日本時間)より「Apple Music」がスタート!

「Apple Music」は、数百万曲という膨大な音楽を個人プラン月額980円(税込)で楽しめる音楽聴き放題サービス。

類似のサービスとしては、最近話題の「LINE Music」や「AWA」がある。

Apple-music

音楽聴き放題サービスを利用する際に気になるのは、データ(パケット)通信量。

音楽は映像コンテンツと異なり聞きながら他の行動ができるため、比較的長時間の利用が可能。

そのため気がつかないうちに大量のデータ通信を行ってしまうケースが起こりうる。

今回は、Apple Musicを利用した際のデータ量と、モバイルデータ通信を使わないで音楽を楽しむ方法について解説。

Apple Musicで使うデータ量

Apple Musicを実際に使用し、モバイルデータ通信量を調べてみた。

 
楽曲名 DL時の通信量
ガッツだぜ!!(ウルフルズ) 約5.7MB
特攻野郎Aチーム(オーケストラ版) 約4.4MB
北酒場(細川たかし) 約6.0MB
JIRENMA(ELT) 約2.5MB
Cold Wind Blows(エミネム) 約7.2MB

ダウンロードした5曲の1曲あたりにおける平均通信量は5.2MB程度となり、10曲聞くと約52MBのデータ通信しているということになる。

ただし、曲によって使われるデータ量に大きな差があったので一つの目安とする。

これだけだと「大したこと無いのでは」と思うが、毎日20曲を20日(合計400曲分)聴いたとしたら、

約2GB(5.2MBx400曲)も利用することになる。月間通信量を3GBのプランで契約をしている人は、気をつける必要がある。

毎日の通勤通学の移動時間にApple Musicを堪能したいという場合は、

月間5GB以上使用できるプランのほうが安心できるかもしれない。

モバイルデータ通信の節約は「オフライン再生」を設定

「格安SIMだから料金は安く済ませたいけど、Apple Musicもしっかり使いたい!」という人は、

Apple Musicの「オフライン再生」を使う。

これは自宅のWi-Fi環境下などで、事前に楽曲データのダウンロードすることで楽曲を聞くことができる機能。

使い方は、まず気に入った曲はダウンロード。

Apple Music内、曲名横の「…」をタップすると、「オフラインで再生可能にする」という項目があり、タップするとダウンロードされる。

すると次回以降はデータ通信を行わずに楽曲が再生できるようになる。

ダウンロードする際は、本体の容量に注意。

63曲ダウンロードしてみたところ、425MBほど消費した。300曲ダウンロードすると2GB使用する可能性がある。

3つのアルバムをダウンロードしただけで425MB使用することなった。

モバイルデータ通信を行わないよう設定

曲をダウンロードしてあるとはいえ、勝手にモバイルデータ通信していないか心配な方もいると思う。

その場合「Apple Music」はモバイルデータ通信を行わない設定が可能。

「設定」→「iTunes & App Store」内の「モバイルデータ通信」をオフにすると、

「自動ダウンロード」「iTunes Match」「Apple Music」に対してモバイルデータ通信を使わず、Wi-Fiのみで通信を行う設定となる。

 

モバイルデータ通信で「Apple Music」を使いたい場合は、この設定をオンにする。

 

この設定を使うことで、不用意なダウンロードや、音楽再生でのデータ量消費が抑えられるので、

しっかりと使っていきたい機能の1つとなる。

「Apple Music」の対応機種はiPhoneやiPod touch、Mac、Windows PC。

しかし、秋からAndroidスマホにも対応し、格安SIM契約者に触れることも多くなる。

その際、「オフライン再生」を上手に活用することで快適な格安SIM音楽ライフを楽しめる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪