Androidでサポートされる「Vulkan」とは?パフォーマンス向上の要因

スポンサーリンク

Androidでサポートされる「Vulkan」とは何か。

今回は、「Androidのここがわからない」をわかりやすく解説します。

imgres

「Vulkan」

Vulkan(バルカン)は、OpenGLなどで知られる標準化団体・クロノスグループが策定したグラフィックAPI。

GPUへ直接アクセスできる仕組みにより、従来のグラフィックAPIと比較して高速な描画を実現できる。

Android OSでVulkanがサポートされることは、Android OSの描画能力アップ、

ひいてはゲームや画像処理に関連したアプリのパフォーマンス向上につながる。

 

パフォーマンス向上の要因には、描画命令(ドローコール)の削減による高速化が挙げられる。

従来使用してきたグラフィックAPI(OpenGL ES)と比較してマルチスレッドへの最適化が進んでいるため、

効率よく並列処理を進めることができ、同期処理を伴わないぶんCPUにかかる負荷を減らすことができる。

GPUに直接アクセスしてムダを省き、並列処理を最適化してCPUコアを効率利用する結果、描画パフォーマンスが向上する。

 

Vulkanのサポートによる具体的なメリットだが、ゲームなどグラフィックを駆使するアプリの負荷低減が挙げられる。

負荷を減らせたぶん、よりリッチなグラフィックを使う余地もでてくるから、繊細さやリアルさも増す。

負荷低減は電力消費量削減にもつながるため、バッテリーのもちが改善される効果も期待できる。

VulkanがAndroid OSでサポートされる具体的な時期は明かされていないが、そう遠くはない。

 

ところで、iPhoneにもよく似たコンセプトのグラフィックAPI「Metal」が用意されている。

iOS 8のとき導入され、高精細グラフィックをふんだんに用いるカーレースやFPSなどゲームアプリが続々登場している。

VulkanとMetalのコンセプトには共通項が多く、描画性能向上などメリットも似ているため、

Android OSでも同傾向のアプリに採用される事例が増える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪