ドコモ「iPhone 5s」でBIGLOBEのSIMを使う 解説・方法

スポンサーリンク
asa_iPhone5s01

「iPhone 5s」

「iPhone 5s」は第7世代iPhoneとして登場したApple製のスマートフォンで、

4型の1136×640ピクセル表示Retina液晶と800万画素カメラを搭載。

シリーズ初の指紋認証センサー「Touch ID」をホームボタンに内蔵している。

 

ストレージ容量別に16Gバイト/32Gバイト/64Gバイトの3モデルがあり、日本ではNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクが発売した。

ドコモ版であれば、ドコモ回線を使うMVNOのSIMがそのまま利用できる。

SIMのサイズは「nano SIM」だ。中古市場での平均価格は16Gバイトモデルが4万4000円前後、32Gバイトモデルが4万7000円前後、

64Gバイトモデルが5万5000円前後(税込。2015年8月3日現在)。

「BIGLOBE SIM」

BIGLOBEが提供する「BIGLOBE SIM」は、ドコモ網を使った個人向けのMVNOサービス。

高速データ通信容量に応じて、データSIMが3種類(3Gバイト/6Gバイト/12Gバイト)、

音声通話SIMなら4種類(1Gバイト/3Gバイト/6Gバイト/12Gバイト)のプランをラインアップしている。

 

仕様上の通信速度は下り最大225Mbps。

余ったデータ通信容量の翌月繰り越しや、追加費用なしで利用できる「BIGLOBEメール」に加え、

2015年9月上旬からは音声通話の「ライトSプラン」と「12ギガプラン」で複数SIMを使ったデータ通信容量のシェアが可能になる。

今回は月900円(税別)から使えるデータ通信SIMを利用。

「BIGLOBE データSIM」の料金プラン(税別)
プラン名 エントリープラン ライトSプラン 12ギガプラン
月額料金 900円 契約から最大2カ月は900円、以降は1505円 3100円
データ通信量上限/期間 3Gバイト/月 6Gバイト/月 12Gバイト/月
追加チャージ料金 300円/100Mバイト
SMS機能付帯料 120円
初期費用 3000円
最低利用期間 なし
解約金 なし
通信速度 下り最大225Mbps/上り最大50Mbps 通信量超過時は200kbps
通信速度制限の条件 直近72時間/600Mバイト以上で200kbpsに制限する場合がある 無制限
SIMサイズ 標準/micro/nano
※2015年8月19日時点

「iPhone 5s」にSIMを装着

SIMカードを装着する前に、本体の電源を切る。

iPhone 5sのSIMスロットは本体右側面にあり、専用ツールを穴に差し込むとSIMトレイが取り出せる。

ペーパークリップを伸ばしたものでも代用可能。切り欠きの向きに注意しながらnano SIMをトレイに載せたら、本体に挿入する。

APNを設定

MVNOのSIMカードを使うには、接続先を指定するAPNの設定作業が必要になる。

iPhone 5sでは、BIGLOBEのWebサイトからAPN情報が含まれた「構成プロファイル」をダウンロードして設定する。

別途、ネット接続用のWi-Fi環境が必要なので注意。

本体の電源を入れ起動したら、ホーム画面の「設定」からWi-Fiをオンにし、SafariでBIGLOBEの会員サポートページにアクセス。

構成プロファイルをダウンロードした後、手順に沿ってインストールする(iOS 8の場合)。

速度

SIMカードの装着とAPN設定が終わったところで、

さっそく実際の回線速度がどれくらいかを回線速度測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」でチェック。

測定は新宿区で、平日の20時前後に行った。

結果は、1回目が下り14.05Mbps/上り7.11Mbps、2回目が下り14.16Mbps/上り6.31Mbps、3回目が下り9.12Mbps/7.20Mbps、

4回目が11.71Mbps/12.13Mbps、5回目が14.54Mbps/8.26Mbps。

帰宅する会社員が多くなる時間帯ながら、十分快適な速度が維持できているといえる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪