スマホに襲いかかるリスクを軽減するケース「LIFEPROOF」の実力とは?防水・防じん・防雪・耐衝撃

スポンサーリンク

水ぬれ、ほこり、本体の落下。

スマホに襲いかかるあらゆるリスクを軽減するスマホケースが「LIFEPROOF」。

今回は「iPhone 6」に対応した3種類のケースをご紹介。

imgres

突然だが、皆さんはスマートフォンに降りかかる物理的なリスクについて、真剣に考えたことがあるだろうか。

例えば、急な雨降りでびしょぬれになって、本体がウンともスンとも言わなくなったり、

砂ぼこりが多い場所に行った結果イヤフォンジャックが使えなくなったり、道路や床に落としたはずみで画面のガラスが割れたり。

このようなことは、どれだけ気を付けても、起こってしまうときは起こってしまうもの。

「iPhone 6」は、防水・防じん設計ではないため、水やほこりに関連するダメージを受けやすい上、

薄型でやや丸みを帯びているため、落下時のダメージも大きくなりやすい。

リスクはゼロにできない。

しかし、それに近付けることはできる。iPhone 6に防水・防じん・耐衝撃性能を持つ頑丈なケースを付けて保護すれば良い。

「LIFEPROOF」

iPhone 6用LIFEPROOFシリーズのラインアップは、スタンダードモデルの「LIFEPROOF fre」、

freに2600mAhの外部バッテリーが付いた「LIFEPROOF fre Power」と、画面に直接タッチできる構造となっている「LIFEPROOF

nuud」の3種類。

いずれも、IP68等級の防じん・防水構造と、米国防総省の物品調達規格「MIL STD 810G-516」を満たす耐衝撃性能を有しているタフ

ネスケースで、「Touch ID」を使った指紋認証にも対応している優れものだ。ティーガイアのスマホアクセサリーショップ「Smart Labo」の

オンラインショップでは、freが1万778円(税込)、fre Powerが1万7258円(税込)、nuudが1万1664円(税込)で販売されている。

装着の前に

LIFEPROOFは、装着する前にする儀式がある。

30分間水没させて、防水性能が確保されているかどうか確認するテスト。

iPhoneを入れずに(nuudはダミーのプラスチックを入れて)いったんケースを組み立て、

イヤフォンジャックとLightning端子(nuudはMicro USB端子)のふたをしっかり閉めてから、

バケツや洗面台などにためた水の中に30分間沈めて、ケースの内側に浸水しないかどうか確かめる。

万が一、1回目のテストで浸水が認められた場合は、ケースを完全に乾燥させてからもう一度テストをする。

それでも浸水が認められる場合は、直ちに購入先に連絡する。

 

浸水しないことを確認できたら、iPhone 6に装着することになるが、その前にやっておきたいことが2つある。

1つは、Touch IDで指紋認証をする場合、ケースを付ける前に指紋登録を済ませておくこと。

これは、ケースの取扱説明書にも書かれている重要事項。

もうひとつは、iPhone 6の画面などに貼ってある保護フィルムを全部はがすこと。

LIFEPROOFは本体を密閉することで防水・防じん・防雪を実現している。

保護フィルムが貼ってあると、本来期待される密閉効果を得られなくなるので、ちょっともったいない感じはするが、はがすようにしよう。

なお、画面の保護については、freとfre Powerはケースの画面側の保護膜が担う。

一方、nuudについては、画面を直接タッチできる、はだか状態なので、ケースを付けただけでは保護されない。

もしも、画面が直接さらされることに不安を覚える場合は、ケースに同梱されている専用保護フィルムを使おう。

 

取り付け方は、freとnuudは共通で、ケースの画面側にiPhoneを置いたら、背面側をしっかりと押し込んではめ込み、

イヤフォンジャックとLightningケーブル部のふたを閉じる。

fre Powerは、外部バッテリーの付いているケースの背面側にiPhone 6を差し込んだら、画面側をしっかりと押し込んではめ込み、

イヤフォンジャックとMicro USB端子のふたを閉じる。

いずれのLIFEPROOFも、画面側と背面側をはめ込んで合わせるときは、全体重をかけてというのはやりすぎにしても、

少し力を入れてやらないと、隙間ができてしまう。少しでも隙間があると、水やほこり・砂が内部に侵入する原因となるので気を付けたい。

隙間なく、しっかりとケースがはめ込まれていることが確認できたら、Touch ID部分を保護しているシールをはがそう。

これで、あなたのiPhone 6は防水・防じん・防雪・耐衝撃性能を手に入れたことになる。

iPhone 6が完全な防水スマホへ変身

準備が終わったら、動作チェック。

まず、防水性能のチェック。

LIFEPROOF fre/nuud/fre Powerを装着したiPhone 6に、これでもかっ、というぐらいに水道水を浴びせてみた。

素のiPhone 6であれば、きっとすぐに電源が落ちて“帰らぬ人”になりそうな勢いで注がれる水に対し、

いずれのケースも素晴らしい防水性能を発揮してくれた。

感動したのが、nuud。繰り返しだが、nuudは、画面部は素のままのiPhone 6である。

率直なところ、水をじゃぶじゃぶかけることに最初はためらいもあったのだが、勇気を出してかけてみたところ、

ケース内部に浸水することなくしっかりiPhone 6を守り切ってくれた。

思わず、「すげぇ」と何度も言ってしまうぐらいにしっかり「防水スマホ」になっていた。

これなら、急な雨や、水に誤って沈めてしまった時も大いに安心できるし、(保証されていないが)風呂やプールサイド、

海での利用もある程度大丈夫そう。もちろん、水にぬれた後、しっかり水を拭き取ればTouch IDでの指紋認証も問題無くできる。

LIFEPROOFの弱点は?

iPhone 6を「タフネススマホ」にグレードアップするLIFEPROOFシリーズのケース。

「少しでも価格を安く」というのであればLIFEPROOF freを、「防水・防じん・防雪・耐衝撃は欲しいけど、画面は素のままがいい」というの

であればLIFEPROOF nuudを、そして「外出時間が長くても安心な外部バッテリー付きがいい」というのであれば、

LIFEPROOF fre Powerを選べばいい。自分に一番合うものを選べばいい。

一方、選択にあたっては、デメリットもしっかり見つめる必要がある。

まず、3種類全部にいえることだが、耐衝撃性能(fre Powerの場合は、加えてバッテリーを収納する場所)を確保するために、

ケースそのものが大きくなっていること。

freとnuudは、防水・防じん・防雪・耐衝撃性能を持つものとしてはコンパクトに仕上がっている方だし、

fre Powerも外部バッテリーを持つケースとしては、やはりコンパクトなのだが、

それでも世間一般に売られているケースの中では大きめのサイズとなってしまう。

iPhone 6の薄さ・軽さをある程度犠牲にせざるを得ないということは知っておきたい。

また、イヤフォン(イヤフォンマイク)については、保護ぶたを回して開けて抜き挿しをしないといけない上、

コネクタの形状によっては直接差し込むことができない。

直接差せないイヤフォンについては、ケースに同梱されている「汎用ヘッドフォンアダプター」を使うと接続できるが、

見た目的にちょっとだけスマートさに欠ける。

これも、防水構造ゆえにある程度仕方のないことではあるが。

なお、イヤフォンを挿している間は防水・防じんではなくなるので注意しよう。

 

さらに、接続ケーブルまわりにも注意したい。

freとnuudは本体のLightning端子をそのまま利用するが、ケース部の構造上、

Apple純正のLightningケーブルのコネクタとほぼ同じサイズのものでないと差し込むことができない。

サードパーティー製に多い、純正よりも太めのコネクタや、Lightning端子を使う周辺機器は、

ケース装着中には差し込めなくなることは心にとめておこう。

fre Powerでは、充電やデータ転送時にケースのMicro USB端子を利用する。

ケースにも充電やデータ転送に使えるMicro USBケーブルが同梱されている。

AndroidやWindows Phoneを併用している人にとっては、手持ちのケーブルが使えてうれしいことこの上ないだろうが、

Lightning端子を使う周辺機器を使っている人にとっては、わざわざケースを外さないと使えないのは面倒。

もっとも、先述のとおり、freやnuudでも、ここは同様。

 

デメリットといえるデメリットはこのくらい。

先述のとおり、防水・防じん・耐衝撃ケース、あるいはバッテリーケースとしては、LIFEPROOFシリーズはコンパクトな部類である。

気になる方は、Smart Labo店頭で実際に触れて確かめてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪