OCN モバイル ONE「カウントフリー機能」が登場 サービスの通信を利用量にカウントしない

スポンサーリンク

NTTコミュニケーションズが提供する格安SIMサービス、OCN モバイル ONEに「カウントフリー機能」が登場した。

この機能、いったいどんなもので、どんなときに役立つのか。

imgres

「カウントフリー機能」

NTTコミュニケーションズが提供している「OCN モバイル ONE」と言えば、言わずと知れた格安MVNO(格安SIM)の老舗。

古くはPHSを利用したMVNOからスタートし、現在では150Mbpsにも達する高速LTEを格安で利用できるサービスを提供する格安SIM

の代表格。

そのOCN モバイル ONEがこのほど開始したのが「カウントフリー機能」。

簡単に言うと「NTTコミュニケーションズが提供している特定のサービスで使ったパケットは通信料がかかりません」という割引サービス。

格安SIMプランの多くに1日や1ヶ月で使用できるデータ量の制限があり、

端末がモバイル接続で通信したデータ全てが利用量のカウント対象。

しかし、対象サービスの通信を利用量にカウントしないという太っ腹サービスの登場は「NTTコミュニケーションズの対象サービスならデー

タ容量を気にせず存分に使ってね」という新しい価値を提供するものとなる。

カウントフリーの対象となるサービスは3つ

050番号で相手によっては無料通話もできる「050 plus」、

最大128GBものデータ保管ができる大容量のオンラインストレージ「マイポケット」、

OCN モバイル ONEのサービス設定などを行うための「OCN モバイル ONE アプリ」。

と言っても、もともと、050 plusはわずか20kbpsという小さな通信速度で高音質の通話ができるサービス。

一時間通話したとしても20MBに届かないくらいですから、110MB/日のコースでも余裕。

実のところカウントフリーが真価を発揮するのは「マイポケット」。

マイポケットは128GBという大容量で、大きなサイズの写真や動画もアップロードできるし、閲覧だけなら追加アカウントも不要。

仮に、110MB/日のプランの場合、データサイズ次第では動画のアップロード途中で容量制限に引っかかってしまうということになってしま

う。ところが、カウントフリーならこの制限から解放される。

動画での例がわかりやすいが、MVNOよりも割高な大手携帯キャリアのパケット定額サービスで月間2GBという契約プランの場合でも、

200MBの動画を毎日アップロードしているとわずか10日でアウトになる。

一方、モバイルONEでは月額900円だけでアップロードもダウンロードも一切制限無しに。

これだけで、カウントフリーの威力が分かるのではないか。

カウントフリー機能は思い出共有に

おすすめの利用シーンをご紹介。

Aさん家族は、節約のためにネットをモバイルONE 110MB/日コースに変更したが、

離れて暮らしてい両親に子供の写真・動画を共有したい。

 

これまでは、使い放題になるオプションを使ったり、遅い通信に我慢したりしながらYoutubeなどのサービスを使って共有するのが一般的

だったが、共有サイトをマイポケットに統一してしまえば問題は一気に解決。

いつでもどこでも最大150Mbpsという高速通信でデータ量を気にせず写真や動画を送ったり受け取ったりできる。

それとは別に、110MB/日までの高速インターネットと、200kbpsの低速インターネットをアプリで切り換えて使える。

ネット環境は本当にこれだけで十分になってしまうかもしれない。

マイポケットは月額300円が別途必要だが、家族や友達への写真・動画の送信が多いならむしろお得になると言える。

いろんなメッセージアプリでも、直接貼り付けるのではなくてマイポケットにアップロードしてSNSやメッセージアプリで共有すれば、

データ量をほとんどかけずに動画が送れる。

合計でも1,200円で写真・動画は実質送り放題。これがOCNのカウントフリーの効用。

ほかのMVNOから今後同様のサービスの発表が考えられるが格安スマホで写真データの整理を考えてる方には価値アリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪