MVNO各社の光コラボ 料金・特典

st_sqa-01
スポンサーリンク

格安SIMと一緒に申込むことでさらにお得になる「光コラボ」についてご紹介。

MVNO事業者が提供する光コラボは、利用者の格安SIMの料金がさらに割引になるだけでなく、

各世帯の毎月の通信費全体がお得になる場合がある。

st_sqa-01

「光コラボ」とは

光コラボレーションモデル。

通称「光コラボ」とは、NTT東西から光アクセスサービスなどの提供を受けた事業者がフレッツ光と自社サービスを組み合わせて提供する

モデルのこと。

自宅の光回線とのセット販売になるので価格やサービス面でお得なサービスが増えてきている。

MVNOの多くが光コラボモデルを提供している。主な事業者を紹介すると以下の通り。

 
MVNO サービス名 割引特典
NTTコミュニケーションズ OCN光モバイル割 1契約あたり
200円/月を割引
IIJ IIJmioひかり 固定1回線ごとの料金を
600円/月割引
ビッグローブ ビッグローブ光 1契約あたり
200円/月を割引
ニフティ @nifty 接続サービス セット割 200円/月を割引
※割引額はキャンペーン等によって変動します。

NTTコミュニケーションズとビッグローブは、それぞれの格安SIM回線が200円づつ割り引かれるのに対し、

ニフティは利用回線数が増えても200円の割引。IIJは固定1回線ごとに600円の割引となっている。

個人で光コラボを利用するのであればIIJが最もお得で、4人以上でかつ家族全員でのMVNO利用を考えている場合だと、

NTTコミュニケーションズとビッグローブがお得になるということ。

もちろん、これは上に挙げた会社での比較。他にも個性的なプランを出している会社は多数ある。

 

個性的なプランの代表例が、U-NEXTの「U-NEXT 光コラボレーション スーパーファミリーバリュー3」。

これは固定の光回線に3回線(通話プラスLTE使い放題)がセットになっており月額10,000円という驚きの価格設定。

これまで無かった大胆なプランといえるのではないか。

もちろん、単純な値引き合戦というわけではなく、

通常は有料で提供されているセキュリティオプションやクラウドサービスなどを無料提供している会社もある。

格安SIMや格安スマホを選ぶ時と同じく、用途や目的に応じたプランを選択する必要がある。

光コラボのデメリット

料金が安くなったり、サービスが受けられるいうメリットだけでなく、いくつかデメリットもある。

特に気をつけたいのが「最低利用期間」による囲い込みと、更新月以外での解約の際に発生する解除料金。

格安SIMの多くは、データ通信SIMの場合は「最低利用期間」は設けず、音声通話SIMの場合でも半年から1年の最低利用期間に留め

ている。大手ケータイキャリアが設定している2年間の最低利用期間よりも短く消費者の自由度が高いのが特徴。

光コラボに申し込む場合は、大手ケータイキャリア同様に2年間の最低利用期間が発生するので、

更新月以外での解約には解除料金が発生する。

また、光回線とスマホの回線を同時に契約して受けられる割引サービスなので、例えば固定回線の契約を途中で辞めてしまうと、

割引そのものが受けられなくなるので注意が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪