日本通信 b-mobile スマホ電話SIMでMNP弾(回線)を作ろう!

PAK85_SIMkoukan20141025172124500
スポンサーリンク

b-mobileの「スマホSIM電話」はMVNOのSIMなのに電話もできます。

もちろん、MNP対応です!

 

MNPの弾(回線)作りに人気のb-mobile、安全性と初心者にもいろいろと手がつけやすいのが特徴ですね。

それでは、ご覧ください!

スポンサードリンク

 キャリア契約との違い

キャリア契約は簡単に済ませられるというメリットがあります。

ただ、短期間でMNP転出・転入を繰り返すと、一定期間キャリアと契約ができなくなるブラックリスト入りしてしまう恐れがあります。

 

b-mobileはブラックリストに入る心配がほぼないのです。

即解約でMNPしてもブラックリストに載る心配もありません

MNP弾を作るには最適なのです。

 

キャリア契約には〇〇日ルールというものがある

MNPを繰り返せないようにするために〇〇日(ドコモ90日~180日、ソフトバンク180日、au120日~180日)以内に新規契約を制限するというもの。

1名義につき電話回線は2回線までとされています。ただし、データ通信プランはなんと5回線までいけます。

 

b-mobileのSIMの入手方法

一番お手軽な購入方法が、amazon・楽天ネットショッピングですね。

日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData マイクロSIM [AM-SDL-FDM]

実はスマホ電話SIMには何種類かあるのですが、ここでは一番簡単で楽な「フリーDATA」というバージョンを購入します。
他でも問題ないですが、一応確実にMNPできるこれがおすすめです。

 

課金対象が開通日を起算とするため、SIM購入だけであれば費用の請求はない

イオンで購入する以外のパターンは全てMy b-mobileにて手続きを進めるため、何かと都合が良いです。
MNPの発行もここで行いますので、オペレーターにあーだこーだ言われる必要もなく、050の番号しかなくてこまることもありません。

イオン専用SIMの場合は申込書を記入し、店頭からFAXを流して申請登録をするようです。

複数回線を申し込む場合も申込書を複数枚記入するだけでOKのようです。

クレジットカードも1つにまとめることもOKとのことです。

 

開通方法

amazon・楽天ネットショッピングでスマホ電話SIMのパッケージが届いたら、中に同封されている説明に従ってWEBから開通手続きをします。

このとき身分証明書が必要になるので免許証などをカメラで撮影するかスキャナーで取り組んで入力します。

 

2~3日で開通します。開通すると郵送でコードがおくくられてくるので、これをWEBで入力。

そして、すぐにMNP番号を発行できるようになりますので、これもWEBから発行。

簡単にできます。

 

ここまで、誰とも会う必要も話す必要もありません。お手軽ですね。

 

MNP弾(回線)作成にかかるコスト

日本通信Bモバイルスマホ電話SIMでMNP弾(回線)を作るときにかかる費用の内訳

パッケージ費用 3000円
契約事務手数料 3000円
基本使用料 初月分 1560円
解約金 8000円
MNP転出手数料 3000円

 

合計15560円になります。(プラス消費税8%)

この金額を元にMNPの案件を探し出す訳ですね!

 

ローリスク、低料金で、初心者にもはじめやすいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪