中国Smartisan 日本進出第1弾!若者向けスマホ「JianGuo(ジェングオ)」スペック

スポンサーリンク

中国Smartisan(錘子科技)は8月25日、2015年秋に日本のスマートフォン市場に参入することを発表した。

si-smartisan-01

日本進出第1弾として、同日に発表・発売された若者向けスマホ「JianGuo(ジェングオ)」を2015年秋に発売する計画。

2015年内には、ハイエンドスマホ「T2」の発売も予定している。

 

Smartisanは2012年に現CEO(最高経営責任者)の羅永浩氏が創業したスマートフォンメーカーで、

2013年にAndroidベースの独自OS「Smartisan OS」を開発し、2014年にフラッグシップスマホ「T1」を発表した経歴を持つ。

T1は、そのデザインの秀逸さが複数のデザイン賞で評価されている。

日本市場進出にあたり、Smartisanは9月をめどに日本法人を設立する。

現在、日本の大手キャリアやMVNO(仮想移動体通信事業者)とJianGuoの販売に関する交渉を進めているところ。

 

日本参入第1弾となるJianGuoは、「シンプルかつ上品」をコンセプトに、T1のデザインを手がけたチームがデザインを担当している。

プロセッサはQualcomm Snapdragon 615(1.5GHz・4コア+1.0GHz4コア)、メインメモリは2Gバイトと、必要十分な処理能力を確保して

いる。ストレージは16Gバイトと32Gバイトの2種類を用意している。

ディスプレイはシャープまたは台湾AUO製の5.5型フルHD(1080×1920ピクセル)液晶で、メインカメラは有効1278万画素、

インカメラは有効491万画素のセンサーをそれぞれ搭載している。ストレージは16Gバイトと32Gバイトの2種類が用意されている。

OSは、Androidベースの「Smartisan OS 1.5」を初期導入しているが、後日「Smartisan OS 2.0」へのバージョンアップが行われる予定。

スペック

「JianGuo」の主な仕様(中国仕様)
機種名 JianGuo(中国名:堅果手機)
OS Smartisan OS 1.5(Androidベース)
(後日、Smartisan OS 2.0にバージョンアップ予定)
ディスプレイ(解像度) 5.5型フルHD液晶(1080×1920ピクセル)
CPU Snapdragon 615(1.5GHz・4コア+1.0GHz4コア)
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト/32Gバイト
外部メモリ 非対応
メインカメラ 有効1278万画素
インカメラ 有効491万画素
サイズ(幅×高さ×奥行き) 76.9×152.9×9.0ミリ
重量 約155グラム
対応通信規格 FDD-LTE(Band 1/3/7)
TDD-LTE(Band 38/39/40/41【Band 41は中国のみ】)
W-CDMA(Band 1/2/5/8)
TD-SCDMA(Band 34/39)
GSM(Band 2/3/5/8)
SIMカードスロット Micro SIM×2(うち1つは、GSM専用)
カラー Red、Orange、Yellow、Green、Light Blue、Blue、Purple

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪