最安!?月額490円でスマホを維持できる!?MVNOとは?

BON85_pcsutu20150207161815500
スポンサーリンク

ドコモやau、ソフトバンクなどなど、

大手キャリアでは安くても月々6,000円くらいはかかってしまうのではないでしょうか?

 

やっぱり維持費は安く済ませたいところです。

実はMVNOという方法ならば、
月490円でスマホを使うことができるのです!

その方法とは?ご覧ください!

スポンサードリンク

MVNOとは?

MVNOとは、インターネットのプロバイダのようなものです。

MVNOの提供するサービスは、データ通信と音声通話の2種類。

NTTドコモの通信網、データ通信と音声通話を利用したサービスが多い。

NTTドコモの通信網を利用したサービスなら、全国に広く敷かれた高品質なネットワークを利用できる。

音声通話などを省いてデータ通信用に特化することで、NTTドコモよりも低価格でサービスを提供。

料金 サービス内容

各社サービス内容はさまざま。初期費用3150円。

DTIならば100kbpsで月額490円。プラス150円でSMSが利用できます。

別途オプションで音声通話(IP電話)も利用できます。

b-mobileならば150kbpsで月額980円。プラス1,000円でSMSと音声通話(携帯番号もそのまま)も利用できます。(別途MNP手数料がかかります)

OCNならば200kbpsで月額980円。毎日30MBまでならば最大112.5Mbpsと超高速。プラス315円で音声通話(IP電話)が利用できます。

IIJならば200kbpsで月額945円。月500MBまでならば最大150Mbpsの高速LTE網を利用できます。

使用方法

対応した端末(スマホ)を準備する

MVNOとは、携帯会社の通信網を利用するサービスのため、利用するMVNO(=携帯会社の通信網)に合った端末が必要になります。

新品や中古品のSIMフリー端末を購入する。(Amazonや楽天などでも購入できます)

NTTドコモのスマホを持っていれば、NTTドコモのMVNOでそのまま利用できます。

利用したいMVNOサービス会社に申し込む

端末が準備できたら、次はMVNOサービス会社に申し込みます。

申し込み完了からしばらくすると、SIMカードという小さなカードが送られてきます。

なお、MVNOサービス会社のほとんどが、クレジットカードでの料金支払いとなるようです。

DTIの場合、ネットでのお申し込みから1週間程度でSIMカードをお送りします。

端末にSIMカードを挿入して設定を行う

SIMカードが送られてきたら、次は端末にSIMカードを挿入します。

端末ごとにSIMカードの場所が異なるので、どうやって挿入するのかわからなければ、
取扱説明書で確認した方が良いです。

その後、端末画面から設定となりますが、このあたりはMVNOサービス会社のサイトに
詳しい説明がありますので、そちらを参考にしてください。

注意点

SIMカードは大きさが3種類あります。

NTTドコモの通信網を利用したMVNOでも、SIMフリー端末だと屋内や山間部でつながりにくい。

テザリング対応のドコモスマートフォンでも、MVNOだとWi-Fiテザリングが出来なくなる。


 

 

MVNOを駆使してワンコインでスマホを維持してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪