MNPでより多くのキャッシュバックをもらう方法 iPhone・Androidから最新機種まで!

МNP
スポンサーリンク

MNPで最新機種、iPhone、Androidスマホに乗り換え、かつ、より高額なキャッシュバックをもらう方法をご紹介します。

実際、どこのショップで契約したらキャッシュバックが一番お得にもらえるのかわかりますか?

МNP

携帯販売には、ソフトバンクショップなどの公式ショップ、ヤマダ電機などの家電量販店、MNP専門のオンラインショップなど様々な販売方

法があり、キャッシュバックの金額はどの方法を選ぶかによって最大5万円程度違ってくることがあります。

販売方法とキャッシュバック、メリット・デメリット

販売方法 キャッシュバック 特徴
Web販売店
(おとくケータイetc)
20,000
〜50,000円
  • 店舗運営費がかからないため、キャッシュバック金額が大きい
  • オンラインでの購入ではなく、実際に全国の店舗に足を運んで決断できるので安心
  • デメリットとして、ソフトバンク携帯しか取り扱いがない(au、ドコモは公式オンラインショップのみ)
携帯ショップ
(テルル、カメラのキタムラ etc)
5,000
〜30,000円
  • 2年縛りでなく、契約時に端末代金が無料になる「一括0円」の端末が多く存在する
  • デメリットとして、「有料オプション」という携帯代金とは別に月額課金のコンテンツを契約させられる場合がある
キャリア公式ショップ
(ソフトバンクショップetc)
0
〜10,000円
  •  販売ルートの中で、最優先で最新機種が入荷する
  • キャッシュバックに関しては、出ない場合が多い
  • 混雑している場合が多い
キャリア公式オンラインショップ 0
〜10,000円
  • 販売ルートの中で、最優先で最新機種が入荷する
  • キャッシュバックに関しては、出ない場合が多い
  • オンライン上で予約できるため、当日ストレスが少なく受け取れる
家電量販店
(ヤマダ電機etc)
 5,000〜20,000円
  •  現金ではなく、ポイントで還元される場合がある

 

多くのキャッシュバックをもらうには?

au、ドコモ⇒「おとくケータイ.net」などのWEB販売店

ソフトバンク、一括0円で購入⇒「テルル」などの携帯ショップ

がオススメです。

 

キャッシュバック金額にこだわるならWeb販売店

Web販売店のメリット

「おとくケータイ.net」などのWEB販売店では、iPhone6へのMNPで3万円がもらえます。

AQUOS CRYSTALなど機種によっては5万円をキャッシュバックなど、キャッシュバック金額が最も多いのがメリットですね。

 

ソフトバンク携帯のみ取り扱いがある

au、ドコモは公式サイト以外のWeb販売に関して、現在取り扱いしている会社がありません。

Web販売店を利用できるのは、現在ではau・ドコモをご利用の方のみになります。

 

対面契約なので安心

ネット通販のように、Web上で購入手続きが行われるわけではなく、電話予約の上で、

各社の運営事務所に取りに行くスタイルになります。

その場で実物を見て、気に入らなければ契約しないということもできるので、安心ですね。

 

おススメのWeb販売店

おとくケータイ.net

『おとくケータイ.net』は、Web販売店の中でも最大手です。

大きなメリットとしては、

  • 全国に店舗があり、アクセスが容易
  • 最大手でありキャッシュバック資金が豊富
  • キャッシュバックが、翌月末と速い

『おとくケータイ.net』よりも、良い条件が出ることは非常に稀だと思います。

のりかえプロデュース

『のりかえプロデュース』は、東京・大阪・名古屋に店舗を構える会社です。

こちらの会社は、電話対応も誠実で、キャッシュバックの他に「来社までの交通費負担」をしてくれるなど、

とてもいい会社なのでおすすめですね。

 

MNPする時期や、2人以上まとめてMNPする場合などの場合『おとくケータイ.net』よりもいい条件が出る場合もあります。

スマホカフェ

『スマホカフェ』も、Web販売店では古参で、全国で人気があります。

一括0円での販売にも、力を入れ始めており、おとくケータイ.net、のりかえプロデュースと並ぶ3大販売店の1つです。

上記以外にもWeb販売店はありますが、実際にキャッシュバックが支払われないケースなども多くあります。
万が一、上記以外の店で契約する場合も、価格.comYahoo知恵袋の口コミをWebでチェックしておくといいでしょう。

一括0円で買いたい人は、携帯キャリアショップ

すでにソフトバンクを持っていて、Web販売店で契約できない人、一括0円で端末代金を2年縛りなく契約したい人には、

携帯ショップがおすすめです。

注意!実質0円と一括0円の違い

本体一括0円の場合、端末ごとの費用分だけ月々の携帯代金から引かれていくと考えるとわかりやすいかと思います。

機種によってどれだけ安くなるかは変わりますが、およそ2,000〜3,000円ほど月々安くなります。

一括0円を実施している携帯ショップ

最新の情報をつかむためには、Twitterを利用しましょう。

Twitterの検索で「#一括0円」のように入力すると、一括0円で携帯を販売しているショップが表示されますので見てみてください。

 

東京に済んでいるのであれば、「#一括0円 #東京」のように、自分の地域でさらに絞り込むとよいでしょう。

注意!有料オプション

高額なキャッシュバックのように見せて、実は有料のコンテンツサイトに数ヶ月登録することを条件としているケースが多くあります。

その費用以上のキャッシュバックがもらえるのでお得ではあるのですが、初心者には注意が必要です。

しっかりと、チェックしましょう。

au、ドコモの有料オプションは解約が非常に面倒

ソフトバンクの有料オプションは、「My Softbank」とよばれるソフトバンクユーザーのマイページ上から簡単に解約できます。

しかし、au、ドコモの場合は、それぞれの有料オプションの解約が複雑で、その結果放置してしまって継続的に課金され続けるということ

が多くあります。

ご契約の際はご注意いただいて、解約する時には、検索エンジンなどで「有料コンテンツ解約方法を教えます」のようなサイトを参考にし

てみてください。

キャッシュバック金額を更に上昇させるためのテクニック

あなたの交渉次第では、サイトやTwitter上などに明記されている金額から、さらにキャッシュバックをもらえるかもしれません。

 

月末に交渉する

月末に交渉することで、キャッシュバック金額をたくさんもらえることが多くあります。

なぜかというと、各ショップで月々の販売ノルマが決まっており、それを達成できないと場合によっては違約金が発生するからです。

 

つまり、月末では各ショップとも、ノルマを達成するために多少損をしてでも販売するケースが多いので、

余裕があれば月末に交渉してみましょう。

解約手数料で悩んでいることを伝える

どのキャリアでも、携帯は2年ごとの更新が基本であり、更新月とよばれる「携帯を契約したちょうど2年後の月」に乗り換えをしないと、

解約金が1万円前後とられてしまいます。

 

これは、MNPを行う上でのデメリットになりますが、逆にこの解約手数料で、正直にMNPするか迷っていることを販売店に伝えることで、

解約手数料負担金という形で5,000円〜1万円ほど追加でキャッシュバックしてくれる場合があります。

複数のお店にキャッシュバックの相談をする

獲得できるはずのお客様がほかの店舗に取られることをどのショップも嫌います。

これは、、MNPに限った話だけではありませんが、

「A社では3万円を提示してくれたので悩んでいる」など実際に問い合わせや訪問してもらったキャッシュバック金額をベースに交渉するこ

とは、基本的ですが、とても有効です。

公式ショップで買うデメリット

スマホを購入するというと、ソフトバンクショップなどのキャリア公式ショップ、もしくは家電量販店の携帯コーナーという印象がありますが、

実際には運営維持費がかかっているため、一番お得でない選択肢です。

サポートも公式で買わないとついてこない訳では当然なく、どこで買ってもキャリア公式のサポートはついてきます。

 

MNPであれば、確実に「おとくケータイ.net」や「のりかえプロデュース」などのWeb販売店か携帯ショップがおすすめです。

スマホの料金などは本当にわかりにくいですが、正しく知識を得て、月々の携帯代金を圧倒的に安くしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪