iOS 9「メモ」アプリの使い方

iOS 9の「メモ」アプリ
スポンサーリンク
iOS 9の「メモ」アプリ

見出しとリスト

リッチテキストもこれまでは太字と斜体、下線のみでしたが、iOS 9では本文とタイトル、

見出しで3種類のサイズのフォントが使い分けられるようになっています。

 

フォントの変更の仕方は、太字と斜体、下線の場合は文字をタップで選択して、メニューの「BIU」をタップして変更したいフォントを選ぶ

だけ。また、見出しなどの場合は、テキストを書き込んだ後にテキストをタップして変更したい部分を選択。

「+」ボタン→「Aa」アイコンをタップして、メニューから変更したいスタイルを選びます。

 

また、文字スタイルを選択できるメニューの中には、箇条書きリスト、点線付きリスト、番号付きリストという3種類のリストもあり、

リストが簡単に作れるようになっています。

手書き入力にも対応 キャッチーなメモも作成可能に

iOS 9のメモアプリの新機能として最も目を引くのが手書き入力。

画面をメモ帳代わりに指やスタイラスで文字やイラストを入れられるようになっています。ペン先はフェルトペンタイプやマーカータイプ、

鉛筆タイプなど3種類、定規、消しゴムが用意され、また色を変えることも可能。

ペン先と色を選べばあとは画面に描くだけ。お絵かきツールの感覚で入力できます。

 

またメモアプリの共有機能を使えば手書き入力のメモも画像として共有でき、メッセージやメールなどで送る、

Facebookにアップといった使い方が可能です。

Webサイトも共有機能で取り込んでメモ化

メモアプリの意外な機能として、Webクリップ機能が使えるようになったことです。

使い方は簡単。Safariを起動してクリップしたいサイトを出したら、共有ボタンをタップし、出てきたアプリリストから「メモ」を選びます。

保存の際、メモにテキストを追加・または保存先の選択も可能。

 

メモアプリにはサイトのアイコンとヘッダーによるテーブルが保存され、これをタップするとWebへ移動する仕組みになっています。

残念ながらサイトのレイアウトごとのキャプチャーはできませんが、1枚のメモに複数のリンクをクリップすることやテキストなどを入れることが

できるので、リンク集的な使い方ができるでしょう。

メモアプリを使ってメールの定型文を作成するには

またメモアプリで便利な点は、共有機能を活用することでメールアプリ用の定型文をあらかじめ作成できる点です。

 

方法はまずメモアプリであらかじめメール用の定型文を入力して保存します。メールを作成する際にはメールアプリではなく、

メモアプリの定型文を記したメモを開いて、共有ボタンをタップ。その後、メールアプリを選択すれば、

メモの文言がそのままメールにコピーされます。

 

また、iOS 9のメールアプリを使用する場合、タイトル・見出しといった文字スタイルもそのままメールに引き写されるようになっています。

 

メモアプリにはメモ一覧で下方向にスワイプすると検索フォームが出るようになっています。

メモアプリから定型文を探したい時はこの検索フォームを使うか、もしくはSpotlight検索を利用すると良いでしょう。

 

iOS 9で様々な入力や機能に対応しているメモアプリ。EvernoteやOne Noteなどのノートアプリのような使い方ができるようになりました

が、何といってもiOSデバイスで手書きができる点はユニークでしょう。

また、共有機能で他のアプリと連携できる機能を生かせば、下書きや手書きメモの送信など使える範囲が広がりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪