iPhone 6s / 6s Plus iPhone 6 Plusとの比較・レビュー・注目点

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」
スポンサーリンク

iPhone 6s / 6s Plusが発売された。

ご存知の通り、iPhoneはナンバリングが変わった翌年、製品名に「S」をつけてよりブラッシュアップしてくるのが常である。

今年はそのマイナーチェンジの年にあたるわけだが、果たしてどの程度進化したのだろうか。

iPhone 6sを手にする機会を得たので、iPhone 6 Plusと比較しながらレビューする。

「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」

今回、入手したのはiPhone 6sのローズゴールド。

今回新しく追加された新色である。ピンクだと思われがちだが、トーンは落ち着いていてそこまで派手ではない。

上品なので大人の男性が持っていても違和感はないと思う。

見た目

iPhone 6sは一見するとiPhone 6と見分けがつかない。

実はほんの少しだけ縦・横・厚さが増しているのだが、横に並べて神経質に比較しなければわからないレベル。

唯一、重さだけはそれなりに増量しており、左右の手に新旧モデルを持って比べると何となく違いがわかる。

ただし、これも一般的には言われたらわかるくらいの違いだと思う。

 

前モデルで賛否両論だったDラインと、出っ張ったカメラモジュールもそのまま踏襲されている。

良いところもいまいちなところも含めて、iPhone 6sの見た目は前モデルからほとんど変更がない。

 

一方、中身の方はどうか。

Retinaディスプレイ、指紋認証、Siriなど、モデルチェンジのたびに新しいユーザー体験を提供し続けてきたAppleが、

今回用意してきた新機能は大きく分けて二つ。3D Touch、そしてカメラの大幅な進化である。

3D Touch

まずは3D Touchから試してみよう。これは画面を強く押しこむことで使える便利機能のこと。

長押しではなく、画面をグッと押す強押しである。言葉だとわかりにくいが、実際に使ってみるとその違いはすぐにわかる。

この強押しで何ができるのか。たとえばホーム画面でアプリアイコンを押し込むと、ショートカットが表示される。

カメラなら「セルフィー(自撮り)を撮る」「ビデオ撮影」「スローモーション撮影」「写真を撮る」といった具合。

 

たとえばこれまで、FaceTimeカメラ(内側カメラ)で自撮りする場合、一旦カメラを起動してからカメラの向きを変えるアイコンをタップして切

り替える必要があった。強押しから「セルフィーを撮る」をタップすると、その切り替え作業をすることなく、

いきなりFaceTimeカメラを起動できるというわけ。また、メール画面では1回目の強押しでメールの中身をのぞき見することができ、

そこからさらに2回目の強押しでメールを開くといった機能もある。

 

これだけだと、ほんのちょっとした手間をショートカットしているだけに思えるが、今後サードパーティーのアプリにも強押しが加わってくる

と、思いもよらぬ便利なアイデアが生まれる可能性もある。これまで、タップ、スワイプ、

長押しという平面的な操作しかなかったiPhoneに縦軸の動きが追加されたわけで、実はこれ、けっこう大きな進化だと思う。

 

3D Touchの可能性については大いに期待したいところだが、気になる点もある。強押しがハードウェアに依存した機能であり、

現状ではiPhone 6s/6s Plusしか使えないということ。もちろん、今後どんどん新機能や対応アプリが追加されるのだろうけど、

iPhone 6/6 Plus以前の機種を使っているユーザーを切り捨てるわけにもいかないだろうから、3D Touchに重要な機能は載せづらい。

そのため、しばらくはあるとちょっと便利な機能に留まるのではないか。

 

3D Touchはたしかに便利だが、現時点ではiPhone 6から機種変更してでも急いで導入すべき! とは言い難い。

劇的に進化したのはカメラ機能

 800万画素だった画素数が1200万画素に向上した。
画素数が上がると画質が落ちるのではないかという不安があるが(一般的には画素数が増えると画質が向上すると思われがちだが実は
逆である)、杞憂だった。自前のiPhone 6 Plusと何枚か撮り比べてみたが、画質の劣化は感じない。
逆にいえば特に向上もしていないわけだが、画質を保ったまま400万画素アップしてきたのは、かなりがんばっていると思う。
実はPlusと非Plusによる画質差の方が大きい。
というのも、iPhone 6s Plusに搭載されている光学手ブレ補正がiPhone 6sにはないため、手ブレを防ごうとしてシャッター速度とISO感度
を上げる傾向にあるからだ。ISO感度が上がると画質は顕著に落ちるため、夜間など光の少ない場所ではiPhone 6s Plusの方がiPhone
6sより画質が良くなる。

Plusの方は1/4秒までシャッター速度を落としてもブレていないのに対し、6sの方は1/15秒までシャッター速度が上がり、

にも関わらず少しブレている。もちろんPlusと非Plusの最大の違いはディスプレイサイズなのだが、写真に関しても違いがあることは覚え

ておきたい。

 

また、細かいところでは、前モデルと比べてホワイトバランスが少しだけ暖色傾向に変わった印象を受けた。

 

お皿の白い部分に注目してほしい。iPhone 6sで撮影した写真の方が、わずかに黄色がかっている。

この1枚だけでなく、他の写真も同じ傾向だったので、ホワイトバランスが調整されているとみてよさそうだ。

人肌や料理に関してはこちらの方が好ましい印象である。

FaceTimeカメラに関しても大きな進化があった。画素数が120万画素から500万画素になり、さらにRetina Flashなる機能が搭載された。

これ、簡単にいうと画面そのものを強く光らせてフラッシュを代用するというもの。

言うまでもなく、世界的なセルフィー(自撮り)ブームを受けての進化だろう。

光量は決して強くないのだが、そもそも自撮り自体、自分の顔がカメラに近いので、この程度でも十分である。

 

Retina Flashの光量調整はかなりうまいが、さすがに真っ暗な場所では、いかにもフラッシュを焚いて撮った写真になってしまう。

むしろオススメしたいのは、逆に明るい場所で使う方法だ。たとえば逆光で背景が白く飛んでしまうのを防いだり、

顔の影を消したり、瞳にキャッチライトを入れて表情を生き生きさせたりする用途で使いたい。

Live Photosにも注目

今回、話題になった写真機能といえば4K動画とLive Photos。特に気になるのはLive Photosである。

これは、シャッターを押した瞬間の前後1.5秒を動画として撮影してくれる機能で、何もしなければ普通の写真だが、

強押しすると動画が再生される。

 

最初はピンとこなかったが、使ってみるとこれがなかなか面白い。たった3秒とはいえ、音声と動きがあると臨場感がぜんぜん違う。

 

「動画が撮りたいなら最初からビデオモードで撮ればいい」と思うかもしれないが、そうではなくて、

普通に写真を撮る感覚でついでに撮れるお手軽さがイイのだ。もちろん、保存容量は写真だけと比べると倍消費してしまうので、普段は

オフにしておいて、旅行やイベントの時はオンにするなど使い分けるといいだろう。

スピードが向上

3D Touchやカメラなど派手な変更以外では、全体的に操作のスピード感が増したことを実感した。

それも体感ではっきりわかるほどの違いである。たとえば、iPhone 6 Plusでは10分も遊ぶと本体が発熱して動きが悪くなるゲームを

iPhone 6sでプレイしてみたが、まったく問題なく長時間遊ぶことができた。

 

また、iPhone 6 Plusではフリック入力でテキストを打つとき、指の動きにフリックの反応がついてこないことが多かったのだが、

iPhone 6sでは完璧なスピードで指に追従してくる。iPhoneで原稿を書くことも多い身としては、実はこのスピードの向上が一番グッときた

進化でもある。

 

外観だけ見るとローズゴールドが追加された以外に違いが見いだせないiPhone 6sだが、

中身の方はかなりの進化を遂げていた。個人的にはLive Photosとサクサク感の向上が大きい。

このあたりに魅力を感じるなら、iPhone 6sに乗り換える価値はありそうだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪