ドコモ「Galaxy Active Neo SC-01H」スペック・発売日

Galaxy Active Neo SC-01H
スポンサーリンク

NTTドコモは9月30日、サムスン電子製のタフネススマートフォン「Galaxy Active Neo SC-01H」を発表した。

ボディカラーにCamo WhiteとSolid Blackの2色を用意し、11月上旬の発売を予定している。

Galaxy Active Neo SC-01H

「Galaxy Active Neo SC-01H」

ボディは防水/防じん/耐衝撃に加え、温度耐久や塩水耐性などMIL規格(米国防総省の物資調達規格)の21項目の準拠。

さらに高さ1.5メートルからコンクリートへの落下や2トンの面荷重をかけるといった独自の耐久テストもクリア。

手袋をしていても使えるタッチパネルには、衝撃と傷に強いGorilla Glass 4を採用した。

 

側面には設定したアプリを一発で起動できる物理キーを搭載。アウトドアでの利用も想定しストラップホールも用意した。

また万が一のバッテリー切れに備えて、極限までスマホの消費電力を抑える「バッテリー温存モード」も備えている。

 

プロセッサは4コアのSnapdragon 410で、メインメモリは2Gバイト、ストレージ容量は16Gバイト。

カメラはメインが800万画素、インが200万画素。

撮影した写真に気温や湿度をなどの情報を入れられる「Tagging Shot」機能も搭載した。

通信面ではPREMIUM 4Gには対応しておらず、通信速度は下り最大150Mbps/上り最大50Mbps。

そのほか、おサイフケータイとワンセグも利用できる。

スペック

「Galaxy Active Neo SC-01H」の主な仕様
機種名 Galaxy Active Neo SC-01H
メーカー サムスン電子
OS Android 5.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8916/1.2GHz 4コア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約4.5型フルワイドVGA 有機EL
解像度 854×480ピクセル
連続通話時間 LTE:約740分、3G:約580分、GSM:約620分
連続待受時間 LTE:約490時間、3G:約580時間、GSM:約490時間
バッテリー容量 2200mAh
メインカメラ 有効約800万画素CMOS
インカメラ 有効約200万画素CMOS
ボディカラー Camo White、Solid Black
サイズ 約70(幅)×133(高さ)×10.1(奥行き)ミリ
重量 約154グラム
発売予定日 2015年11月上旬

 

NTTドコモが11月上旬に発売する予定の「Galaxy Active neo SC-01H」(サムスン電子製)は、防水/防じん/耐衝撃に加え、温度耐久

や塩水耐性などMIL規格(米国防総省の物資調達規格)の21項目をクリアした本格派のタフネスモデル。

 

ドコモは2014年冬モデルで「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」という耐衝撃スマートフォンをリリースしており、Galaxy Active neoはそれに

続く機種。しかし基本スペックやラインアップ内の位置付けが少々異なっており、単純に後継機種とはいえない面がある。

 

まずGALAXY S5 ACTIVEはその名の通り「GALAXY S5」から派生したバリエーションモデルで、5.1型フルHD有機ELとSnapdragon

800「MSM8974」(2.5GHz、4コア)プロセッサ、1600万画素のメインカメラと、現在でもハイスペックと言えるスペックだ。一方のGalaxy

Active neoは、4.5型ワイドVGAのTFT液晶にSnapdragon 810「MSM8916」(1.2GHz、4コア)、800万画素メインカメラと、基本スペック

ではミドルクラスにとどまっている。

 

「Galaxy Active neo」と「GALAXY S5 ACTIVE」のスペック比較
機種名 Galaxy Active neo SC-01H GALAXY S5 ACTIVE SC-02G
メーカー サムスン電子
OS Android 5.1 Android 4.4
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8916/1.2GHz 4コア Qualcomm Snapdragon MSM8974/2.5GHz 4コア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約4.5型フルワイドVGA TFT液晶 約5.1型 フルHDスーパーAMOLED(有機EL)
解像度 854×480ピクセル 1080×1920ピクセル
連続通話時間 LTE:約740分、3G:約580分、GSM:約620分 LTE:1020分、3G:約1020分、GSM:約770分
連続待受時間 LTE:約490時間、3G:約580時間、GSM:約490時間 LTE:約450時間、3G:約570時間、GSM:約460時間
バッテリー容量 2200mAh 2800mAh
メインカメラ 有効約800万画素CMOS 有効約1600万画素CMOS
インカメラ 有効約200万画素CMOS 有効約210万画素CMOS
ボディカラー Camo White、Solid Black Camo Green、Titanium Gray
サイズ 約70(幅)×133(高さ)×10.1(奥行き)ミリ 約74(幅)×145(高さ)×9.2(奥行き)ミリ
重量 約154グラム 約171グラム

 

 

ただタフネスさについては、GALAXY S5 ACTIVEがMIL規格(MIL-STD-810G)の18項目をクリアするのに対し、Galaxy Active neoは

前述の通り21項目とさらに3つの試験に準拠した。その内容はさらに厳しい粉じん環境下でのテスト2項目と、温度差がある状態で太陽光

にさらされるという1項目。加えてメーカーの独自規格として、1.5メートルの高さからコンクリート面に落下させる、2トン/平方メートルの面

過重をかける、水深1メートルの海水に30分間浸すなど、メーカー独自の4項目も通過した。

本格的なアウトドア環境はもちろんのこと、道路にスマホを落としてしまったり、お尻のポケットに入れたまま座ってしまったりなど、日常で

もありがちなスマホを壊すリスクへの安心感が増している。ディスプレイパネルについてはGorilla Glass 4を採用して、よりキズが付きにく

く、割れにくくなった。

 

 

「Galaxy Active neo」と「GALAXY S5 ACTIVE」のタフネスさ比較
規格種別 Galaxy Active neo SC-01H GALAXY S5 ACTIVE SC-02G
IEC/旧JIS 防水(IPX5/7)
防じん(IP6X)
MIL-STD-810G 落下
浸漬
粉じん(6g/m2/1dayの粉じん環境で連続72時間試験)
粉じん(風速8.9m/s、濃度10g/m3の粉じん環境で連続6時間試験)
風じん
塩水噴霧
湿度
太陽光照射(連続20時間の日射試験)
太陽光照射(+49度の温度差を与えながら対日射を繰り返す試験)
振動
雨滴
風雨
氷・低温雨
熱衝撃(-20~50度)
高温保管(63度固定)
高温保管(30~60度)
高温動作(71度固定)
高温動作(32~49度)
低温動作(-51度固定)
低圧保管
低圧動作
メーカー独自 耐衝撃(落下)
耐荷重
耐海水
高湿度(お風呂)

 

GALAXY S5 ACTIVEは落下時にバッテリーカバーが外れやすいという特性があり、衝撃そのもので壊れなくても、内部がむき出しになっ

て無防備になり、バッテリーを紛失するという恐れがあった。そしてストラップホールがない、キャップレス防水ではない(これはGALAXY

S5も同様)など、タフネスモデルとしてあと一歩という声があったのも事実。

この3点は開発側も認識していたそうで、Galaxy Active neoの開発時に改善したとのこと。クリアする試験項目が増えたことも心強いが、

指摘されていた不満点を解消してきたのはうれしい限り。

 

タフネス度が増したGalaxy Active neoだが、約4.5型ディスプレイのため片手でも快適に使えるコンパクトさも魅力だ。デザインもゴツさは

少なく、物理式のホーム/戻る/履歴キーや好みのアプリを一発で起動できるアクティブキーは普段使いでも便利だろう。カラーバリエ

ーションもベーシックな白と黒の2系統で、白いモデルにさりげなくカモフラージュ柄を取り入れてらしさを演出したという。

 

カジュアルに使えるサイズとデザインに、本格派のタフネスさを兼ね備えたGalaxy Active neo。スペックがミドルクラス相当のため、

「PREMIUM 4G」(LTE-Advanced)に対応しないなど最新のサービスに対応していない点もある。メインカメラも800万画素と、フラッグ

シップやハイスペックモデルが欲しい場合には選択肢から外れるかもしれない。

その分、販売価格は「タフネスモデルとしてはかなりお手頃になる」(説明員)とのことで、「気兼ねなくスマホを使いたい」「安くてとにかく壊

れない1台が欲しい」というニーズに応える1台といえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪