ドコモ 2015-2016冬春モデルラインアップの狙い 新商品・新サービス・「+d」「4Kスマホ」「PREMIUM 4G」

Xperia Z5 Premium SO-03H
スポンサーリンク

NTTドコモは9月30日、2015-2016冬春モデル発表会を行った。

同社の加藤社長が、新商品、新サービス、「+d」と銘打たれた新領域ビジネスの3テーマに関するプレゼンテーションを行った。

4K・300Mbpsの高速データ通信・生体認証

新商品13機種で最初に紹介されたのは、世界で初めて4Kディスプレイを搭載した「Xperia Z5 Premium SO-03H」。

加藤社長は「透明感、奥行き感がある4K映像を撮って、その場で非常に躍動感溢れる映像を再生できる。

4Kに満たない映像はアップスケールするので、いつでもどこでも4K映像を手のひらで楽しめる」とXperia Z5 Premiumをアピールした。

ドコモ光で提供しているひかりTVやdTVでは、11月下旬から4Kコンテンツの配信を開始する予定で、

Xperia Z5 Premiumで楽しめるコンテンツの充実も期待できる。

 

11月上旬に提供開始を予定している下り最大300Mbpsのデータ通信サービス「PREMIUM 4G」は他社を一歩リードするドコモの強み

この300Mbpsのデータ通信に対応する端末として、「AQUOS ZETA SH-01H」と「Wi-Fi STATION N-01H」が登場した。

1.5GHz帯(112.5Mbps)、2GHz帯(112.5Mbps)、800MHz帯(75Mbps)の3つの周波数をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねることで

実現する300Mbpsだが、9月から開始している2つの周波数帯を束ねた場合のPREMIUM 4Gについては、理論上の速度だけでなく、

山手線全駅で計測した実効速度を示して快適さをアピールした。なお、300MbpsのPREMIUM 4Gは東京の都心部をはじめ、

ユーザーが集中する主要都市380都市から導入し、2015年度内には600都市に導入する予定。

 

引き続き生体認証の対応にも注力し、虹彩認証には「arrows NX F-02H」、指紋認証にはXperiaシリーズを始め5機種が対応した。

同時に生体認証に対応するサービスも拡大。生体情報とdアカウントをひも付けるとパスワード入力が不要になり、

生体認証でログインとドコモケータイ払いが可能になる。それに加えて12月からはdポイントでの支払いにも対応。

さらに、ドコモケータイ払い加盟店サイトの支払いでも生体認証が利用できるようになる。

 

また、VoLTEの海外対応についても発表された。ドコモ同士のVoLTE対応機種であれば、

日本から海外への通話や海外間の通話でも、国内同様にVoLTEの高音質な通話ができる。

最初にVoLTEを始めた韓国が10月7日から対応する。

加藤社長は「日本のキャリアでは最初の取り組み」と胸を張ったが、他キャリア間でのVoLTE通話に関しては言及がなかった。

 

多彩な端末ラインアップ

ラインアップ全体については、「ハイスペックな端末もあるし、価格的、機能的、サイズ的にお手頃なものも用意したつもり」(加藤社長)と

し、「プレミアムなものからカジュアルなものまで」幅広いニーズに応える品ぞろえをアピールした。

ただし期待されたGalaxy Noteシリーズの最新モデル「Galaxy Note 5」はラインアップされず、プレゼンテーション後の質疑応答では

Galaxy Note 3からの買い替え需要の対応について質問があった。

加藤社長は「ファブレットサイズの端末には一定の需要サイクルがあると思っている。今回は10.1型の『dtab』に焦点を当てた。

時期やタイミングを見ながら入れていきたい」と回答した。

 

ソニーモバイル製Xperia Z5シリーズについては、「3つのXperiaをそろえたのはドコモだけ」(加藤社長)と他キャリアをけん制。

3機種とも指紋認証に対応し、0.03秒という世界最速のオートフォーカスを搭載する。

最先端の技術を搭載したXperia Z5 Premiumに対し、Xperia Z5は「使いやすさを極めたハイパフォーマンスモデル」、

Xperia Z5 Compactは「コンパクトサイズにXperia Z5の機能を詰め込んた」機種として紹介した。

 

シャープ製の「AQUOS ZETA SH-01H」は300MbpsのPREMIUM 4Gに対応するとともに、従来のディスプレイと比べて、

1秒間に表示更新する回数が2倍の120Hz駆動となった「ハイスピードIGZO」を搭載。動きの速い動画や画面遷移が滑らかだという。

また、インカメラが800万画素と高画素で、さらに広角になり、「自撮りの自由度が増している」と説明した。

「AQUOS Compact SH-02H」は「先端技術が片手で操作できるようにコンパクトにまとまったモデル」(加藤社長)。

付属の「ニュアンスシート」を背面に貼ってカスタマイズできる「おしゃれで楽しい」とアピールした。

 

根強い人気があるタフネスモデルとして、MIL規格21項目のほかメーカー独自の落下耐久試験もクリアしたサムスン電子製「Galaxy

Active neo SC-01H」も発売する。プレゼンテーションでは加藤社長が「わざと」2回も端末を床に落としてみせた。

それでも「ビクともしない壊れない端末。コンクリートの上に落としても問題ない」と断言した。

 

富士通製の「arrows NX F-02H」は夏モデルと同様に虹彩認証に対応するほか、ナノテクファイバーとアルマイト加工による耐久性の高

さを強調。色鮮やかな有機ELディスプレイを搭載した「arrows Fit F-01H」は「なによりお求めやすいことが特長」(加藤社長)と紹介した。

2機種ともMIL規格14項目に準拠している。

 

「Disney mobile on docomo DM-01H」は、加藤社長が「唯一ドコモだけが提供している」ことを強調した。

ディズニーパークがテーマになっており、4つのテーマで着せかえができる。

同梱のスマホピアスをイヤフォンジャックに挿すと特別なアニメーションが楽しめる。本体はAQUOS Compact SH-02Hがベース。

 

10.1型ディスプレイを搭載したファーウェイ製「dtab d-01H」は、ワンセグ/フルセグを搭載し、

harman/kardonの音響技術でチューニングした4つのスピーカーを搭載するタブレット。

実はオーディオ好きという加藤社長は、「harman/kardonは我々オーディオ好きにはワクワクするブランド。

それもお手軽価格で提供する」と、コストパフォーマンスの高さを訴えた。

 

dtabの紹介時には「てがき翻訳」アプリの実演も行った。「日本へようこそ」と書くと「Welcome to Japan」と正しく翻訳された。

逆に英語で「How’s the weather」と手書きすると「天気はどうですか?」と日本語に翻訳された。

このアプリはすでに大手人材派遣会社で外国人スタッフとのやり取りに活用されているそうだ。

 

「P-01H」は1年ぶりに登場したパナソニック製iモードケータイ。メールを読むときなどに簡単に文字を2倍に大きくできることと、

端末の開閉や電池残量に応じてユーザーの状態を家族に伝えられる「みまもりメール」について紹介した。

 

AQUOS ZETAとともに300MbpsのPREMIUM 4Gに対応するNECプラットフォームズ製「Wi-Fi STATION N-01H」。

クレードル内に800MHz帯のLTEアンテナを内蔵しており、「クレードルに置くと受信感度が上がる。

家の中でも快適にデータ通信できる」と説明した。

 

そして、9月30日の早朝にGoogleから発表され、報道陣からの注目も高かった「Nexus 5X」。

「PREMIUM 4G 262.5Mbpsに対応するのはドコモだけ」(加藤社長)と他社との違いをアピールした。

また、Nexus 5Xは最新のAndroid 6.0 Marshmallowを搭載しているが、他のAndroid端末は5.1を採用しており、

「古いバージョンだがAndroid 6.0へのバージョンアップをがんばってやっていく」とも語った。

プロダクト部長の丸山誠治氏は、「現状ではグローバルモデルより半年も遅れることがあるバージョンアップだが、

この時間を縮めたい」と質疑応答で述べている。

なお、Windows Phoneの導入についても問われたが、「(Nexus 5Xは)最新のAndroidを使いたいという要望があったので導入を決め

た。Windows Phoneの予定は今のところない」(丸山氏)という。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪