UQ 「史上最大のタダ替え大作戦」 WiMAX

WEB86_bonatatata20150207124429500
スポンサーリンク

「史上最大のタダ替え大作戦」

UQが実施する、下り最大40MbpsのWiMAX契約から最速220MbpsのWiMAX 2+契約への無料アップグレード&機種変更キャンペーン!

 

現WiMAXユーザーは、契約解除料、登録料、機種代金など、移行にまつわる費用が「完全無料」でWiMAX 2+へ移行でき、文字通りの「タダ替え」が可能となっています

 

メリットは?

それでは、ご覧ください!

スポンサードリンク

電波利用効率

WiMAX 2+を中心に周波数を再編することで、より多くのユーザーに、より快適な通信環境を提供できるようになる。

個々のユーザーが必要な処理、つまり、Webページを表示させるとか、動画を読み込むといったことを素早く終わらせることができるほど、電波は有効に活用できることになる。

各ユーザーの通信速度が速ければ速いほど、電波の利用効率は上がっていく。

 

ユーザーの快適さのために周波数の再編成を行なう。

そして、現WiMAXユーザーにWiMAX 2+の高速の世界に移行してもらい、ユーザーの満足度を高めていくこと。

その2つが、「史上最大のタダ替え大作戦」と銘打ったキャンペーンを行なう理由のようですね。

WiMAX 2+に移行したユーザーの反応

「タダ替え」の施策についての評判はおおむねご好評。

特に、すでに乗り換えているユーザーの反応が良く、“こんなにスピードが上がるのか”という声があるのに加え、“WiMAX 2+のエリアは、もうこんなに広かっているのか”という声も多い。

タダ替え大作戦のポイント

「ヤ倍速」により下り最大220Mbpsとなるスピードは、WiMAXの40Mbpsとくらべれば5倍以上もの向上。

現時点の「ヤ倍速」対応端末は「Speed Wi-Fi NEXT WX01」と「Speed Wi-Fi NEXT W01」

 

「Speed Wi-Fi NEXT W01」は、順次エリア拡大していくCAによる220Mbpsに対応。

また、au 4G LTEにも対応するので、使用可能エリアを重視するならば有力になってくる。

3月には、WiMAXとWiMAX 2+のエリアは、一部の屋内や地下鉄駅などをのぞいてほぼ同一となるので、

WiMAX 2+のみでもエリア面では安心できるが、au 4G LTE(3月末までの加入で5月末まで無料)を併用するこ

とで、対応エリアに関してはほぼ盤石。

 

 

人気で反応も良い、WiMAXパワーを是非体験してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪