iPhone7 スペック・発売日を予想 

iphone7
スポンサーリンク

Appleが、iPhoneの新モデル「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発表して1週間が経ちました。

そこで今回は、注目の次期iPhoneである「iPhone 7」について、スペック・発売日を予想したいと思います。

iPhone7

Appleが、iPhoneの新モデル「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発表した。

Appleが9月9日(現地時間)、米サンフランシスコで開催しているイベントで、iPhoneの新モデル「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を正式

に発表した。

日本では9月12日16時1分に予約を開始し、9月25日に発売した。

 

「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」のスペックから次期「iPhone 7」を予想

 

iPhone 6s iPhone 6s plus
OS iOS 9 iOS 9
プロセッサ A9チップ+M9モーションコプロセッサ A9チップ+M9モーションコプロセッサ
サイズ(幅×高さ×奥行き) 67.1×138.3×7.1ミリ 77.9×158.2×7.3ミリ
重量 143グラム 192グラム
ディスプレイ 4.7型Retina HDディスプレイ 5.5型Retina HDディスプレイ
解像度 1334×750ピクセル(326ppi) 1920×1080ピクセル(401ppi)
コントラスト比 1400:01:00 1300:01:00
Touch ID
3D Touch
LTE 下り最大300Mbps 下り最大300Mbps
VoLTE
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、MIMO対応 802.11a/b/g/n/ac、MIMO対応
連続通話時間 3G:14時間 3G:24時間
連続待受時間 最大240時間 最大384時間
連続使用時間 インターネット利用:3G:10時間、LTE:10時間、Wi-Fi:11時間
ビデオ再生:11時間
オーディオ再生:50時間
インターネット利用:3G:12時間、LTE:12時間、Wi-Fi:12時間
ビデオ再生:14時間
オーディオ再生:80時間
メインカメラ 12メガピクセル
Focus Pixelsによるオートフォーカス
F2.2
True Toneフラッシュ
5枚構成のレンズ
自動手ブレ補正
パノラマ(最大63メガピクセル)
バーストモード
Live Photos
12メガピクセル
Focus Pixelsによるオートフォーカス
F2.2
True Toneフラッシュ
5枚構成のレンズ
自動手ブレ補正
光学式手ブレ補正
パノラマ(最大63メガピクセル)
バーストモード
Live Photos
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影
1080pビデオ撮影(30fpsか60fps)
スローモーションビデオ(120fpsか240fps)
4Kビデオ撮影
1080pビデオ撮影(30fpsか60fps)
スローモーションビデオ(120fpsか240fps)
ビデオの光学式手ブレ補正
インカメラ 5メガピクセル
F2.2
5メガピクセル
F2.2
ボディカラー スペースグレイ、ゴールド、シルバー、ローズゴールド スペースグレイ、ゴールド、シルバー、ローズゴールド

iPhone 6sは4.7型(750×1334ピクセル)、iPhone 6s Plusは5.5型(1080×1920ピクセル)で、

画面サイズ・解像度はiPhone 6/6 Plusと同じ。アルミのユニボディデザインも踏襲しているが、iPhone 6s/6s plusのアルミは、

航空宇宙産業で使われているものと同等まで強度が向上しているという。

カラーバリエーションは従来のスペースグレイ、ゴールド、シルバーに、ローズゴールドが加わった。

 

ストレージは2モデルとも16Gバイト、64Gバイト、128Gバイトの3種類ずつ。

「3D Touch」

新たな操作法として、画面を長押しして各種情報を閲覧できる「3D Touch」を搭載する。

例えば、受信メール一覧画面で読みたいメールをリストから長押しすると、ポップアップが出てメッセージを読める。

メールに書かれているURLを長押しして飛び先のページを見たり、書かれている住所を長押ししてその場所を地図上で見たりできる。

対応するゲームでも3D Touchを活用して、画面の拡大・縮小ができる。

 

プロセッサは64ビット対応の「A9」となり、iPhone 6/6 Plusの「A8」と比べてCPUの性能が70%、GPUの性能が90%向上したという。

加速度センサーや電子コンパスなどの処理を独立して行ってくれるモーションコプロセッサは「M9」となった。

このM9ではバッテリー持ちの効率化を図りつつも、Siriが常時オンになっており、

iPhone 6s/6s Plusに向かって「Hey Siri」と話しかけるだけで、Siriが起動する。指紋センサーの「Touch ID」は第2世代にバージョンア

ップし、従来の2倍の速度で認証可能になる。

カメラはメインが800万画素から1200万画素にアップ。センサーを一新したことで、よりノイズが少なく、リアルな色を持つ、

シャープな写真を撮影できるようになったという。シャッターを切った前後の動きとサウンドを記録し、

(3D Touchで)写真を長押しすると被写体が動く「Live Photos」も新たに用意した。

動画は4Kサイズの撮影もサポートし、iMovieを使って4K動画の編集も行える。光学式手ブレ補正はiPhone 6s Plusのみが対応する。

インカメラは120万画素から500万画素にアップ。ディスプレイを光らせることでフォトライトのように活用し、

より明るく自分撮りができるよになる。

通信規格は下り最大300MbpsのLTE-Advancedをサポートし、世界各国23のLTE周波数帯をカバーする。

Wi-Fiは866Mbpsにまで速度が拡張された。LTEネットワーク上で高品質な通話が可能なVoLTEも引き続き利用できる。

「iPhone 7」スペック・発売日を予想

iPhone7/iPhone7 Plus

容量 32GB・64GB・128GB

重量 110g/160g

ディスプレイ  4.7インチ/5.5インチ

チップ A9チップ・M9モーションコプロセッサ

バッテリー 連続待機時間最大16日間/最大24日間

iOS9を搭載

 

ベゼルを少なくし、画面の大きさは変えずにサイズを小さくするようです。

これは女性にとっては非常に嬉しいですよね。iPhone5sについてはサイズが一回り小さかったので片手で操作可能でしたが、

iPhone6になると片手での操作がかなりやりにくくなりました。

そのため次期モデルではiPhone5のサイズ感のモデルも発売予定か。

 

スペックはやはり格段に上がると予想。

正直今のスペックでも十分ですが、一番気なるのはバッテリー時間です。

 

バッテリー駆動時間がおおよそ1.5倍に。

1日でバッテリーが切れていた人は次の日の昼まで持っていても大丈夫ということなので泊まりに行っても充電器持っていく必要が減りま

す。

これは非常に大事なこと。

 

また防水機能がつくのではないかと噂になっているようですが、今のところつかない可能性が高いですね。

ジャックの部分や音を出すスピーカーの部分に防止加工を施す。

ということになりますのでデザイン的にはダウンしますね。

 

アップルの良さが損なわれますし

コンセプトモデルでもむき出しにしているので、防水機能はつかないでしょう。

フルディスプレイにはなると思います。

発売日

iPhoneは非常にわかりやすいですね。

 

初代iPhone 2007年6月29日


iPhone3G 2008年7月11日


iPhone3GS 2009年6月19日[3]

iPhone4 2010年6月24日

iPhone4S 2011年10月14日

iPhone5 2012年9月21日

iPhone5s/5c 2013年9月20日

iPhone6/6Plus 2014年9月19日

 

iPhone7の発売日は、この流れで行くと、2016年9月下旬が有力ではないでしょうか。

発表も2016年8月下旬です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪