3D Touch「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」キーボードのカーソル移動が快適すぎる!

3D Touch
スポンサーリンク

iPhone 6s、iPhone 6s Plusが発売されて1週間が経過した。

Appleが2015年に提案した最新のiPhoneのポイントは3点、MacBookに匹敵する処理性能を誇る64ビットプロセッサA9、

1200万画素に向上して4Kビデオをサポートしたカメラ、そして感圧タッチパネルを採用した3D Touch。

3D Touch

3D Touch

3D Touchは、これまでApple WatchやMacBookに搭載されてきた「Force Touch」と同じように、

感圧タッチパネルとTapTic Engineによるフィードバックの組み合わせ。

 

しかし、名前が変更された。

 

Apple Watchでは、押し込むだけの検知で、サブメニューを開いたり、文字盤のカスタマイズやリストのクリアなどに利用できた。

MacBookではトラックパッドが物理的に上下動をしなくなったが、圧力を感知し一定の力以上をかけると、クリックとして認識してくれる。

さらに押し込むことで、別の機能を呼び出すことができる。

 

これまでのForce Touchでは、Apple Watchは「タップ」と「押し込む」、MacBookでは「押し込む」と「さらに押し込む」、

の2段階を利用して操作してきた。ジェスチャーとしては、通常のタップやクリックに、もう1つの動作が加わった、という位置づけだった。

 

iPhone 6sでも「押し込む」「さらに押し込む」、と力のかけ具合を検知する点で共通だが、これまでのマルチタッチで使われてきた「タップ」

を加えて、操作方法としては3段階に増えたことになる。このあたりが名称変更の理由になっているのではないか、と考えられる。

操作スピード

iPhone 6sの3D Touchで、インターフェイスとしてすぐに利用できるのは「クイックアクセスメニュー」「ピーク」「ポップ」の3種類。

これだけ覚えれば、当面、3D Touchを使いこなした新しいiOS 9のインターフェイスを楽しめる。

そして、ちょっとしたことだが、病みつきになる。その理由は、操作スピードが格段に上がる。

クイックアクセスメニューは、ホーム画面のアプリアイコンに割り当てられた、機能を直接開くためのショートカット。

 

例えばカメラアプリを押し込むと「写真を撮る」「スローモーション撮影」「ビデオ撮影」「セルフィーを撮る」の4つのメニューが現れる。

押し込んだ指をそのままスライドさせて目的の機能の上で話してもよいし、押し込んだ指を離してからメニューを改めてタップしてもよい。

アプリアイコンをタップすると通常起動、それ以外の場所をタップすれば、元のホーム画面に戻ることができる。

 

もしセルフィーを撮りたい場合、これまではカメラを起動して、カメラの切り替えボタンをタップしなければならなかった。

しかしクイックアクセスメニューを利用すると、1アクションだけで直接FaceTime HDカメラでの写真撮影を行うことができる。

 

また電話やメッセージのアプリアイコンでは、新規作成等に加えて、お気に入りの連絡先や、直近でやりとりをした相手が表示され、

必ずしもメニューが決められた固定のものではないことが分かる。ただし件数は最大で4件に限られている。

 

その他、メールや連絡先、Safari、カレンダー、マップなどのApple純正のアプリがクイックアクセスメニューをサポートしているほか、

Instagram、Buffer、Pinterestなどのサードパーティーアプリでも、ショートカットが表示されるようになった。

今後も対応アプリは増えていくだろう。

「ピーク」「ポップ」機能

3D Touchで覚えるべきジェスチャーはあと2つだ。「ピーク」と「ポップ」は組み合わせで覚えるとよいだろう。

 

ピークとは、メッセージやメールなどのリスト表示や、Safariなどのリンクで利用する。リストやリンクを押し込むと、

押し込んでいる間だけ吹き出しが出てきて、内容やリンク先の中身を見ることができる仕組み。

 

これまでは一度開いて中身を見てから戻る、という動作を繰り返していたため、画面遷移やタップ数が削減される。

とくに、戻るボタンは画面の左上に配置されることが多く、iPhone 6s Plusの場合は指を伸ばしても届かないため、反対の手を使うか、

iPhoneを持ちかえる必要があった。その手間を考えると、ピークによる内容確認のスピードアップは非常に有意義なもの。

 

また、メールやメッセージ内のURLや、自動認識される場所やスケジュールなどの情報をピークすると、アプリを切り替えなくても、

その内容が見られるようになった。iOS 9では、1つ前のアプリに戻る機能があるし、後述の3D Touchを生かしたタスク切り替えも追加され

ているが、それでもアプリを切り替えない方が、効率的な操作方法といえる。

 

ピークしながらそのまま上にスワイプすると、開いたアイテムに対するサブメニューが現れる。

メールであれば「返信」「転送」「マーク」「自分に通知」「メッセージを移動」という5つ。またピークの状態で左右にフリックすると、

メールを「アーカイブ」「ゴミ箱」へと振り分けることができる。

 

Safariのリンクであれば「新規タブで開く」「リーディングリストに追加」「コピー」の3つが表示される。

Apple Musicでは、アルバムやプレイリストの中身を見ることができ、地図では地点の情報を開くことができる。

キーボードのカーソル移動が快適すぎる

3D Touchの基本動作は他にも、タスク切り替えでの利用がある。画面の左端を押し込むと、ホームボタンを2度押したときと同じように、

タスク切り替えの状態になる。そのままアプリをめくって選べば、タスク切り替えができる。

 

ホームボタンに指を伸ばす必要はなくなったが、iPhone 6s Plusの場合、右手で端末を握っていると画面の左端まで親指が届かないた

め、左手を使う必要がある。そのため、ホームボタンを使ったタスク切り替えの方が、右手だけで済ませられるため、

3D Touchでのタスク切り替えはこれまでのところ、使っていない。

 

3D Touchで最も気に入った機能を最後に紹介しておこう。それは、文字入力時のカーソル移動。

 

iPadにiOS 9をインストールすると、キーボードを2本指でタッチすれば、トラックパッドを操作するように、文字入力中のカーソル位置を移

動することができる仕組みになっていた。

iPhone 6s、iPhone 6s Plusの場合、キーボード部分を押し込むことでカーソルモードに移行する。

 

これが非常に快適で手放せない。

 

カーソルモードになった際に力をかけ続ける必要はなく、画面から指を離さずに上下左右に動かすことで、

文字列の中でカーソル位置を移動させられる。日本語・英語のフルキーボードだけでなく、日本語のテンキーでも利用できる。

ただ、絵文字キーボードではカーソル移動モードに移行しなかった。

 

カーソル移動モードに入っているときに押し込むと、カーソル位置の単語を選択できる。

その際、カーソル移動によって選択範囲を変更することができる。画面から指を離せばカーソルモードが解除されるが、

文字列を選択していた場合は、選択されたままの状態になる。

 

これまで、文字列の上を注意深く指を動かしてカーソル位置を指定したり、文字列選択を行っていたことを考えると、

3D Touchによるカーソル操作は全く世界が変わるほどの快適さ。

3D Touchの操作方法の中でも複雑な部類に入るが、ぜひマスターしてみて欲しい。

今後の発展性

3D Touchは新しいインターフェイスとしてiPhoneに搭載された。

もちろん、全く利用しなくてもこれまで通りiPhoneを快適に使い続けることができるが、一度覚えてしまうと、その快適さを日々体験し、

操作ごとに秒単位でスピードアップしていく心地よさがある。

 

インターフェイスは慣れがすべてだが、一度身につけてしまうと、3D Touch非対応のデバイスに戻れなくなるほど快適に使うことができる

のではないか、と考えられる。 現状、Appleのアプリや一部のサードパーティーアプリが、3D Touchの基本的な使い方を実装している最

中だが、これが一巡すると、続いてアプリの機能に感圧タッチを取り込んでいく段階に入る。

 

例えば、手書き機能が追加されたApple純正のメモアプリは、押し込みながら描くことで、線の濃さを調節することができる。

また写真アプリでは、Live Photosのビデオ再生に押し込むジェスチャーを用いている。

 

iPhone 6sに搭載されたライブ壁紙も、3D Touchの押す力加減に応じてアニメーションが動くが、その動作を見ていると、

力加減を連続的に検知している様子が分かる。Appleが用意するインターフェイスでは押し込む、強く押し込む、

の2段階で区切っているが、その間の力加減を検知したり、3段階の認識をアプリで行うこともできるはず。

 

スケッチなどの描画系のアプリではより表現力が高まることが期待でき、

またゲームでの活用によって新しい操作性による楽しさを作り出すこともできるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪