mineoスマホ「arrows M02」モバイルWi-Fiルーター「Aterm(MR04LN)」「SI-LA(SILA01)」 スペック

arrows M02
スポンサーリンク

ケイ・オプティコムが10月6日、「mineo」のauとドコモプランの両方で利用できるマルチキャリア対応のスマートフォン「arrows M02」(富士

通製)を発表。

あわせて、2機種のモバイルWi-Fiルーターも発売する。

「SI-LA(SILA01)」(富士通製)はauプラン、「Aterm(MR04LN)」(NEC製)はドコモプランで利用できる。発売時期は11月19日の予定。

arrows M02

「arrows M02」

arrows M02は、auとドコモ、そしてVoLTEに対応したスマートフォン。

5.0型、HD(720×1280ピクセル)の有機ELや810万画素カメラを搭載する。

IPX5/8の防水、IP6Xの防じんに加え、耐衝撃性と曲げ耐性も備えている。おサイフケータイもサポートするが、

対応サービスについては後日案内される予定。独自の省電力技術により、バッテリーは3日持つとしている。

対応周波数帯(LTE)は、ドコモ回線が2GHz、1.8GHz、800MHz帯、au回線が2GHz、800MHz帯。SIMスロットは1つしかなく、

ドコモ/auのSIMを同時に入れて、利用する回線を切り替えるといったことはできない。

カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色(ピンクはmineoのオリジナルカラー)。

価格は11月上旬に発表する予定。

 

ディスプレイは、5型でHD(720×1280ピクセル)解像度の有機ELを採用している。ボディの幅は69ミリに抑えられていて、片手でも使い

やすくなるように工夫されている。また、ボディは防水・防じん性能に加え、米国防総省の物品調達規格「MIL規格」に準拠した耐高温・

耐塩水・耐衝撃性能も確保している。バッテリー容量は2330mAhで、富士通独自の「ヒューマンセントリックエンジン」によって3日間(富

士通測定値)充電せずに使えるという。

SIMロックフリーで販売されるスマホとしては貴重な「おサイフケータイ(モバイルFeliCa)」を搭載し、日常の決済やポイントサービスでの

利用に配慮している。対応サービスは、M02の発売に合わせて別途公表される見通し。NFCにも対応している。

メインカメラは有効約810万画素のCMOSセンサー、インカメラは有効約240万画素のCMOSセンサーをそれぞれ採用する。

これに富士通独自の画像処理エンジン「GRANVU」とarrows独自のシンプルさを極めたカメラアプリを組み合わせている。

ベースモデルにある「スマート指紋センサー」は搭載していない。

日本語入力システムは、ジャストシステムと富士通が共同開発した「Super ATOK ULTIAS(スーパーエイトックウルティアス)」を採用し、

予測・変換の精度を高めている。 ホーム画面は、富士通独自の「NX!ホーム」と、新開発の「Leaf UI(リーフユーアイ)」の2種類を搭載す

る。Leaf UIは、ホーム画面とアプリ一覧(ドロワー)の区別がなく、縦方向の操作を撤廃していることが特徴。

プリインストールアプリは、必要最低限のシンプルなものだが、販売する事業者によってカスタマイズされる可能性がある。

モバイル通信は、LTE、W-CDMA(3G)、GSM(2G)に対応し、LTEでは下り最大150Mbpsで通信できる。

VoLTE(Voice Over LTE)を使った高音質通話にも対応している。これも、国内のSIMロックフリースマホでは初対応となる。

スペック

「arrows M02」の主な仕様
機種名 arrows M02
メーカー 富士通
OS Android 5.1
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8916/1.2GHzクアッドコア
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSD(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約5.0型HD 有機EL
解像度 720×1280ピクセル
連続通話時間 約780分(LTE)
連続待受時間 約580時間(LTE)
バッテリー容量 2330mAh
メインカメラ 有効約810万画素CMOS
インカメラ 有効約240万画素CMOS
ボディカラー ブラック、ホワイト、ピンク
サイズ 約68.9(幅)×141(高さ)×8.9(奥行き)ミリ
重量 約149グラム

 

 

「SI-LA(SILA01)」「Aterm(MR04LN)」

au回線を利用できるモバイルWi-Fiルーター SI-LA(SILA01)は、最大10台のデバイスを接続可能にする。

ディスプレイは1.3型の有機EL。バッテリー容量は2280mAh。

ドコモ回線を利用できるAterm(MR04LN)は、2.4型のタッチパネル対応ディスプレイを搭載している。

通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps。バッテリー容量は2300mAh。

いずれの機種も、価格は11月上旬に発表する予定。

スペック

「SI-LA(SILA01)」の主な仕様
機種名 SI-LA(SILA01)
メーカー 富士通
ディスプレイ 1.3型有機EL(単色)
連続通信時間 約6.5時間
バッテリー容量 2280mAh
最大接続台数 10台
無線LAN IEEE802.11b/g/n
サイズ 約67(幅)×98(厚さ)×17(奥行き)ミリ
重量 約111グラム

 

「Aterm(MR04LN)」の主な仕様
機種名 Aterm(MR04LN)
メーカー NEC
ディスプレイ 2.4型LCDタッチパネル
解像度 240×320ピクセル
連続通信時間 Wi-Fi通信時:約12時間、Bluetooth通信時:約24時間
バッテリー容量 2300mAh
最大接続台数 16台
無線LAN IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)、IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)
サイズ 約63(幅)×111(厚さ)×11(奥行き)ミリ
重量 約111グラム

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪