Microsoft Windows 10 Mobile搭載「Lumia 950」「Lumia 950 XL」価格・スペック

Lumia 950
スポンサーリンク

Microsoftが10月6日(米国時間)、Windows 10 Mobileを搭載したLTE対応の新型スマートフォン「Lumia 950」と「Lumia 950 XL」を発

表した。

価格はLumia 950が549ドル(約6万6000円)、Lumia 950 XLが649ドル(約7万8000円)。

日本での発売は不明。

 

 

Lumia 950Lumia 950 XL

「Lumia 950」「Lumia 950 XL」

Lumia 950は5.2型のクアッドHD(1440×2560ピクセル)とSnapdragon 808(1.8GHz6コア)、Lumia 950 XLは5.7型のクアッド

HD(1440×2560ピクセル)とSnapdragon 810(2GHz8コア)を搭載するのが主な違い。

950 XLの方がディスプレイが大きく、プロセッサのスペックが高い。

ディスプレイを傷から守る「Corning Gorilla Glass」の世代は、950が「3」、950 XLが「4」となっている。

外部接続端子はUSB Type-Cに対応し、無線充電(Qi)や急速充電も可能。

バッテリー容量はLumia 950が3000mAh、Lumia 950 XLが3340mAh。

LTEはCategory6に対応し、理論値では下り最大300Mbpsの通信が可能。

2000万画素のメインカメラには、3つのLEDが光って最適な色で撮影できるフォトライトを装備している。

動画は高精細な4Kサイズの撮影に対応しているほか、光学式手ブレ補正によってブレを抑えた撮影が可能。

専用のカメラキーも搭載した。

Lumia 950/950 XLを「Microsoft Display Dock」に接続することで、外部ディスプレイにOfficeアプリなどを映し出して、

マウスやキーボードを使ってPCのように操作ができる。

外部ディスプレイにはフルHD(1080×1920ピクセル)の解像度、60fpsのフレームレートで出力される。

 

画面を見ると、赤外線カメラが顔を認証する「Windows Hello Beta」にも対応しており、パスワードを入力せずにロックを解除できる。

 

スペック

「Lumia 950」「Lumia 950 XL」の主な仕様
機種名 Lumia 950 Lumia 950 XL
メーカー Microsoft
OS Windows 10 Mobile
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 808/1.8GHz6コア Qualcomm Snapdragon 810/2GHz8コア
メインメモリ 3Gバイト
ストレージ 32Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大200Gバイト)
ディスプレイ 約5.2型クアッドHD 有機EL 約5.7型クアッドHD 有機EL
解像度 1440×2560ピクセル
連続通話時間 約1080分(3G)、約1380分(GSM) 約1140分(3G)、約1500分(GSM)
連続待受時間 約288時間
バッテリー容量 3000mAh 3340mAh
メインカメラ 有効約2000万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
サイズ 約73.2(幅)×145(高さ)×8.2(奥行き)ミリ 約78.4(幅)×151.9(高さ)×8.1(奥行き)ミリ
重量 約150グラム 約165グラム
ネットワーク LTE FDD:Band 1(2100MHz)、 Band 2(1900MHz)、 Band 3(1800MHz)、 Band 4(1700/2100MHz)、 Band 5(850MHz)、 Band 7(2600MHz)、Band 8(900MHz)、Band 12(700MHz)、Band 17(700MHz)、Band 20(800MHz)、Band 28(700 MHz)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪