格安Android 5.1.1搭載8型タブレット「TC8RA5.0」スペック・価格

TC8RA5.0
スポンサーリンク

ユニットコムのiiyamaブランドから、14,980円(税別)という低価格が魅力のAndroidタブレット「TC8RA5.0」が発売された。

Android OSのバージョンは、ここ最近のアプリをしっかりと利用できる5.1.1、開発コードLollipopを搭載しての登場。

これだけ安価だと、勢いで気軽に購入してしまえる半面、性能や使い勝手に不足がないかどうかが気になるところ。

今回はこの「TC8RA5.0」のスペックを確認しつつ、使い道について考えてみる。


iiyama PC TC8RA5.0 [Android 5.0] Android 5.0 Lollipop搭載 8型タブレットPC(8型IPS対応液晶(マルチタッチ対応)/Android 5.0 Lollipop/Atom Z3735G/8GB(eMMC)/1GB)

「TC8RA5.0」

解像度WXGAのIPS液晶による見やすい画面

「TC8RA5.0」は、8.0型のWXGA(1280×800ドット)液晶を搭載したAndroidタブレット。

本体寸法はW213×D129×H10mmと小型かつスリムで、かつ重量も約340gと比較的軽量。小さめのカバンにもスッと入れることができ、

どこにでも気軽に持ち歩ける。液晶パネルにIPS方式を搭載しているため、豊かな色彩と広い視野角を実現できるのもうれしいところ。

筐体は、光沢のある樹脂製でカラーはブラック。プライベートからビジネスまで、どのようなシーンでも使いやすい外観だが、

汚れは少し目立ちやすい。

14,800円(税別)という低価格で購入できるため、質感にはある程度の妥協が必要だろう。

microSDカードスロットを搭載

インタフェースは本体の上側、左側(裏から見て右側)に集中している。

上側にはヘッドフォン端子とデータ/給電用microUSB、左側には電源ボタン、音量調節ボタン、microSDカードリーダー(SDHC対応)、

内蔵マイクと、まさに必要最低限。内蔵ストレージの容量は8GBと決して多くはないため、microSDを利用してうまく補おう。

 

カメラは背面・前面それぞれに搭載されており、自分撮りにも対応している。

ただし画素数は背面の200万画素に対し、前面は控えめの30万画素となっているので、チャットなどでの使い方が主となりそう。

またステレオスピーカーを搭載しているため、動画や音楽、ゲームを迫力のある音響で楽しむことができる。

同梱品は5V/2A出力の充電用USBアダプタおよびUSB to microUSBケーブルの2点のみとシンプル。

Android 5.1.1・アプリを快適に動かせるハードウェア

「TC8RA5.0」のOSは、Androidの主力バージョンである5.1.1、通称Lollipop。

独自のソフトウェアなどはインストールされておらず、まさしくまっさらな状態のAndroidを利用できる。

なお初期バージョンは5月27日付のものだが、起動時にシステムアップデートが促され、すぐに7月20日付けに更新された。

8GBの内蔵ストレージのうち4.5GBほどが使用されており、空き容量は3.8GBほどとなる。

 

搭載されているCPUは、Intelのモバイル向けクアッドコアCPU「Atom Z3735G」。

動作クロックは1.83GHzとなり、Intel HD Graphicsを内蔵している。Bay Trailという開発コードでも知られるこのCPUは、

Windowsタブレットでも多数の実績がある。最新のモバイル向けSoCにはあと一歩及ばないものの、大多数のアプリを快適に動かすこと

ができるため、申し分ない性能。

 

RAM容量は1GBと、最近の製品としては若干少なめ。アプリをこまめに終了させるなどして、メモリを圧迫させないようにすれば快適に利

用できる。ネットワーク機能には、IEEE802.11 b/g/nに対応した無線LANと、Bluetooth4.0を内蔵している。

SIMカードは搭載できないため、ネットワークを利用するときはスマートフォンのテザリング機能や、Wi-Fiルーターを使用しよう。

コスパに優れたシンプルな万能サブ機

「TC8RA5.0」の最大の魅力は何か、と問われれば、それは間違いなく価格。

Android 5.1.1を搭載して14,980円(税別)という価格は、やはりインパクトが大きい。ここまで手ごろな価格でGoogle Playに対応し、好きな

アプリを自由にインストールできるなんて驚き。だが、廉価製品だからといって使い勝手に支障があっては意味がない。

しかし本機は、IPS液晶による美しい画面と、Intelの「Atom Z3735G」による処理能力を兼ね備えており、普通に快適に扱えてしまうのが

良いところ。持ち運びしやすいサイズと重量もメリット。

 

例えばプライベートならば、ネットワークに保存してある動画や写真、音楽をちょっと楽しんだり、Chromecastを操作するために利用したり

と、いろいろな活躍場所が考えられる。またビジネスシーンにおいては、インターネットやオフィス資料を閲覧する端末として十分な力を発

揮するため、客先に資料を見せるための端末として利用しても良さそう。

なお、10.1型モデルの「TC10RA5.0」も用意されており、ネットサーフィンや動画鑑賞はもちろん、メールや電子書籍などの閲覧も非常に

快適に行える。

 

もちろん細かい点を見ていけば最新のハイエンド端末に劣るところはあるが、多くの方にとってその性能はすでに十分使える域に達して

いる。

タブレット市場は普及期を過ぎ、すでに成熟期に入ろうとしている。この安価で十分な性能を備えた「TC8RA5.0」は、まさにそんな現状を

象徴した機種ではないか。

スペック

型番 TC8RA5.0
OS Android 5.1.1
ディスプレイ 8.0型ワイド IPS液晶 マルチタッチ対応パネル、1280×800ドット(WXGA)
CPU Intel Atom Z3735G
メモリ DDR3L 1GB
グラフィックス Intel HD Graphics
ストレージ 8GB(eMMC)
サイズ 約W213×D129×H10mm
重量 約340g(タブレット本体のみ)
価格 14,980円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪