メガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」「JINS MEME ES」「JINS MEME MT」価格・発売日

メガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」
スポンサーリンク

「JINS PC」などの機能性アイウェアのメーカーとして知られるジェイアイエヌが10月14日、メガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」

(ジンズミーム)の2モデルを11月5日に販売すると発表した。価格は、ウエリントンタイプの「JINS MEME ES(イーエス)」が3万9000円、

スポーツサングラスタイプの「JINS MEME MT(エムティー)」が1万9000円(いずれも税別)。全国のJINSショップのうち38店舗と、JINS

MEMEオンラインショップで販売する。

メガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」

「JINS MEME」

JINS MEMEは、同社が独自開発した3点式眼電位センサーと6軸センサー(加速度・ジャイロセンサー)を搭載したセンシングアイウェ

ア。センサーが取得した、まばたき、視線移動、体の動きといった情報をもとに、Bluetoothで連動したスマートフォンの専用アプリで心や

体の状態を確認することができる。

シーンや用途に応じた2種類のモデルがあり、JINS MEME ESがカジュアルやビジネス向け、JINS MEME MTが激しいスポーツ向けと

いう位置付け。デザインはプロダクトデザイナーの和田智氏が監修している。

「JINS MEME ES」

JINS MEME ESは、ウエリントンタイプのデザインで、機能面では3点式眼電位センサーと6軸センサーの両方を備える。JINS MEME

MTは、体の動きをトラッキングすることに特化したモデルで、ハーフリムタイプのスポーツサングラスフレームに6軸センサーのみを搭載。

眼電位センサーは搭載していない。

センサーが取得した情報は、オフィシャルアプリの「JINS MEME App」を通じて「アタマ年齢」や「カラダ年齢」として評価される。アタマ年

齢では、眼の動きから得られる情報をもとに、集中、活力、落ち着きの状態、カラダ年齢では、頭の動きから得られるデータをもとに、活動

量、姿勢、安定性の状態を分析。結果は、それぞれの状態を示すバーなどで表示される。

 

またオフィシャルアプリ以外にも、6軸センサーによりランニングフォームをリアルタイムに可視可する「JINS MEME RUN」アプリ、車を運

転中に眠気を推定して知らせてくれる「JINS MEME DRIVE」アプリなどの提供も行う。いずれも11月5日の11時よりApp Storeにて無料

でダウンロードが可能となる予定。

 

Android版のアプリも開発中で、2016年1月以降に提供予定。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪