Wi-Fiの速度が低下しても動画をストレス無く見る方法・iOS 9編

Wi-Fiアシスト機能
スポンサーリンク

Wi-Fi通信につないだiPhoneでYouTubeなどのストリーミングサービスを見ていると、動画が止まってしまうことがあります。

せっかくいい場面なのに、というときに助けてくれるのが、iOS 9の「Wi-Fiアシスト機能」です。

 

「Wi-Fiアシスト機能」

「Wi-Fiアシスト機能」はWi-Fi通信が不安定な場合に、自動で高速な4G/LTE接続に通信を切り替えてくれる機能。

「設定」→「モバイルデータ通信」のページの一番下からオン/オフを切り替えられます。

ただし注意点も。

この機能は、デフォルトでオンに設定されていますが、自宅のWi-Fi環境で動画を見ているときなど、何かの拍子に4G/LTE通信に切り替わってしまって通信制限容量に引っ掛かってしまったというケースもあるようです。

普段はオフにしておき、ここぞというときにだけオンにして動画視聴するのが賢明かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪