「光コラボ」シーン別おすすめ 価格・比較

光コラボ
スポンサーリンク

さまざまな企業がNTT東日本・西日本の「フレッツ光」回線を使って提供する「光コラボ」サービス。サービスの再販売(※)を含めて、その数は現在も増加傾向にあります。

 

※再販売:NTT東日本・西日本から「フレッツ光」回線の卸売りを受けた光コラボ事業者が、サービスを別の企業に提供して販売すること

今まで、フレッツ光からの転用(乗り換え)を前提にした話をしてきましたが、今回は、完全な新規契約も含めて、モデルケースごとにお勧めの光コラボサービスをご紹介します。

(文中の価格は、税別)

光回線初心者にお勧め「ビッグローブ光」

大手インターネットプロバイダー(ISP)であるビッグローブが提供する「ビッグローブ光」は、大手ISPの光コラボサービスとしては料金が安く、セキュリティ対策やサポートも充実しています。

さらに、新規加入者向けのキャンペーンも多く、初めて光回線を導入する人に優しいサービスとなっています。

月額料金は、戸建て住宅用プランが5180円、集合住宅用プランが4080円です。大手ISPの光コラボサービスなので、光回線・ISPサービスは当然セット提供です。それでいて、この料金は、非常に魅力的です。

ビッグローブは、老舗ISPでもあります。それを生かした手厚いサポート体制と、セキュリティサービスも魅力的です。

サポートは、Webフォームからの問い合わせは24時間365日体制で、電話での問い合わせも10時から19時まで365日受け付けています。

接続や設定で分からないことやトラブル時は、いつでも無料で相談できて安心です。

メールサービスは迷惑メールチェック機能付きで、最大5アカウント(アドレス)まで無料で追加できます。

人数にもよりますが、家族ひとりひとりに1アドレスを追加料金なしで用意できます。

ネット上の脅威から身を守るセキュリティ対策も、オプションサービス「セキュリティセット・プレミアム」として提供しています。

月額380円で、合計3台のPC・スマホ・タブレットを保護できます(Windows、Mac、Androidに対応)。ウィルス・マルウェア(悪意を持ったソフトウェア)の定義はもちろん、保護プログラム自体も常に最新バージョンが提供されるので、日々増える脅威に対しても安心です。

「3台じゃ足りない!」という場合は、1台あたり月額100円で追加できます。

初心者向けにはの有償出張サポートサービス「BIGLOBE訪問サポート」も用意されています。

サポートの内容によって1万~1万5000円と、価格は変わりますが、何かあった場合には間違いなく役に立ちます。

なお、ビッグローブ光を新規契約(※)する際に、先述のセキュリティセット・プレミアムを同時契約すると、無線LAN(Wi-Fi)ルーター設定とセキュリティセット・プレミアムの初期設定の訪問サポートを2000円(通常は合計で1万8000円)で受けられる特典もあります。

※「フレッツ光」からの転用前に他のISPを使っていた人も対象となります

この他にも、さまざまな特典があります。

新規契約者であれば、標準工事費が実質無料となる特典(※)があります。

また、既存のBIGLOBE回線サービス利用者を含め、全ての申込者に無線LANルーターか1万円のキャッシュバックのプレゼントもあります。

ビッグローブ光は、光回線初心者だけではなく、既に使っている人にもお得なサービスといえるでしょう。

※標準工事費相当額(戸建て住宅用:1万8000円、集合住宅用:1万5000円)を、開通翌月以降の月額料金から値引き額に達するまで自動的に値引き

 

クーポン・ネットショッピングを多用するなら「SoftBank 光」

ソフトバンクの「SoftBank光」は、ISPサービス付きの光コラボサービスです。月額料金は、戸建て住宅用プランが月額5200円、集合住宅用プランが月額3800円で、ほかのISPと比較しても遜色のない料金プランとなっています。

ソフトバンク・Y!mobile携帯電話とのセット割(※)を使うとさらにおトクに使えますが、単独契約も可能です。

 

ソフトバンク携帯電話には「スマート値引き」、Y!mobile携帯電話には「光おトク割」が適用されます

SoftBank 光はオプションサービスが非常に充実しています。

特に、生活支援サービスである「とく放題(B)」は月額500円の有料オプションですが、使い方次第では元を取ってあまりある特典を用意しています(※)。

 

※ソフトバンク携帯電話で提供している「とく放題(M)」や「とくするライフ」とほぼ同等のサービスです

例えば、食料品、日用品、観光施設・旅行商品を大幅割引して販売するセールがありますし、日替わりで無料引換券や商品券が当たる抽選もやっていますし、その他にもさまざまな割引・優待サービスを受けることができます。

さらに、ネットショッピング補償サービス(最大20万円【非課税】)も用意されています。

買い物の際に、クーポン券をよく使う人や、ネット通販を多用する人にとっては、ソフトバンクの携帯電話がなくても、SoftBank 光にすれば日々の生活をよりおトクにできるのです。

 

独身で2年半以内に引っ越さないauユーザーなら「So-net 光 コラボレーション」

光コラボ

大手ISPの光コラボサービスには、「auセット割」が用意されていることがあります。

これは、au携帯電話を持っている人が対象で、au携帯電話の契約プラン・パケット定額プランに応じて、光コラボサービスの月額料金が一定額割引となります。

 

「auセット割」の対象プラン・パケットオプションと割引額
対象プラン・パケット定額 割引額
データ定額5~13(カケホとデジラ)
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
LTEフラット for Tab(i/Lを含む)
LTEフラット for DATA(m)
LTEダブル定額 for Tab(iを含む)
1200円
データ定額2・3(カケホとデジラ)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp(1GB)
電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付
500円
上記プランは、VoLTEスマホ用およびVoLTEケータイ用を含む

auセット割をやっている光コラボサービスの中で、2年6カ月以上引っ越しの予定がない独身の人には、ソネットの「So-net 光 コラボレーション」(以下、So-net光コラボ)がお勧めです。So-net光コラボは、戸建て住宅用プランが月額5700円、集合住宅用プランが月額4600円と、他のISP系光コラボサービスと比べると正直割安感がありません。

そこに、So-net光コラボを30カ月(2年6カ月)間利用することを約束すると、「So-net 長割 for 光 コラボレーション」が適用され、月額料金が500円引きとなります。

さらにauセット割を適用すると月額料金がさらに500円または1200円引きとなります。

すると、戸建て用プランは月額4000円、集合住宅用プランなら月額2900円(ともに最大割引適用時)と、ISP料金込みの光コラボサービスとしてはおトクに使えるようになります。

ただし、複数のau回線を使い分けている場合、あるいは家族が全員auユーザーである場合は、光コラボではなく「auひかり」やCATVインターネットに乗り換えて「auスマートバリュー」を適用した方が安くなる場合もあります。

ただし、改めて工事をする手間がかかりますし、2年経過するとプランによっては割引額が下がることもあるので注意しましょう。

 

ベテランドコモユーザーのいる家族が使うなら「ドコモ光」

NTTドコモの「ドコモ光」は、特に人気を集めている光コラボサービスで、ドコモの携帯電話を持っている人が契約できます(※)。

※ドコモ携帯電話を解約しても、「ドコモ光」のみ継続契約することは可能

ドコモ光は、ISP分離型(単独タイプ)とISP一体型の両方をラインアップしています。

単独タイプは、「フレッツ光」で使っているISPを別途契約して使えます。

ISP一体型は、料金体系によって「タイプA」と「タイプB」の2種類があり、タイプAでは15社、タイプBでは8社のISPから好きなものを選択できます。

「ドコモ光」の月額料金
契約タイプ 戸建て住宅用プラン 集合住宅用プラン
単独タイプ
(ISP分離型)
2年契約あり 5000円 3800円
2年契約なし 6500円 4800円
タイプA
(ISP一体型)
2年契約あり 5200円 4000円
2年契約なし 6700円 5000円
タイプB
(ISP一体型)
2年契約あり 5400円 4200円
2年契約なし 6900円 5200円
単独タイプは、「フレッツ光」対応ISPとの接続契約が別途必要
タイプA対応ISP:ぷらら、BIGLOBE、DTI、Excite、エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、01光コアラ、ANDLINE、Qit、@ネスク、ハイホー、GMOとくとくBB、ic-net、ドコモネット
タイプB対応ISP:朝日ネット、So-net、@nifty、@T COM、東海ネットワーククラブ、OCN、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

ドコモ光の最大のメリットは、携帯電話の「パケットパック」に対して割引を適用できることです(※)。

本来は「データMパック」以上のプランが対象ですが、2016年5月31日までに契約すると、キャンペーンとして割引対象外の「らくらくパック」「データSパック」も契約から最大1年間割引となります。割引額は、以下の表の通りとなります。

※シェアパック子回線で「ドコモ光」を契約した場合は、シェアパック親回線のパケットパック料金に対して割引を適用

「ドコモ光」のパケットパック割引
パケットパック 割引前料金 割引額 割引後料金
らくらくパック(らくらくスマートフォン用) 2000円 500円 1500円
データSパック 3500円 3000円
データMパック 5000円 800円 4200円
データLパック 6700円 1000円 5700円
シェアパック10 9500円 1200円 8300円
シェアパック15 1万2500円 1800円 1万700円
シェアパック20 1万6000円 2500円 1万3500円
シェアパック30 2万2500円 3200円 1万9300円
らくらくパック、データSパックの割引は2016年5月31日までに契約した場合に、ドコモ光の工事完了月(日割り計算)と翌月から11カ月間適用

割引額は、上位のパケットパックほど大きくなります。

さらに、パケットパックの親回線がドコモ歴5年以上(パックによっては10年以上または15年以上)なら「ずっとドコモ割」の対象となり、割引額がさらに増えます。

ベテランドコモユーザーがいて、なおかつパケット通信量が多い家族にとっては、ドコモ光は非常に魅力的なのです。

 

短期間で、実に多くの企業が光コラボに参入してきました。まだ立ち上がったばかりといえるこの段階では、価格だけに目が行きがちですが、自身の利用シーンを想定し、総合的に判断することが重要です。

今後は異業種による多様なサービスの登場も予想されます。

慌てず、じっくり各社のサービスを吟味しても良いでしょう。どのようなサービスがあるのか、そしてどんなメリットがあるのか、分かりにくいときは光コラボサービス代理店に聞いてみると、不安も解消されてより自分にあった選択ができるはずです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪