復活のROLAND AX-Synth

スポンサーリンク

部屋のインテリア化していたショルダーシンセ、『AX-Synth(ROLAND)』。

久しぶりに掻き鳴らしたくなりました!音楽プレイヤーとしてのの衝動です!

色は黒。ベンドとビブラート・コントローラーを装備したショルキー!

僕自身、幼稚園の頃からピアノをやっていて、鍵盤系の楽器に思い入れが強いですね。

エレキギターのように重低音を鍵盤で掻き鳴らしたいと思う、少し変わった性格の283には最適の楽器なのです。

実際エレキギターも所有していますが、やっぱり鍵盤慣れしているせいか挫折(笑)

何が良いって、256種類のスペシャル・パッチ音源が搭載されていて、ビブラートやピッチ・ベンドなどをかけられるモジュレーション・バーとリボン・コントローラー(タッチ・コントローラー)、あとDビーム・コントローラーですね!AX-Synthのボディをギターに例えた場合のカッタウェイ部分にレイアウトされているので、過激な音色変化を演出することも可能なんです。

ショルキーと言えば昔283もお世話になった『kx-5』ですが、機能性は断然AX-Synthですね。

いやー、ライブやりたいなーと激しく思いますね。最近はドラムにも興味があって、知り合いから頂きました。yoshikiばりに頑張ります!

気になる人は、是非体感してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

283プロフィール 住所、茨城県。 年齢、30代。 血液型、B型。 愛車、フェアレディZ。 音楽、Amazonストア展開、ゲーム、恋愛マインドを中心に、皆さんに少しでも為になるブログを毎日更新していきます! よろしくお願いします♪